恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

風邪を引かなくなる!…不調を感じたら即食べるべき「最強フード」

文・大久保愛 — 2020.1.15
まだまだ続く寒い季節。すぐ風邪を引く人は、アレが足りないのかもしれません。そこで、漢方薬剤師の大久保愛先生が、風邪予防に効果てきめんな方法をお伝えします!

【カラダとメンタル整えます 愛先生の今週食べるとよい食材!】vol. 42

風邪をひかずに冬を乗り越える

お正月休みが明け、ほどよく連休もはさみ、一年がスタートしましたね。このまま、今やるべきことを順調にこなし飛躍の年にしていきたいですよね。ただ、乾いた空気のなか、人の多い場所に行く機会が増える1月。気になるのはインフルエンザや風邪ではないでしょうか。咳やくしゃみをしている人を見かけるとうつるのではないかと心配してしまいますよね。

そして、喉からひく風邪は長引きやすく日々の生活にも支障がでてきてしまいます。さらに、そのまま花粉のシーズンになると風邪なのか花粉症なのかわからない不調に常に悩ませられる人も増えると思います。そうならないためにも、今週は、風邪に負けない食薬習慣を紹介していきます。

自然の変化が体調に影響している

漢方医学で人は自然の一部であり、自然の変化は体調に影響を与えると考えられています。気温や湿度、気圧の変化だけではなく、太陽や月の動きまでもが体に影響を与えています。学生の頃、太陽暦や太陰暦を学んだことを覚えていませんか? 一か月の日数や季節などは太陽や月の動きから決められていたことはご存知のかたは多いと思います。

月や太陽は、地球との位置により引力が変わり、地球では潮の満ち引きが起こります。地球の約七割が水分と言われていますが、同様に人の体も約七割が水分と言われています。そう考えると、人間も月や太陽の影響を受けることは想像しやすいことだと思います。中国最古の医学書である皇帝内経(こうていだいけい)にも、月が体調に影響を与えることは記されています。

つまり、気温、湿度、気圧、太陽、月の変化とさまざまなものを指標にすることにより、より正確に体調管理をすることができます。この体調管理に食事内容を役立てることを『食薬』と呼びます。

今週は、風邪をひかないための食薬習慣

周りに風邪をひいている人がいると必ず風邪がうつるタイプの人っていますよね。免疫力が低い、粘膜が弱い、疲れやすい、冷えやすいなどいずれかの体質を持っているのだと思います。ですから、風邪をひいていない元気な時の生活で体質を変えていくことが必要になります。何もせず、具合が悪いときだけ薬をのんで治しているだけでは、体質は変わりません。

基本ですが、日頃から胃腸の調子を整え、冷たい飲食物はさけ、糖質と不要な脂質は控え、タンパク質、食物繊維を意識的にとることが大切です。タンパク質と食物繊維を意識するとビタミン、ミネラルなども一緒にとり入れることができます。

そして、今の季節といえば乾燥した空気が特徴ですが、風邪予防のためには粘膜や免疫を強化し、抗菌、抗ウイルス、抗炎症作用のあるものをとり入れることが大切です。この力を漢方医学では、「気(き)」の一種である「衛気(えき)」と呼びます。

そこで、今週は「衛気」を補う風邪に負けない食薬習慣を紹介します。食べるとよい食材は、【れんこん&シソ(大葉)】です。

食べるとよい食材・料理 レンコンのきんぴらに大葉を添えて

今回は、防御機能を強化する「衛気」を補う食材です。ちょっと体調があやしいなと思ったら食べてみましょう。きんぴらではなくても、鶏ひき肉とレンコンをまぜてハンバーグを作って大葉を添えたり、生姜をたっぷり入れてレンコンスープを作ったり、なんでもおかずに大葉を添えたりと、好きな方法でとり入れても大丈夫です。

レンコン

レンコンは、民間療法でも喉の風邪に良いとされよく食べられている食材です。ビタミンCが豊富で加熱しても損失が少ない特徴があります。また、抗炎症作用があったり、アレルギーの原因であるヒスタミンを抑制するタンニンなども含んでいます。

シソ(大葉)

大葉は、抗炎症、咳止め、発汗解熱、整腸などの働きがあり古くから漢方薬にも使われるものです。風邪のひき始めに使われる香蘇散という漢方薬には、生姜とみかんの皮などと一緒に大葉も含まれています。

また、大葉には、香りの成分のペリルアルデヒドという成分が含まれていますが、強い抗菌作用があり風邪や腸炎などにも役立ちます。他にもロスマリン酸という成分が含まれアレルギーを抑えるのに役立ちます。

風邪予防といえば、マスクに手洗い、うがいがスタンダードだと思いますが、食べ物も内側から作用して強い味方となってくれます。今回の組み合わせは、風邪と花粉両方の対策になるので、これからの時期、体調を崩しやすい人は取り入れてみてくださいね。

information

29da7aba42636f3ec47ee8cc1f4c6813

大久保 愛 先生
アイカ製薬株式会社代表取締役・漢方薬剤師。
昭和大学薬学部生薬学研究室で漢方を学び薬剤師免許を取得。その後、中国で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方相談、調剤薬局、エステなどの経営を経て商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

https://aika-inc.co.jp/

kaba-

著書『1週間に一つずつ 心がバテない食薬習慣』(ディスカヴァー)。
購入はこちら

どんな指輪がほしい? 女性200人に聞いた「彼から贈られたい婚約指輪」


©VisualCommunications/Gettyimages
©evrim ertik/Gettyimages
©sturti/Gettyimages