男子禁制女子トーク!

やっぱり痛い!? 「セカンド処女」卒業のタイミングと実態3選

文・塚田牧夫 —
一般的に、2年以上エッチしていない女性のことを“セカンド処女”と言うそうです。感覚を忘れてしまって、どういう流れで、どうやってしていたか……という記憶が曖昧になっている方も多いよう。では、“セカンド処女の卒業のタイミング”とは? 経験した女性たちその実態について聞いてみました。

予想外の痛み

「元彼と別れて3年。その間に、男性と食事などには行ったものの、カラダの関係には至らず。セカンド処女と呼ばれる状態になっていました。自分では意識していなかったんだけど、友だちに“ヤバいよ”と言われて気にするように。

感覚を忘れないうちにしておいたほうがいいかなと、ちょっといいな……って思っていた男性とホテルへ行きました。そこでようやく、セカンド処女喪失という場面。でも、なんか違和感が……。

痛い……。思わず“痛たたたっ!”と叫んでしまいました。激痛に耐えてなんとか達成することができたけど、こんなに痛かったっけ?って感じでした」ユナ(仮名)/32歳

しばらくしていないと、周辺部分が硬くなったり、濡れにくくなったりすることもあるようです。慣れてくると、またもとに戻って痛みも感じなくなるようですね。

下着まで気が回らず…

「元彼を引きずっていた期間が長く、男性との接点があまりないまま数年が経っていました。あるとき、男性に食事に誘われたので、気分転換に出かけてみたんです。

食事中、その人が熱心に話してるんですね。しかも、結構グイグイくる。“この人、本気だ”とそこで気付いて、ようやく私も意識し始めました。すると、よく見るとイケメンだなって思ったんです。家に誘われたけど、嫌じゃなかったですね。

で、エッチな流れになっていくんだけど……。服を脱がされるとき、下着にまったく気を使っていないことを思い出した。ヨレヨレパンツ……。バレないよう、自分でササッと脱いで隠しました」ナアコ(仮名)/29歳

男性に対する意識が薄れて、勝負下着の存在すら忘れてしまっていたのでしょう。危険な目に遭う可能性もなくはないので、アンテナは張っておきたいですね。

プチビッチに変身

shutterstock_514795453-1

「友だちに誘われてクラブに行ったときです。知り合いのDJがいて、その友だちに声を掛けられて一緒に飲んでいました。そして、二人きりになったとき、キスされたんです。

実は、キス自体、2年以上ぶり。ものすごくドキッとしてしまいました。そこからお酒も回り始めて、ポワ~ンとした気持ちいい状態に。気付いたら、その彼の家にいました。そこでまたキス。

そしてエッチをしたんだけど、めちゃくちゃ気持ち良かった。久しぶりで不安なところもあったけど、またしたい……って。なんか、いろんな人としてみたいって思っちゃって、それからプチビッチ化。週末はクラブ通いをしていましたね」アスカ(仮名)/33歳

こちらは、思いのほか気持ち良かったパターンですね。久しぶりのエッチで、性欲が解放されてしまったようです。年齢が高くなってからの遊び過ぎには注意したいですね。

“セカンド処女卒業のタイミングと実態”をご紹介しました。タイミングは、思いがけないときに訪れることが多いみたいですね。いつそのときが来てもいいように、女性なら最低限の準備はしておきましょう。

(C) Dmytro Zinkevych / shutterstock
(C) Roman Samborskyi / shutterstock
(C) VGstockstudio / shutterstock