恋愛世代のリアルを発信。

36歳男はおじさん…アラフォー女子が傷つく「若手社員のひと言」

文・三谷真美 — 2018.4.18
毎年若い子たちが入社してくるなか、立場もでき部下や後輩から頼りにされるアラフォー世代。そんな彼女たちが地味に傷ついた、若手社員の悪気のない一言を集めてみました。笑ってるけど、内心ボロボロかも……。

【みんなの恋テク】

アラフォー女子が傷つくひと言とは?

「合コンに36歳のおじさんがきた」

「23歳の女の子が合コンに行った話をしていたんです。『この前の合コンで、ひとりおじさんが紛れててつまらなかった』と。おじさんの嫌だったところなどを私に話してくれていて……ふとそのおじさんの年齢を聞いたら、36歳だと! 私より年下の男性をおじさん呼ばわりしてたんです。『私の年齢知ってて言ってる?』って突っ込んだらあたふたしてました(笑)。23歳からしたら36歳がおじさんなんだ、と思って驚きましたよ」(39歳・会社員)

怒る気持ちにはならないけど、現実を突きつけられたようでショックだったそうです。若い世代からすると36歳でも立派なおじさん認定されてしまうんですね。

親が年とってきた

「若い社員の子たちが、実家に帰った話をしていたんです。『久しぶりに親に会ったら、すごい歳とってた』とか『できるうちに親孝行しなきゃ』とか……恐る恐る聞いてみると、親の年齢はまだ50歳前後。私の年齢で20代の子どもがいる友だちはいないけど、こんな大きな子どもがいる人生もあったのか? なんて考えてしまいました」(38歳・会社員)

久しぶりに親に会うと歳を感じたりしますよね。当たり前のことですが、その親との年齢が近いとなるとなんだか考え深いような気持ちになるのかもしれません。親を大切に思うのはとてもいいことですが、言う相手の年齢も気にしてください(笑)。

衝撃的なことは日常茶飯事

他にも「ナンパしてきた男の子よりも彼の親とのほうが年齢が近かった」「新入社員のイケメンを見ても『息子にしたい』など親目線になってしまう」など、昔ではありえなかったことが日常的におきているそうです。そんなときは、同年代と一緒にお酒でも飲んで笑い飛ばしちゃいましょう。

#恋愛 記事、
#男の本音 記事を、もっとみる。

#占い 記事、
#エッチな 記事も読んでみる。

健康で美しいカラダにはアレが必要_PR
絶対やめるべき! 結婚を遠ざける「夜のNG生活習慣」5つ


©yourstockbank/Gettyimages
©webphotographeer/Gettyimages