好きなこと、話そ!

角 侑子

ライバルは年下女子! アラサーならではのアノ魅力で恋の勝利をGET♡|リアルな夫婦生活 ♯24

2017.4.9
年齢を重ねるたびに、大人になっていく。 それを実感するのは、仕事で役職がついたり、年下の友人が増えた時ではないでしょうか。そして、恋においても…これまでは同世代 or 年上のライバルが多かったのに対し、気づけば若々しい年下の女の子が恋のライバルになることも充分あり得るのです。 さて、ご自身よりも若くてかわいい年下の女の子が恋のライバルとなったとき、アナタはどんな対応をして恋を勝ち取ろうとしますか? 今回は、年下のライバルに負けない! アラサーならでは恋愛戦法をご紹介します。

年齢を重ねるたびに、大人になっていく。 それを実感するのは、仕事で役職がついたり、年下の友人が増えた時ではないでしょうか。そして、恋においても…これまでは同世代 or 年上のライバルが多かったのに対し、気づけば若々しい年下の女の子が恋のライバルになることも充分あり得るのです。 さて、ご自身よりも若くてかわいい年下の女の子が恋のライバルとなったとき、アナタはどんな対応をして恋を勝ち取ろうとしますか? 今回は、年下のライバルに負けない! アラサーならでは恋愛戦法をご紹介します。

アラサーの魅力は、“でしゃばらない” こと

【リアルな夫婦生活】vol. 24

アラサーならではの魅力と聞いて想像するのは、やはり “色気” でしょうか。そう思って色っぽい服装に身を包んだり、メイクを研究したり、アラサーならではの外見美を追求することは素晴らしい努力です。

しかし、そういった外見美よりももっと必要なのが、“女性たる奥ゆかしさ” です。好きな人の前ではつい自分をアピールしたくて、たくさん喋ってしまいますが、それがかわいいと許されるのは年下の女性まで。30歳を過ぎれば “聞いて聞いて!アピール” よりも逆に、“アナタの話をたくさん聞きたいアピール” の方がずっと魅力的!

自分を出しすぎず、相手の男性が気持ち良くつい喋り過ぎてしまう……くらいの控えめな居心地の良さこそが大人の女性にしか出せない魅力なのです。

一歩先の行動を見抜く、心遣いをマスター!

男性がホステスに思わず本気になってしまうことがあるのはなぜでしょうか? ホステスは仕事として男性客の話を聞いていて、そこに恋愛はないと、男性自身はわかりきっているのに恋をしてしまうのは、多くの女性ができているようでできていない心遣いをホステス自身がマスターしているからです。

この心遣いとはどういうことか。例えば、男性がくしゃみをしたら、さっとポケットからティッシュを渡す。デート中に疲れている様子が見て取れれば、自分からデートを早めに切り上げるなど、相手を想っての行動を、相手に言われずともできてしまうこと。これこそが、大人の女ならではの魅力だと思いませんか?

ホステスのまねごとをする……ということではなく、相手の男性が女性にどんなことをされたら嬉しいのかを考える。こうした先を見抜く観察眼を磨くことが彼にとっての唯一無二の女性になる大きな鍵とも言えるかもしれません。

大人の女が見せる “余裕” に男は色気を感じる

俗に言う大人の女性が色っぽいという男性の意見。これは単純にセクシーな露出をしているということではありません。恋に対して一生懸命になり過ぎず、適度な距離感や男性の求めているタイミングにそっと手を差し伸べられる “大人の余裕” にこそ、男性は若い女性にはない色気を感じるのです。

年下特有の甘え上手な所やかわいさ、初々しさで勝負しては年齢に見合わないあざとさが露呈されます。それよりも、年齢を重ねてきた女性だからこそウリにできる武器で勝負する方が、ずっとアナタらしい恋の戦い方なのではないでしょうか。

(C)pixelfit/Gettyimages
(C)wundervisuals/Gettyimages
(C)Alija/Gettyimages

この記事を書いた人

角 侑子
記事数:134 Posts

高校卒業後、某夢の国でテーマパークお姉さんを経験後にアパレル業界へ転身。ちょっとエッジが聞いたモードスタイリングを得意とするスタイリストに。現在はパーソナルスタイリスト兼WEBライターとしてファッションについての情報を配信しています。