アンアンからニュースを配信します!

「梵字ラテ」って!? 京都・叡電で立ち寄りたい最新スポット6選

2019.4.7
出町柳駅から終点の鞍馬駅までを結び、壮大な自然にも触れることができる叡山電車。そんな“叡電”立ち寄りスポットをご紹介! 商店街の中にできた映画館や独自のセンスが光るセレクトショップなど話題のスポットを巡りながら、駅の近くを散策しよう。時間があれば少し足をのばして、有名な寺社にも行ってみたい。

比叡山延暦寺(ケーブル延暦寺駅)

一生に一度は訪れたい、仏教の聖地と呼ばれる場所。
最澄を開祖とする天台宗の総本山。多くの僧がここで修行し、世界文化遺産にも登録されている。広い境内は、東塔、西塔、横川の3つの区分に分かれていて、見どころがたくさん。滋賀県大津市坂本本町4220 TEL:077・578・0001 8:30~16:30(東塔地区)、9:00~16:00(西塔・横川地区)※季節により変動あり 拝観料¥700(東塔・西塔・横川共通券)

eiden

延暦寺会館でいただける梵字ラテ¥700。

瑠璃光院(八瀬比叡山口駅)

鏡面上の床に映る青紅葉の景色が話題に。

eiden

1万2000坪の寺域に建つ数寄屋造りの書院と庭。建物は「京数寄屋造り」の名人と称された中村外二、庭園は佐野藤右衛門一統の作と伝えられている。春と秋のみ季節限定で公開。寺院を囲む青紅葉が鏡面仕上げの床に映り込み美しい風景を作り出すことで知られる。現存する数少ない「かま風呂」も見学できる。左京区上高野東山55 TEL:075・781・4001 10:00~17:00(年2回公開。今年の春の拝観は4月15日~6月30日) 拝観料¥2,000

keiokairai(一乗寺駅)

長く使える良いものを扱うライフスタイルショップ。
シンプルでそぎ落とされたデザインを好むセレクトショップ。左京区一乗寺高槻町28‐2 TEL:050・7121・2850 11:30~19:00 水曜休(月1日不定休あり)

eiden

3階建ての洋館の1階が、生活雑貨やアクセサリー、ウェアを扱うフロア、2階が家具のショールーム、3階がギャラリーとなっている。

マヤルカ古書店(一乗寺駅)

郷土玩具も売っている2階建ての古書店。
暮らしに寄り添う本と雑貨を取り扱う店。2階建ての古民家で、1階には古書が並び、2階は展覧会や様々なイベントを行うギャラリーと新刊本のスペースになっている。左京区一乗寺大原田町23‐12 TEL:090・1039・5393 11:00~18:00 金曜休

eiden

民藝や民俗学にまつわる本が多いのが特徴。

La Klassique(出町柳駅)

一つ一つが芸術作品のような美しいスイーツたち。
惜しまれながら閉店した『オ・グルニエドール』出身のパティシエが昨年8月にオープンしたパティスリー。左京区下鴨森本町13‐9 糺の森ビル本館1F TEL:075・746・3059 10:00~18:00 日曜休

eiden

しっかりとした生地感のある苺のショートケーキ(¥520)は、季節ごとに苺の品種を替えるなど細かいこだわりが。

出町座(出町柳駅)

ローカルな雰囲気が楽しい商店街のなかの複合スペース。
出町桝形商店街にオープンした映画館・カフェ・本屋の複合スペース。上京区三芳町133 TEL:075・203・9862 10:00~22:00(本屋・カフェ) 無休

eiden

3種類の調理法で味付けをしたきゅうり3種サンド¥600(税込み)。カフェメニューはすべてテイクアウト可能なので鴨川ピクニックのお供にも。

※『anan』2019年4月10日号より。写真・福森クニヒロ わたなべよしこ 伊藤 信 吉村規子 取材、文・大和まこ 木薮 愛 本庄 彩 下川あづ紗

(by anan編集部)

「開運」-記事をもっと読む-_バナー

大野いとさんも走り始めています! 美しいランナーになるために心がけたいこと。