恋愛世代のリアルを発信。

正直、面倒くさい…妻が困惑した「義母のかまってちゃんLINE」

文・オリ子 — 2019.9.29
「義母からの連絡には気を使う」などの声を聞くことがありますが、気軽にメッセージを送れるLINEではいったいどうなのでしょうか。義母とのLINE事情について、アラサー女子のリアルな声を聞いてみました。

みんなどうしてる? 義母とのLINEやり取り

Q. 義母からのLINEは、正直面倒くさいですか?

はい 22%
いいえ 78%

義母LINEを面倒と感じているのは、全体の2割ほど。その具体的な内容は? アラサー既婚女子が感じる、面倒な義母LINEをご紹介します!

衝撃!? 義母とのLINEが面倒な理由を教えて!

自分の価値観を押しつけてくる

「義母は、夫と1週間に1~3回くらいの頻度で連絡を取っています。頻繁にやり取りを好むタイプで、私からの連絡が『全然ない』と、夫を通して言われました。私はそこまで連絡を取るタイプではないので、正直かなりストレス。台風が来た時も、夜まで仕事で忙しく、連絡が遅くなったら、『妻ならもっと周りを見てほしい。他の人はみんなお昼にLINEや電話をくれたのに。あの子(私)は連絡をくれなかった』と文句を言っていたことを夫から聞き正直あきれた。社会人なら無理だから……」(33歳・専門職)

夫から、義母が自分の悪口を言っているのを聞かされるなんて、さぞ苦痛なことでしょう。義母も、自分の価値観を押しつけず、ワーママの大変さを理解してほしいところですね。

早く返さないとプレッシャーがある!

「どうでも良い内容でも、最優先で返信する」(31歳・アルバイト)
「早く返事をしなければならないのではないかと焦る。終わらせたいけどそのそぶりを見せてはならないので悩んでしまう」(27歳・会社員)

「(仲は良いものの)返事に気を遣う」(27歳・会社員)

多かった回答のひとつが、急いで返さないといけない暗黙のプレッシャーを感じるという意見。まるで、大事な取引先へのメールと同じように感じている方も多いようです。待たせてはいけないと思うのは当然のことなのかもしれません。

返事の内容を考えるのが大変!

「ちゃんと返さないと後々めんどくさいから!」(28歳・会社員)

「一語一句気を遣う。締めの言葉が難しい 」(33歳・会社員)

最も多かったのが、返事の内容に悩んでしまうという声。確かに、適当にスタンプ一個で返すわけにもいかないし、言葉使いだけでなく、言葉選び、絵文字使いなどに気を遣いますよね。

義母と妻はそもそも合わない生き物! と割り切って対応できれば、少しは気が楽になるかも?

今回のアンケートでは、ご紹介した内容以外でも、「孫の写真を要求されるから面倒」、「女友達みたいに連絡くれるけど、面倒」など義母LINEへのさまざまな困惑の声があがっていました。アラサー女子は、仕事、家事、育児に忙しくて、できればこれ以上余計なストレスは溜めたくない! というのが本音ではないでしょうか。

義母LINEは面倒な時もありますが、「返さなきゃ!」と気負ってしまうと義母が嫌いになるくらいストレスがたまっちゃうかも。余計なストレスを溜めないためにも、「義母とはそもそも生きてきた時代も考え方も違うから、自分のペースと自分の言葉で返そう」と割り切って対応できれば、少しは負担を感じずに済むかもしれませんね。

ポケモンGOがランニングをサポート!お得なモードはこれだ!


©JGI/Jamie Grill/Gettyimages
©Hero Images/Gettyimages