好きなこと、話そ!

harako

【おうちデートのラブテク♡】#13 彼氏と作って楽しいクッキングレシピ♪ 過去のリアルから学ぶ恋愛

2016.12.16
ライター&コラムニストharakoが、過去の恋愛をもとに、安定したパートナーシップを築くためのコラムを連載中です。13回目は、カップルで作るとさらなる絆が深まる料理について考えてみたいと思います。

クッキングデートはいかが?

料理作りも立派なデート♡

【過去のリアルから学ぶ恋愛 】vol. 13

好きな彼氏に手料理を作ってあげた!という経験をした女性も多いはず。今日は彼が泊まりにくるし、夜ご飯はオムライスに朝ごはんは軽めにアレとコレ…。と相手のことを思いながら、下準備をするのはとても楽しいですよね。

そこで今回、私が提案したいのは、彼と一緒に作るクッキングデート。いつもなら「私作るから座ってて〜」と言ってしまうあなたも、次のおうちデートはぜひ彼を誘って一緒に作ってみてください。共同作業をすることで、お互いのコミュニケーションも増えて、彼の新しい一面を見ることができるかも知れません♡

クルクル回して楽しくお料理♪

次はダーリンの番っ!

一緒に作るメニューでオススメなのは、ズバリ「たこ焼き」です。ホットプレートで焼くような、焼きそばやお好み焼きも楽しいですが、やはり一番はたこ焼きだと感じます。

特に普段全く料理をしない男性にとっては、食材の焼き加減だったり味付けをすることが、未知の世界という意見を聞くんですよね。なので、意外とお鍋や焼肉などは、料理に慣れている人じゃないとどうしたら良いのかわからず、結局参加できない…という状況に。

その点たこ焼きの良いところは、具材(タコやキャベツ・ねぎなど)を切るところだけは彼女がやってあげれば、後はたこ焼き器の穴に入れてクルクルするのみ!というシンプルさ。味付けは焼きあがったものに、ソースやマヨネーズを自分の好みでかければOKなので、男性も取り組みやすい料理なのです。

助け合いから生まれる絆

共同作業ってイイね!

普段は外食したり、自分が作った料理を食べたりするだけという2人も、一緒に作って食べるというプロセスを共にするだけで一気に絆もUP。そして料理を作る一連の流れを見ていると、相手の性格がよくわかるんですよね。

「意外と細かいところまで、気にするタイプなんだな〜」「焼きあがったら、パクパク食べててかわいい♡」といつものデートからは想像もつかなかった部分が見えてきたりして。役割分担の練習にもなるので、ぜひクッキングデートを選択肢に取り入れてみてくださいね!