恋愛世代のリアルを発信。

毛穴とアソコは念入りに…今どきアラサーの「重点ケア」と「手抜きケア」

文・西田彩花 — 2018.3.3
キレイになりたい! 美への探究心って、女性にとって永遠のテーマなのではないかと思います。そこで、美容に敏感なanan総研メンバーに「力を入れているスキンケア」と「手抜きケア」について聞いてみました。キレイな人が実践しているからこそ、説得力がありますよね。ぜひご参考に!

【アンアン総研リサーチ】

メリハリが大事……!? 力を入れたケアと
手抜きケアをする人が大半!

特に力を入れているスキンケアがあると答えた人は75%、手抜きケアもしているという人は69%という結果に。仕事にプライベートに忙しい女性だからこそ、スキンケアにもメリハリが大切なようです。

スキンケアで力を入れる部分がある理由はこちら。

「化粧のためにもスキンケアが一番大事」(23歳・学生)
「肌荒れしたくないから」(30歳・会社員)
「同じ時間が流れてみんな老いていくのだから、少しでも自分でできることはやり、キレイに老いていきたいから」(32歳・会社員)

メイクや将来もきちんと考えているからこそですね。いっぽう、手抜きケアする理由はこちらです。

「夜遅く帰って時間がないとき」(23歳・その他)
「節約になるので」(29歳・会社員)
「ケアも大事だが睡眠もすごく大事なので」(30歳・自由業)

時間やお金を上手に使っているようです。また、忙しいときにスキンケアに時間をかけて睡眠を削ってしまうと本末転倒だという意見も。全体のライフバランスを取ることが大切ですね。

やっぱりこの部分が気になる! 力を入れる部分ランキング

スキンケアで時間をかける箇所ランキングは、納得の結果に。年齢とともに気になってくる方も多いのでは?

第1位 目もと(31%)
第2位 毛穴(26%)
第3位 ほうれい線(14%)

「目もとは皮膚が薄く色素沈着もしやすいから」(23歳・その他)
「目もとに白ニキビができて、クリニックで取ってもらったらけっこうな高額に。それ以来は、そういった不純物を生み出さないよう、使うものに気をつかうように」(27歳・自営業)
「昔からのいちご鼻がコンプレックスなので」(29歳・会社員)
「小鼻の毛穴が目立つようになってきたのと、体調を崩したら小鼻にニキビが出来たので入念にケアするようになりました」(28歳・主婦)

目もとと毛穴悩みの意見が目立ちました。失敗した経験を活かしている人もいます。キレイに年齢を重ねるためにも、ここのケアは必須! ちなみに、お金をかけるアイテムは化粧水とクレンジングが23%で同率1位に。

「乾燥が気になるなら、何よりもきちんと落とすことと言われたから」(31歳・会社員)
「年々肌の乾燥を感じて化粧のりが悪くなったり、ほうれい線やシワなどを感じたりするので、肌にうるおいを与え今後の肌に備えるため」(30歳・自由業)
「肌の乾燥が一番老化に直結するから」(35歳・会社員)

肌に年齢を感じている方や将来をきちんと考えている方が多数。落とすことと潤すことは、スキンケアの基本ですよね。基本をおろそかにせず、しっかりお金をかける方が多いようです。

キレイな人が実践している
「力を入れているスキンケア」の方法

では、実際にどのようなケアをしているかを見ていきましょう。スキンケア方法を見直したい方、最近肌の調子が良くない方、参考にしてみてください。

「お風呂に化粧水を常備していて、必ずお風呂から出る前に(蒸気がいっぱいの中で)化粧水をたっぷりつけます」(24歳・会社員)
「小鼻と小鼻の横を、スティックソープで毛穴の汚れを取ってからニキビ用の洗顔で洗っています」(28歳・主婦)
「洗顔ブラシで毛穴に気をつかっている」(29歳・会社員)
「目もと用クレンジングで落としてからクレンジングをしています。保湿では、目もと用の美容クリームを塗るようにしています」(23歳・その他)
「ピーリングを定期的にしたり、美顔器で毛穴の汚れを取ったりしています」(32歳・自由業)
「シートマスクは朝晩必ずします。メイクのりが全然違うのでどんなに疲れているときも面倒くさがらずやります。また、帰ってきたらメイクはすぐ落としてスキンケアまでしっかりすること」(30歳・公務員)
「コットンパックの後に、アイクリームをしっかりと塗っている」(27歳・会社員)

毎日のスキンケアでも、さまざまな努力をしていますね! やはり、キレイな人は工夫をしているようです。あなたも今日からマネしてみてはいかが? ちなみに、毎日は行わないスペシャルケアについても聞いてみました。特別な日のみというわけではなく、習慣化している方が多いです。

「月1でフェイシャルエステに通っている」(31歳・自営業)
「月1回美容鍼に行っています」(23歳・その他)
「週2、3回カッサをする」(29歳・会社員)
「美顔器を休みの日に使う」(33歳・自由業)
「小顔矯正は月2回ほど行きます」(32歳・経営者)

美の習慣がしっかりとできあがっていますね。時間やお金をかけてスペシャルケアをしています。肌悩みが増えてきたという方は、毎日のケアだけでなく、スペシャルケアを取り入れてみましょう。

キレイな人が実践している「手抜きケア」の方法はこれ!

しっかりケアの方法を参考にしたら、手抜きケアの方法も見てみましょう。限られている時間の中、どのようにメリハリをつけるのでしょうか? 忙しいあなたにとっても、参考になるはず。

「ダブル洗顔不要のクレンジングの後にオールインワンのケアで済ませています」(33歳・主婦)
「フィルムタイプのマスカラならアイメイクも一緒に落とす」(31歳・会社員)
「海外に行くときは、荷物の問題もあり、オールインワンジェルを使っている」(27歳・自営業)
「疲れているときはシートクレンジング」(36歳・会社員)
「朝のスキンケアはオールインワンのクリームで手軽に済ませたりすることもあります」(32歳・自由業)

時間がないときや疲れているときなどは、工夫して時短スキンケアにしていますね! コスメ選びからきちんと考えておくと、肌への負担も少なそうです。

気になる部分はしっかりと時間やお金をかけて、ときにはスペシャルケアもして……だけど、疲れているときなんかは力を抜く。こういったメリハリのあるケアは、ストレスも少なくなりそうですね。キレイな人が実際に行っている「力を入れているスキンケア」と「手抜きケア」、あなたも上手に取り入れてみては?


#アラサー女性の本音 記事、
#美容 記事をもっと読む。

#恋愛 記事、
#占い 記事、
#セックス 記事も読む。

男子幻滅…! 乳酸菌コスメで「乾燥かぴかぴ肌」を「もちぷる肌」に

(C)GlobalStock/Gettyimages
(C)repinanatoly/Gettyimages
(C)utkamandarinka/Gettyimages
(C)Tinatin1/Gettyimages