アンアンからニュースを配信します!

不思議すぎる絵! 見ておきたい初来日の世界最大級エッシャー展

2018.6.11
視覚の魔術師といわれた版画家の世界最大級コレクションが初来日。『生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵』が開催されます。
エッシャー

子供の頃、はじめてトロンプ・ルイユ(だまし絵)を見たときはあまりにも不思議で、描かれている階段を何度も指でなぞったりしたものだ。精緻に描かれたトロンプ・ルイユは、エッシャーの代名詞。現実にはあり得ない構造物や、画面の中で無限に繰り返されるループなど、透視法を用いた独創的な作品には、大人になった今も惹きつけられる。

オランダ生まれの版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898~1972年)。24歳のとき、スペインのアルハンブラ宮殿で幾何学模様の装飾に魅せられ、その体験が後の作風につながっている。ほかの芸術家との交流がなく、美術史においては異端ともいえる存在だ。そんなエッシャーの世界最大級のコレクションを持つイスラエル博物館から、普段は公開されていない同館秘蔵の作品のうち約150点が初来日。“科学”“聖書”“錯視”など8つのキーワードごとの展示構成で、エッシャーの世界の謎に迫る。

エッシャー

展覧会ナビゲーターを務めるバカリズムさんによる作品解説も、会場でのお楽しみ。

上野の森美術館 東京都台東区上野公園1‐2 開催中~7月29日(日) 10時~17時(金曜~20時、入館は閉館の30分前まで) 会期中無休 一般1600円ほか TEL:03・5777・8600(ハローダイヤル)

《相対性》1953年 現実には不可能な構造がなぜか画面の中で成立している、だまし絵の傑作。All M.C. Escher works copyright ©The M.C. Escher Company B.V. ‐ Baarn‐Holland. All rights reserved. www.mcescher.com

※『anan』2018年6月13日号より。文・黒澤 彩

(by anan編集部)

#タレント記事をさらにチェック!
#アートをもっと覗いてみる!
あなたは大丈夫? 老け見えを防ぐ「魔法の下着」をチェック