志村 昌美

細田佳央太「役者だって恋愛してもいい」理想の恋愛関係と大人像を語る

2021.8.19
夏休みシーズンに突入し、新しい出会いや経験をしたいという気持ちが高ぶっている人も多いと思います。そんな気分をさらに盛り上げてくれるオススメの映画といえば、ハートフルな青春物語『子供はわかってあげない』。そこで、本作の魅力についてこちらの方にお話をうかがってきました。

細田佳央太さん

【映画、ときどき私】 vol. 407

若手俳優のなかでも、映画『町田くんの世界』やドラマ『ドラゴン桜』の熱演で注目を集めている細田さん。劇中では、上白石萌歌さん演じる主人公・美波の相手役であるもじくんを好演しています。ひと夏の出来事で成長していく高校生たちの青春と恋愛を描いた本作で、細田さんが学んだことや自身の恋愛観などについて、語っていただきました。

―まずは、役が決まったときはいかがでしたか?

細田さん 穏やかで安心感のある沖田修一監督の世界観が好きだったので、そこに自分も参加できるということがすごくうれしかったです。ただ、脚本を読んだときに、原作の漫画から受けていたもじくんの雰囲気を自分に出せるのかは少し心配になりました。

―そんななか、どうアプローチしたのでしょうか?

細田さん 監督から「もじくんらしさはセリフに散りばめてあるから、自然体でやってくれたらいいよ」と言っていただき、そこで吹っ切れました。もじくんらしさを出すというよりは、自分でいいんだと。

―ただ、役者さんのなかには、ナチュラルでいることのほうが逆に難しいという方もいますが……。

細田さん 確かに、そこは僕も最初は悩みました。実際、撮影に入ってすぐはすごく緊張していて、力んでしまうことがありましたが、自分が固くなってしまったらそのままもじくんに出てしまうんだと気がつき、余計なことを考えるのはやめました。

―もじくんの話し方もすごく個性的でしたよね?

細田さん そうなんですよね。美波との間には“もじ語”というのがあり、言い慣れてないといけないと思ったので、どう自分になじませるかは意識しました。そのために、両親とのメールや普段話すときももじ語を使ってみたり。そしたら今度は抜けなくなってしまって、お礼を言うときに「サンチェス」とか「そりゃするですよ」とかは、いまでも言ってしまうことがあります(笑)。

もじくんと出会ったおかげで考え方が変わった

―撮影から2年経っても抜けないとは……。そのほかにも、影響を受けていることはありますか?

細田さん 他人を受け入れる温かさや柔らかさみたいなものは、もじくんから学んだことかなと。おかげで、いまではどんな意見も否定から入るのではなくて、一旦ちゃんと聞くことができるようになりました。いろいろな考え方があるんだなと思えるようになった根本にあるのは、そういったもじくんの姿勢だと思います。

―今回、美波が上白石萌歌さんだったから助けられたこともありましたか?

細田さん 萌歌ちゃんには、すべてにおいて助けてもらいました。リハーサルでも現場でも、とりとめもない話しかしていないですが、そこから出る空気感に自然と引っ張られる感じはありました。

―上白石さんも細田さんのことを「お芝居をするうえで一番助けられた存在」と話しているので、お互いに支え合いながらだったんですね。

細田さん いえいえ、僕は何もしてないと思いますよ(笑)。自分のことでいっぱいいっぱいでしたから。

―劇中では、美波の父親役である豊川悦司さんと一緒に酔っ払っているシーンも、全力な姿が印象的でした。

細田さん お酒を飲んだことがないので、かなり悩みましたね。いままでの打ち上げでもあそこまで酔っぱらっている人を見たことがなかったので、あれは酔っ払っている人に対する僕の独断と偏見です(笑)。

―ぜひ、最後の最後に出てくるメッセージも含めて見逃さないでほしいシーンですね。豊川さんと共演された印象についても教えてください。

細田さん 残念ながら、撮影の間はあまり時間がなくてゆっくりとお話することはできませんでしたが、とにかく背中の大きい方だなと。あの姿には憧れました。豊川さんからすると、僕は大事な娘の彼氏みたいな立ち位置でよそよそしい間柄だったので、素敵な関係性を作っていた美波がちょっとうらやましかったです。

共通の趣味は関係性をより強くしてくれるもの

―兄弟役を演じた千葉雄大さんとは、いかがでしたか?

細田さん 千葉さんとは撮影中もけっこういろいろな話をして過ごしました。といっても、家族のことや「ポケモン好きだよね?」みたいな話ですが(笑)。ただ、そういう話ができる雰囲気は、沖田監督が作ってくださったんだろうなと改めて感じています。

―本作では、美波ともじくんの恋模様がかわいらしかったので、ご自身の初恋についてもおうかがいしたいところですが、事前情報によると忘れてしまっているとか。何があったのでしょうか?

細田さん 普通覚えているものだと思うんですけど、本当に忘れてしまったんですよ……。というのも、小学校とか中学校のことを振り返ると恥ずかしい記憶しか出てこないので、あるときから考えるのをやめたんです。そしたら、初恋の記憶も一緒に忘れてしまいました(笑)。

―(笑)。では、高校時代は胸がキュンとするような思い出はありましたか?

細田さん 恋愛禁止が校則のなかにあって、僕はそれに従って過ごしていたのでそれも特にないですね。どちらかというと、すぐに人を好きになってしまう性格なので、問題を起こさないように、人を恋愛対象として見ないように心がけていました。

―校則を守る真面目な学生だったんですね。

細田さん 友達とふざけて怒られたこともけっこうありましたが、校則だけは守っていました。

―劇中で、美波ともじくんはアニヲタ仲間ですが、細田さんも何かのオタクだったりしますか?

細田さん 僕がハマっているのは、バスケです。高校くらいのときから見る側になり、いまでも大好きです。

―美波ともじくんのように、相手とは自分の好きなものを共有したいと思いますか?

細田さん そのほうが話の広がり方がすごいことになりそうなので、楽しいでしょうね。共通の趣味や話題というのは、それくらい大きな力を持っていると思うので。2人の関係性も強くなりますし、お互いがかけがえのない存在になるだろうなと感じます。でも、バスケ鑑賞を共有できる人はあまり多くないので、そこまで期待はしていないです(笑)。

何よりも2人でいる時間を共有したい

―バスケ以外にも、こういうことが一緒にできたらいいなと思うことはありますか?

細田さん 何かというよりも、2人でいる時間を共有できたらいいのかなと。それが僕にとっては、恋愛の理想です。

―それは素敵ですね。細田さんが今後挑戦したいことのひとつはYouTubeだそうですが、そう思うようになったきっかけは?

細田さん 中学生の頃からいろいろなゲーム実況にハマっていて、楽しそうだからやってみたいという好奇心が一番です。ゲーム実況でみなさんとワチャワチャできたらいいですね。でも、もしやるならチャンネル名に細田佳央太の名前はつけず、イチから始めたいと思っています。ユーチューバーとしてちゃんとスタートを切り、自分でやれるところまでやってみたいです。

―最近は、ドラマでの熱演も注目されていますが、周囲の反応も変わりましたか?

細田さん 外出するときもそんなに気を遣うこともありませんし、それはあまりないですね。エゴサーチも少し前まではしていましたが、最近は自分の名前ではなく、作品のタイトルや役名で調べるようになりました。

というのも、自分の名前だけだと、ファンの方々の応援してくださる意見ばかりに偏ってしまう気がしたからです。作品や自分が演じた役に対して、みなさんが純粋にどう感じてくださったのかも知りたいので、いまはそうやっていろいろな意見を取り入れて糧にしています。

―とはいえ、そこで傷つくこともあるのではないでしょうか。

細田さん もちろん、批判的な意見を目にしたこともありますが、それもその人の見方であって、間違いではないと思うので、自分とは違う意見も尊重したいなと思っています。いろいろな反応を知ることができるのは、ありがたいですね。

こういう考え方ができるようになったのは、ここ2年くらいで、このマインドの変化に関してはもじくんの影響に尽きる気がしています。その前までは、感情だけで動いていてしまう頑固で子どもっぽいところがけっこうあったので。

正しいわがままを言える大人になりたい

―今年は二十歳という大きな節目を迎えますが、いまのお気持ちはいかがですか?

細田さん 僕はあまり意識してないですね。というのも、「二十歳は大人」と言われていますけど、成人式で騒いでいる人たちを見ると、年齢だけで大人とは言えないと思うので……。僕自身は、こういう大人になろうみたいなプレッシャーもなく、なるようになればいいかなという感じです。

ただ、「正しいわがままが言える大人にはなりたい」とは考えています。周りから何と言われようと、自分がやりたいと思うことを我慢することなく、自分が思っていることを貫く軸を持っている人にはなりたいです。

―なるほど。では、最初にしたいことは? 

細田さん やっぱりお酒は飲んでみたいですね。先輩方からもお酒を飲めるようになると、つながりも広がるよと聞いているので、ぜひそれを体験してみたいです。

―いま、役者としてやりがいを感じる瞬間はどんなときですか?

細田さん どんなにつらいことがあっても、お芝居をしている間だけはすべての雑念を忘れられるので、そこはお芝居に救われている部分だと思います。もちろん、ときにはしんどいなと思うこともありますが、お芝居を好きな気持ちは変わらないですし、やめたいと思ったこともありません。

―プライベートと仕事の切り替えは、どうされていますか?

細田さん 切り替えようと意識することなく、普通に過ごしています。僕は役者でも恋愛していいし、コンビニに行ってもいいし、無理にカッコつける必要はないかなと思っているので。

―素敵なお考えだと思います。それでは最後に、ananweb読者に向けてメッセージをお願いします。

細田さん 今回の映画は、一見ほのぼのしたひと夏の物語のように見えるかもしれませんが、観る方の年齢や性別、そのときの心境によっても感想がかなり違う作品です。公開は1年延びましたが、作品から受け取るものに変わりはないので、みなさんにもいろいろなメッセージが届いて、救われる方がいればいいなと思っています。

インタビューを終えてみて……。

もじくん同様に、芯の強さを持ちつつ、まっすぐで純粋さがにじみ出ている細田さん。とても柔らかいオーラには、こちらまで優しい気持ちになりました。これからも、演技力の高さと幅広い役どころで私たちを魅了してくれることは間違いなさそうです。

高校生の成長する姿に背中を押される!

青春あり、胸キュンあり、笑いあり、そしてほっこりもありと誰のことも温かく包み込んでくれるこの夏必見の1本。心に焼き付くような熱のこもったラストシーンには、思わず込み上げてくるものを感じるはずです。夏休みの素敵な思い出の1ページを映画館で加えてみませんか?


写真・山本嵩(細田佳央太) 取材、文・志村昌美 

ストーリー

水泳部に所属していた高校2 年生の朔田美波は、部活の練習中に書道部の「もじくん」こと、門司昭平と出会う。2人は同じテレビアニメの大ファンであることをきっかけに、意気投合し、友達として急速に距離を縮める。

そんなある日、美波は幼い頃に離婚して生き別れた父親を捜し出すことを決意。夏休みに行われる部活の合宿に参加するふりをして実のお父さんに会いに行こうとするのだが……。

胸騒ぎが止まらない予告編はこちら!

作品情報

『子供はわかってあげない』
8月20日(金)全国ロードショー
配給:日活
https://agenai-movie.jp/ 
©2020「子供はわかってあげない」製作委員会 ©田島列島/講談社 

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。