あの『星野リゾート 界 日光』へ♡ 運気up&温泉…至福のステイ体験レポ!|めざせ星野リゾート制覇 vol.8

写真、文・中村朝紗子 — 2017.6.9 — Page 2/3

二荒山神社でパワーチャージ!

自転車で約5分、二荒山神社にやってきました。

IMG_1175

ここ二荒山神社は、霊峰・男体山の中腹に位置し、二荒山大神と呼ばれる3つの神を祀っています。

IMG_1180

そのご利益は商売繁盛、勝負運上昇、恋愛成就、子授け、安産、家庭円満などなど、実に幅広いんです(どんな悩みにも対応してくれそう…!)。

IMG_1182

二拝二拍手一拝でご参拝。男体山のパワーを感じながら、お願いごとを唱えましょう。

参拝が済んだら、境内の「幸運の杜」へ。ここは「悩みカラ松」と呼ばれるご神木が祀られているパワースポット。

IMG_1204

木の幹や枝には、名言が書かれた札がいくつも吊り下げられています(誰が書いたのかは不明)。悩みを一掃するハッとする言葉に出会えるかも!?

と、ここで2人が不思議な光景に気づきました。

IMG_1192

柵が張られたスペースの中央に、大量の瓦が!

IMG_1194

実はココは「カワラケ割」が楽しめる、厄落としスポットなのです。

IMG_1196

200円で買ったカワラケに、マジックで「厄」の文字や嫌なこと、振り払いたい悩みを書きます。

IMG_1198

そして中央の岩をめがけて、思いっきり投げる! 

IMG_1199

結果は大成功! 2人のカワラは見事粉砕しました!

古角 厳かな雰囲気が漂ういっぽう、カワラケ割など楽しめるスポットも。新感覚の神社でした!
布川 占いや願掛けの種類が豊富で楽しめました。ここに来ただけでパワーをもらえた気がします!

ウニと和牛の東照湯波会席で、至福の夜ごはん

夕方は宿に戻り、ロビーで開催している「宵待ライブラリー」に参加。湖に沈む夕日をイメージしたロゼスパークリングで乾杯。日が沈み、辺りがゆっくりと夜に変わっていく移ろいを感じながらリラックス。

IMG_1213

そして、お待ちかねの夕食へ。「ウニと和牛の東照湯波会席」がスタートです。

ウニと湯波の先付にはじまり、鮮やかな器の八寸など、目にも楽しい料理が並びます。

メインは和牛と湯波を豆乳にくぐらせていただく「ミルフィーユしゃぶしゃぶ」。これが絶品!

【界日光】特別会席「ウニと和牛の東照湯波会席」

広大で平坦な土地、豊かな美しい水、穏やかな気候に恵まれた栃木県。豊富な農作物はもちろん、清流で育てられたマスなどの川魚など、ご当地のおいしさを存分に楽しめるコースとなっていました。

古角 美しさもおいしさも100点満点! ミルフィーユしゃぶしゃぶはおいしすぎて、お肉のとりあいになるほど(笑)。
布川 とにかく豪華! ひと口ごとに幸せを感じながら、ゆっくり時間をかけていただきました。

ここでしか見られない、日光下駄のタップダンス!

夕食後は、お食事処のそばにある能舞台で「日光下駄談義」を鑑賞。観る人も、400年の歴史を持つ日光下駄に履き替えて鑑賞します。

CIMG1467

江戸時代では社寺の境内に入るときに「草履」を使用するのが原則でした。しかしこの地は石や雪、坂道が多く、草履では歩きづらい。そこで草履の下に桐の下駄を合わせた「御免下駄」が考案されました。それが「日光下駄」のルーツだとか。

CIMG1404

「日光下駄談義」はこうした日光下駄の紹介にはじまり、後半は日光下駄のタップダンスへ。その迫力とリズミカルな響きに、会場は徐々にヒートアップ!

【界日光】日光下駄談義

履いている日光下駄で一緒にリズムを刻むセッションのコーナーも。これは、楽しい!

CIMG1420

最後に2人も舞台に上がらせていただき、記念撮影してもらいました!

古角 「ドンパンドン!」のリズムがクセになります。下駄の歴史を楽しく学べました。
布川 立派なパフォーマンスショー。みんなでリズムに合わせて動いた時の、会場の一体感がすごかった!

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。