男子禁制女子トーク!

朝からパクッ!…倦怠期に試したいセックステクニック

文・塚田牧夫 —
付き合いが長くなると、訪れるのが“倦怠期”です。放っておくと、どんどん二人の距離が離れてしまい、破局に向かっていくことに。打開方法のひとつは、やっぱりエッチ! 二人で気持ち良くなって良好な関係を取り戻しましょう。そこで、倦怠期を経験した男女に、“倦怠期中のエッチで気をつけるべきこと”について聞いてみました。

“スタート”が肝心

「倦怠期中とはいえ、男はどうしてもヤリたいときがある。一週間ぐらい溜めてたら、ムラムラ~っときちゃったんですよね。隣には彼女が寝ている……。

こっちに背中を向けていたんで、まずは背中を合わせました。大丈夫かな……と思ったところで向きを変え、後ろから抱き付くような感じに。時間はかかったけど、なんとか久しぶりのエッチを達成しました」カズト(仮名)/30歳

“徐々に距離を詰めていく”というのは、男女ともに有効な方法ではないでしょうか。条件反射で拒まれる心配もありません。

“雰囲気”を作ってから

「友だちに、彼と最近エッチしてない……という相談をしたら、アドバイスをくれました。“音楽をかけるといい”と言うんです。まあ、出会ったころの曲ですよね。

彼と一緒にいるとき、五年前ぐらいに流行ってた曲をかけたんです。すると、鼻歌なんか歌い始めて、機嫌がいいんですよ。自然に隣に座るような感じになって、そのままエッチな流れになりました」メイ(仮名)/31歳

どんなカップルにもラブラブだったころはあるでしょう。そのころよく聴いていた曲なんかは、当時の感情を呼び覚ますキッカケになります。そういった“雰囲気作り”は大事ですよね。

ときには“強引”に

「彼と一緒に寝て、朝を迎えたときでした。ふと、寝ている彼の下半身を見ると、ムックリと大きくなってる。朝勃ちしてるんですよね。そのころエッチの回数がかなり減ってたから、意地悪してやりたくなりました。

そっとパンツを下ろして、パクッ……。朝フェラです。狸寝入りを決め込んでたけど、途中からピクピクと反応し始めました。そのうち我慢できなくなったんでしょう。襲ってきましたよ」チナ(仮名)/28歳

男は意地っ張りですからね。エッチしたくても、自分から誘えないこともあります。そういうときは、女性のほうから仕掛けてもいい。ときには“強引さ”も必要です。

“倦怠期中のエッチで気をつけるべきこと”をご紹介しました。

倦怠期を、のん気に構えて放っておくと破局へまっしぐらです。まずはカラダを合わせて、互いの温もりを感じ合い、必要な存在であることを再確認してください。

エッチ-な記事をもっと読む-_バナー
無題

池田エライザさんのヘルシービューティのヒミツ


©Eviled / Shutterstock
©Subbotina Anna / Shutterstock
©Dari Ya / Shutterstock

※2018年5月3日作成