恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

胸キュン再び…彼が惚れ直した彼女からの気遣いLINE3つ

文・塚田牧夫 — 2020.5.5
付き合っていると、相手の存在のありがたみを忘れてしまいがち。価値が薄れたように感じて、別れてしまうケースも……。きちんと存在意義を示しておきたいところですよね。そこで、“コイツと付き合ってよかったと思ったLINE”というテーマで男性たちに話を聞いてみたのでご紹介しましょう。

「それは個性だから大事にして」

「俺は昔から人付き合いが苦手で……。人間関係で悩むことが多かったです。会社でも、上司に嫌われ、嫌がらせを受けて辞めてしまうことも何度かありました。

でも、彼女との結婚は真剣に考えてるから、次の仕事はしっかりやろうと思って転職したんです。ところが、またしても人間関係のトラブルに巻き込まれ、辞めることに……。

彼女に申し訳なくて、とりあえずLINEで報告。どうしようもない人間でゴメン……と告げると、“気にしないで”と。“それは個性だから大事にして”と来ました。胸にジン……ときました」アツシ(仮名)/28歳

辛いときに優しい言葉をかけられると、胸にしみます。それが、自分の欠点を受け入れ、プラスに捉えてくれるような言葉だと、さらにグッときますよね。

「セッティングしといたから」

「僕はすごく機械オンチ。最近までガラケーを使っていたほどです。家にパソコンはあるんだけど、ほぼ動画しか見ません。

しかし、そんなパソコンが壊れてしまった。で、買い替えたんだけど、ネットにまったく繋がらない。そこで、彼女に応援を要請しました。

彼女が休みの日に家に来てもらって、なんとか繋げてもらおうと思ったんです。僕はその日は仕事だったんだけど、昼休みにLINEが来ていました。

“セッティングしておいたから”。早い! 作業に入って一時間も経っていない。惚れ直しましたね」ヨウスケ(仮名)/32歳

女性のほうが機械オンチの人が多いですけどね。そうやって、お互いの欠点を補い合えるような関係は、理想的だと言えます。

「心配だから病院に行って」

「仕事が忙しくて、彼女にも会えない日が続いていました。そんなとき、ちょっと時間が空いたので、彼女と食事をすることができました。

そこで彼女が、僕の顔をじっと見て、“いつもとなんか違う”と言うんです。確かに疲れが溜まってて、顔色が悪かったかもしれない。だから僕は、“疲れてるだけだよ”と。

食事を終えて家に着いたときでした。彼女からLINEが。“心配だから明日病院に行って”と言うんです。“時間がないから”と返すと、“だったら私が連れていく”と言う。仕方ないので、翌日、半休を取って病院に行きました。

すると、なんと急性肝炎と診断されました。カラダがだるかったのは病気のせいだったんです。彼女には本当に感謝しました」アキト(仮名)/31歳

ちょっとした変化に気付けるのは、愛があるからこそ。そんな彼女を、大切にしないわけにはいきませんよね。

“男がコイツと付き合ってよかったと思ったLINE”をご紹介しました。

思いやりのある言葉は、必ず相手の胸に響きます。状況に応じた言葉があると思うので、相応しいものを選んでかけてあげてください。きっと彼は、惚れ直すはず。

© Roman Samborsky / shutterstock
© Antonio Guillem / shutterstock

※2018年11月26日作成