恋愛世代のリアルを発信。

予定を聞いてきたくせに!…実はムカッとする「友人からのLINE」

文・オリ子 — 2019.10.6
友達との何気ないLINEのやりとり。自分は普通に送ったつもりでも、実は相手から嫌われる可能性も!? 今回はanan総研メンバーに、不快に感じる友達とのLINEやり取りについて聞いてみました!

実はムカッとする「友人からのLINE」

20~30代女性はどんなLINEにイラついてしまうのでしょうか。さっそくみていきましょう!

子どもの写真を送ってくる

「子どもが生まれたことを写真付きで報告してくること。はいはい、かわいいと言ってほしいんでしょって感じがする」(29歳・会社員)

「子どもの写真を送ってこられると『かわいい〜』って言わなきゃいけないプレッシャーがある」(30代前半・会社員)

何気なく送ってしまいがちな我が子の写真。でも、友達からするとそんなにかわいいと思われていなかったり、「幸せ自慢?」と思われたりするケースも。頻繁に友達に送るのは控えたほうが無難なのかもしれません。

予定を決める時に限って返信が遅い

「『遊ぼう! スケジュールは?』と聞いてきたので、空いている日を伝えたら、自分はぎりぎりまでわからないと言って、前日に『OK!』と返信してきた。そういう人には『もう空いてない』と言って会わない」(30代・専門職)

予定を立てるのに、仕事などのスケジュールの確認もあり、時間がかかってしまうという人はけっこう多いのでは? でも、会話のタイミングが悪いと、相手をイライラさせたり、「もう会いたくない人認定」されちゃうことも!? どうしてもすぐに予定がわからない場合は、その理由を相手に伝えておくと、すれ違いがなくなるのかもしれません。

LINEは途切れるのにほかのSNSは活発

「LINEのやり取りが急に途切れたのに、相手のInstagramは活発に更新されている時」(20代・学生)

SNSは便利だけれど、自分の行動が周りの人にばれやすいことをお忘れなく! 自分とのLINEは途切れたのに、インスタなどの発信は継続的にされていると、「あれ、私って適当に扱われている?」と不快に感じる人も多いようです。複数のSNSを使う際は、周りから嫌われないためにも、相手に配慮した投稿を心がけたほうがよいかもしれません。

SNS時代は、今まで以上に相手への配慮が必要?

今回のアンケートでは、何気ない写真やメッセージが嫌われる原因になるという結果に。LINEは、表情やニュアンスが伝わりにくかったり、返信のペースなどもそれぞれに委ねられるぶん、ある程度意識しないと知らないうちに相手から嫌われる原因になってしまうケースもあるようです。face to faceでの会話時以上の相手への思いやりが必要なのかもしれません。

善玉菌でヘルシー腸活!イマドキは菌を選ぶのが常識?!


©JGI/Tom Grill/Gettyimages
©Lilly Roadstones/Gettyimages