恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

もう苦しくない!「ダメ男やブラック企業の罠」から抜け出せる方法。#4

取材、文・土居彩 看板写真・Yumiko Sushitani — 2019.10.8
意識の潜在力を使いながら、胸のドキドキ、下腹部のざわざわといった体の感覚を鋭くさせ、あなたを守って強めてくれるという手法『フルボディ・プレゼンス』。哲学や心理学、瞑想ワークなどを中心とした斬新な教育プログラムを提供するエサレン研究所で筆者が学んだ、日本未上陸のエネルギー・ワークです。頭ではなくて体を感じ切ることで、ダメ男やブラック企業の罠から抜け出し、新しい可能性の扉が開けるかも!

【マック・マインドフルネス時代の瞑想探し。「魂ナビ」が欲しい!】vol. 4

1

理由のわからないザワザワ感は体からの贈りもの。

この物件、予算も見合っているし、間取りも悪くない。
決めたものの、なんか契約書にサインする手に力が入らないなぁ。
条件ぴったりの男性からプロポーズされたのに、みぞおち辺りがザワザワする……。

そんな感じがしたことって、今までにありませんでしたか?
単なる気のせい?
いいえ、それは体が贈ってくれたピンチを救うためのサインかもしれません。

cat-mapper-max-ogden-8hZK5zcmL6A-unsplash
©Cat Mapper (Max Ogden) on Unsplash

エサレン研究所で学んだ、日本未上陸の手法。

スザンヌ・スカーロック・デュラーナは、クラニオセイクラル・セラピー(頭蓋仙骨療法)、瞑想、ヨガ、アメリカ先住民の智慧などを組み合わせ、体の感覚と意識の潜在力を使いながら思考や行動パターンを癒し、ベストな決断を下すというメソッド、『ヒーリング・フロム・ザ・コア(芯からの癒し)』を開発しました。

その核となるのが身体感覚をフル稼働させて“今ここ”に完全に存在する『フルボディ・プレゼンス』という手法。不健全な関係や幸せを阻むような選択から身を守ってくれるだけでなく、流れに乗って可能性を広げるためのパワフルなセルフ・ヒーリング法です。

私は昨年カリフォルニア州にあるエサレン研究所という場所で、住み込み学生として草むしりやベッド・メイキングに精をだしながら暮らしていたのですが、そこで彼女からこの『フルボディ・プレゼンス』を指導されました。

IMG_0719

授業中に「体の声を聞くのはあなた〜」と腹の底から発せされた、和田アキ子さんのようによく通るスザンヌの声で導かれ、大好物のChocoloveのチョコレートを振舞われ続けたせいで、どえらく太ってしまったという余談もありますが。

内なる知恵にアクセスする、『フルボディ・プレゼンス』5つの原理。

IMG_5637

さて! 日本未上陸のフルボディ・プレゼンスは、以下の5つの原理で行います。

1. 命を育む、生命パワーの存在を信頼する。

太陽の光が降り注ぎ、呼吸するための空気が……というように、この世界は光や熱など命を育むエネルギーに満ちあふれています。

全世界が敵のように見え、袋小路だと感じられる状況でも、自覚するしないに関わらず、この無限の生命エネルギーはいつも存在しています。その存在を信頼すると決め、負のサイクルを断ち切る一歩を踏み出しましょう。

2. 生命パワーの流れを身体感覚で感じる。

深呼吸したり、自然の中で過ごしたり、祈りや瞑想、思い切り歌を歌ったり、無心で楽器を演奏していると、感じるものはありませんか? 

力強い安心感、エネルギッシュで流れに乗っている、穏やか、至福感を抱いたときの身体の反応とはどのようなものでしょう。

心地よいゾクゾク感、温かさ、胸が開くような感じ、下腹部が据わる感覚でしょうか。

これが1の生命パワーであり、それと繋がっているときに体が抱く感覚です。

意識してそこに向かうための体内センサーを始動させましょう。

beautiful-beauty-face-573301

3. 生命パワーの流れを全身につなげる。

両足をなるべく平行に、足の裏をしっかりと地面につけます。目は閉じるか、半眼にして深呼吸してください。椅子に座っても、立っていても寝そべっていてもかまいません。

何度かゆったりとした呼吸を繰り返したら、生命パワーを大地から吸い上げるようイメージして、足の裏の感覚に注意を向けます。

足裏が微かにチリチリしたり、くすぐったく感じるかもしれません。

足裏からエネルギーを吸い上げて、脚、骨盤、腹、胸、喉、眉間、頭上と流れていく生命パワーを感じて、それを統合させます。

心地よく感じるのは体のどの部分ですか? 

逆に何も感じられなかったり、流れがブロックされているような感覚がする場所はどこですか。それは冷たさ、石のような重み、圧迫感、痛みや麻痺したような感覚でしょうか? 

例えば誕生、成長、事故、手術、または挫折したり、自信の喪失など、私たちは過去に心や体にトラウマが残るような影響の強い体験をすると、防衛反応の一種として身体感覚を鈍らせます。

その結果、育むような生命パワーとつながることも困難になり、健康を維持する力を低下したり、恐れ、不安、絶望、圧倒感、挫折感、悲しみ、無価値観、自己否定などの感情や思考を抱くようになります。

痛みや重み、気だるさなど不快な感覚がしても、ブロックした場所で感じるありのままの状態をただ観察してください。隠したり、克服しようとせず、素直に感じ切ると、もがきは姿を現わすことで、やがて昇華されていきます。

4. 視点を拡大し、目の前に広がる世界を捉え直す。

禅センターのレジデントと視点を変える気功中

私たちが現実を理解するとき、「熱い・冷たい」といった体の感覚、「嬉しい・悲しい」という感情、他には「こうしたい」という期待や「そうあるべき」という信念などのさまざまなフィルターを通して認識します。

このような判断材料には、思い込みや傷ついた過去の記憶の再生といった、幸せな選択を阻むものもあります。

そこで一度フラットな意識で目の前の現実を捉え直すクセをつけましょう。

例えば「もしも”私は十分ではない“”私は醜い”という思いが真実ではなかったら? ”私は今のままで十分”“この世界は安全”だと捉えたら、どんな感じだろう?」と視点を一新させます。そして肉体を感じましょう。全く新しい視点で現実を見たときの、体の反応に注目してみてください。

目の前の現実のパターンは無数にあります。その可能性にオープンになりましょう。

5. 毎瞬、生命パワーを育むリソースを選ぶ。

リソースとは生命パワーの源のこと。それは信頼感や自信、強さを引き出してくれるものです。

リソースは人それぞれ違い、あなたが経験して見つけていくもの。探すヒントは、ホッとできたり、元気を回復させてくれるな、といった心と体の感覚です。

それは例えば自然、人生のパートナーや友人との語らい、心の深いところからやってくる信念、カプチーノとスコーン、ゆったりとバスタブに浸かること、お気に入りのリネンワンピース、波の音、洗い立てのブランケット、深呼吸などかもしれません。

パワーの源探しを楽しんだら、目の前の選択肢の中で、できる限りリソースを選ぶことを自分に許してください。

そうすれば、あなたが自分らしく幸せでいるために必要な生命パワーとつながる魂ナビをいつも始動させた状態を維持できます。「エネルギーを与えてくれるものを選ぶ」をルールにすることで、心や体、魂を感じながら自分らしい人生の羅針盤に沿って生きられるようになりますよ。

unnamed

土居彩

編集者、ライター、翻訳者。株式会社マガジンハウスに14年間勤め、anan編集部、Hanako編集部にて編集者として、広告部ではファッション誌Ginzaのマーケティング&広告営業を務める。’15年8月〜’17年5月、カリフォルニア大学バークレー校心理学部にて、畏怖の念について研究するダチャー・ケトナー博士の研究室で学ぶ。’18年9月〜’19年1月、7月、ニュー・メキシコ州サンタフェにあるウパヤ禅センターに暮らしながら、ジョアン・ハリファックス師に師事。現在は、書道家・平和活動家、13世紀の道元禅師を初めて英訳し欧米に伝えた禅研究家の棚橋一晃氏の著書『Painting Peace(平和を描く)』(シャンバラ社)を翻訳中。恩人たちに支えられ続けながら、会社を辞めて渡米奮闘したドタバタな当時の様子を綴ったananweb連載『会社を辞めて、こうなった』も。https://greenz.jp/author/doiaya/

ポケモンGOがランニングをサポート!お得なモードはこれだ!