アンアンからニュースを配信します!

もうメニュー選びで迷わない! 後悔せず最適なひとつを選ぶコツ

2019.1.24
賢人たちの選択メソッドが集結! 読書猿さんの著書『問題解決大全』から、選択に役立つ6つのメソッドのうちのひとつ「お山の大将」を紹介します。

短時間で、複数の中から最適なひとつが選べる(例:メニュー選び、買い物、人事採用)。

時間をかけずにベストな選択をしたい、というときに有効なのがこのツール。向いているのは、メニュー選びなど“感性”に訴えかけるもの。人事採用といった時間をかけたほうがいいような事例も、相手との相性を重視するなら、フィーリングという意味でこれを活用するのが得策。

<例題>

本

メガネを新調したい! いろいろある中から、何を選ぼう。

STEP1:「お山の大将」を選ぶ。

複数の候補の中から、ひとまず目についたものを「お山の大将」とする。対象となる候補の数は、頭の中で扱いきれる数、つまり10個(人)以内が望ましい。

例)たくさんのメガネから、とりあえず目についた“丸い黒縁”を「お山の大将」にする。

STEP2:大将と比較する。

残りの候補から1つを選び、「お山の大将」と比較。より良いほうを残す。

例)店を回りながら、他の形や素材と比較。その中から「お山の大将」を、より自分に似合うと感じた“べっ甲のメガネ”と入れ替える。

STEP3:最後まで繰り返す。

STEP 2で選んだより良い「お山の大将」と、また別の候補を比較。それを繰り返し、最後まで残った「お山の大将」が、最も良い選択肢と結論づけられる。

例)“べっ甲のメガネ”の中から、別のフォルムのものをかけて試し、良いほうを残す。気になるものを試して、最後に手元にあるものがベスト。

読書猿さん 読書家。ブログなどでフォロワーから質問を受け、それに合う本を紹介。処女作『アイデア大全』(フォレスト出版)に続き、『問題解決大全』(同)が大ヒット。https://readingmonkey.blog.fc2.com/

※『anan』2019年1月30日号より。イラスト・林田秀一 取材、文・保手濱奈美

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー