男子禁制女子トーク!

「3人のストーカー」ハダカのコクハク #Epi16-1

今ドキ女子のリアルな本音を掘り下げていく人気連載『ハダカのコクハク』。第16回目はストーカーを次々生み出してしまう清楚で小倉優子さん似のマリエさん。ダメンズ人生は改善できるのか。

ハダカのコクハク【Epi16】

アンアン本誌でも活躍するロマンスライター・ピンク先生が、今ドキ女子のリアルな本音を掘り下げていく人気連載『ハダカのコクハク』。第16回目は付き合った彼の要求をなんとなく断れずに応じてしまった末にストーカーに悩まされたマリエさんのお話。ストーカー製造機の実力やいかに…

「3人のストーカー」

■ハダカになる人
マリエさん(仮名)

■データ
・年齢 27歳
・職業 会社員
・パートナーの有無 無
・初体験 18歳
・経験人数 20人
・H回数 月1
・好きな体位  正常位
・苦手な体位  立ちバック

小倉優子さん似のマリエさん。清楚でほんわかした雰囲気だけど、ジムで腹筋を鍛えることにハマっているという、ギャップ系アクティブガール。「私、ひどい恋愛経験が多いので……この際ネタにしちゃおうと思って」と告白しに来てくれました。ここで洗いざらい話すことで、ダメンズ人生から脱却できることを祈っています!

【Epi16-1】
彼からの要求を断れない

私、これまでに3回ストーカーにあっているんです。ひとり目は、2年つき合ったモデルの元カレ。ファッションショーイベントにモデルとして出ていた彼。「かっこいいな♥」と軽くトキめきつつ見ていたら、共通の友人に紹介されふたりで会うように。そのうち、毎日職場まで迎えに来るようになりました。

でも、彼とはつき合いたいとは思えなかったので、「私に好意を持ってくれていると思うけど……おつき合いはできないので、ふたりで会うのはやめませんか?」と正直に伝えました。すると「ダメだと思ったらすぐ別れていいから」とゴネられ、私が「つき合う」と言うまで、帰らせてもらえない状況に……。しかたなく、私が「わかった、つき合う!」と言って帰宅できたのは、夜中の2時でした。

強引につき合うことになったので、その後も「好き」という気持ちが湧かず、エッチはずっと断っていました。でも交際3か月目に温泉旅行へ行くことになり、ついにしなきゃマズい状況に……でも、隣で寝ても、やっぱりする気になれなくて「眠い……」と背中を向けて寝ちゃいました。
こんな私、ひどいですよね……。

「温泉まで来たのに、したい気持ちになれなくてごめんね。申し訳なさでいっぱいだから、やりたいなら今からホテルへ行っていいよ」

 結局、帰りの車中でいたたまれなくなって……自らエッチすることを選びました。申し訳なさで悩むくらいなら、「やっとけ」って感じで。最初からやっつけエッチだったから、その後も、彼とのエッチは気持ちよくもないし、気分もノらない。だけど毎日求められ、しぶしぶしていました。拒むと、めっちゃキレられるから……。

 それでも2年もつき合ったのは、別れたい理由が「エッチをしたくない」しか見つからなかったから。そんな理由では、別れられるはずがない、そう思っていました。

あらゆる手段で……

ある日、ケンカをきっかけに、どうにか別れることはできたのですが、そこから3か月間くらいストーカー行為が続きました。

内容は、1分おきに電話、LINE、メール、SNS……あらゆる手段で連絡をしてくるんです。もちろん実家にも押しかけられました。コワくて全部無視していたら、どんどんエスカレートし、最終的に「死んでやる」というメールが来て、「手首を切った」と、キズ口の画像まで送られてきました……。それでも無視していたら、やっとストーカー行為は収まりました……。

彼、モデルだけあってカッコよかったですよ。ファンもたくさんいたし。普段女性からチヤホヤされているのに、私が全然つれなかったから意地になってストーカー化しちゃったのかもしれませんね。初めは私のほうが好意を持っていたから「最初は僕のことを好きそうだったのに、つき合ったら全然じゃん」とか「こんなにしてやっているのに、なんで好きにならないの?」とか何度も言われました。

もちろん彼は、今も生きていますよ。別れて何年も経っているのに、たまに「元気?」とメッセージが来ますから。二度と関わりたくないから、無視していますが。この後も、2回もストーカーにあっています。私の何がいけないのでしょうか?


 

エッチを断る=悪??


マリエさんのコクハクを終えて。Pink eye’s

エッチの断り方

「旅行まで行って、しないのは申し訳ない」とマリエさんは言っていますが、したくないならしなくてOK。だけど「エッチを断る」という行為がどうしてもできないという女性は多いもの。

「エッチの断り方を教えて!」は、とっても多い相談です。「生理」だとウソをつく、「次はサービスするから今日はゴメン」と次に期待させる、「寝たふりをする」などいろいろな解決法がありますが、断り方を知ったところで、根本的な解決になりません。断る方法ではなく、断ることへの罪悪感を手放してはいかが? 断れない人は、自分が誰かになにかを断られることも嫌います。つまり「断る=いけないこと(悪)」と思っているのです。

でも、本当に断ることは「悪」なのでしょうか? そこで、「断る=悪」ではないことを確認するため、いろんな人に、「何かを断られたときの心境」をひたすら聞いてみて。「めっちゃイヤ」という意見から「しかたない」「全然問題ない」という意見までいろいろと聞けるはずです。

 いろんな人にインタビューして、断るという行為は悪ではないと腑に落ちたらゴールは目前。次に、小さなことから、「断る」練習をしてみて。断れる回数が増すたびに、断ることへの罪悪感がなくなり、いずれ「断ってもOKな自分」が手に入れられるはず。

 

【あわせて読みたい超絶人気記事♪】


【ちょッ…惚れたわ!】男が思わず「ドキッとする」女友達からのLINE
【オォッ!LINEで女子から…】男子が「即保存した」画像3選
鶯谷ラブホ♡ 人気の秘密は超盛り上がれるアレ!【1か月ラブホ生活 in東京】#12

(C) webphotographeer/Gettyimages