アンアンからニュースを配信します!

岡崎体育、ホルモン・ナヲに相談 「気づくと一日が終わっている」

2020.4.4
岡崎体育の連載「体育ですけど、オンガクです」。今回のテーマは「段取り」です。
27

段取り上手になりたいです。僕のマネジメントチームはとても段取りがよく、18時終わりの仕事のあとに18時はじまりの取材を入れたりします。それ、移動時間を考えてなさすぎやろと思ったんですが、聞いたところによると「18時終わりの仕事は17時過ぎに終わると踏んで18時から次の取材を入れた」とのこと。それ、その読み外れたらどうしてたんやろ…と疑問に思いつつ、時間の無駄なく段取ってくれているなと感心します。

かたや僕はというと、段取りがあまり上手ではありません。我が家の電子レンジで冷凍のご飯を温めるのに6分ほどかかるのですが、その6分をいつもどう活かすべきか考えるものの、結局YouTubeとか見て過ごしてしまいます。東京に出てきて、それまで家族に丸投げしていた家事をするようになり、段取りの重要性をひしひしと感じています。家事のタイムマネジメントを上手にできるようになれば、その分、音楽制作にあてられるわけですから、絶対に段取り上手になるべきなんです。

みなさん、どのように家事のペース配分をしていますか? 例えば、洗濯機をまわして、干しに行って、取り込んで、畳んで、タンスにしまうという流れを追っていると、気づくと一日が終わっているように感じます。この話を(マキシマムザ)ホルモンのナヲさんとしたときに乾燥機を導入すべきだと助言をいただきましたが、今の家では置く場所がない。さらに、ナヲさんの家と僕の家はまあまあ近いので「まわしにきたらいいよ」とまで言っていただきましたが、タイムマネジメント的にはまわしに出かける時間もなんだかもったいない気がしてしまいます…。

そして、そこまで考えて気づいたのですが、家事の重圧は若手ミュージシャンの貴重な制作時間を確実にひっ迫していますよね。乾燥機やルンバなど、いい家電が買えるのは成功しているミュージシャンのみ。まだ売れていないバンドマンたちは、バイトと家事で音楽制作にあてられる時間なんてほんのわずかしかない。これは大変な格差を生んでしまう問題なのではないか。僕は若手バンドマンを救済したい。早急に、みんなが音楽に専念できる環境を作るサービスを考えたいと思います。え? みんなそんなに家事に真剣に向き合ってない? バンドマンはモテるから家事一緒にやる彼女とかおるらしい? ほな、もうええです。

おかざきたいいく 2/11に行われた、関西初の単独アリーナ公演『岡崎体育ワンマンライブ「OKAZAKI ROCK FESTIVAL 2020」』が、4/26(日)21:00~、TBSチャンネル1にてオンエアされる。

※『anan』2020年4月8日号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・村田真弓 文・梅原加奈

(by anan編集部)