料理家 SHINO

家飲みに絶品おつまみ…! みんながやみつきになる「簡単で最強のおつまみ」

2021.6.30
連載第183回目は、みんな大好きな海老をスパイスで仕上げる簡単メニュー! 夕飯のおかずやおつまみとして、また冷めても美味しいのでお弁当の一品としても大活躍間違いなし。刺激的なものが食べたいときに作ってみてはいかかでしょうか!

『海老のスパイス焼き』

ebi01_gobouchacom

【旬を味わう♡ 美人レシピ♪】vol. 183

旬食材は、海老!

shrinp02_gobouchacom

海老は、消費量の世界1位が日本で、数多くの品種が出回っています。 旬は4月~11月ですが、養殖や輸入も盛んなので、伊勢海老やクルマエビ、家庭でも食べやすい流通量の多いブラックタイガーなど、旬に限らず1年中、さまざまな種類のものが食べられています。

代表的な栄養素はタウリン。これは、魚介類や軟体動物に豊富に含まれているアミノ酸の一種で、血中の悪玉コレステロールを抑え、善玉コレステロールを増やす作用があります。血圧を正常に保ったり、動脈硬化を予防し、さらに肝機能強化や眼精疲労の改善にも効果が期待できます。

また、アルギニンなどを含む良質なたんぱく質が豊富です。たんぱく質は疲労回復、滋養強壮、免疫力向上などの効果があるので、体調が優れないときには海老を食べて体力を回復させるのもおすすめです。

栄養満点の海老! しかも女性に嬉しい老化防止効果も期待できるのは嬉しいですね。1年中食べることができますが、旬のこの時期に積極的に用いて、パワーをつけましょう!

材料はこちら!

ebi03_gobouchacom

【材料(二人分)】

海老(ブラックタイガー) :6尾
ズッキーニ        :1/2本

オリーブ油        :適量

(スパイス調味料)
ターメリック       :小さじ1/4
チリパウダー       :小さじ1/4
塩            :小さじ1/4
ショウガ         :1/2かけ
ニンニク         :1/2かけ
青唐辛子         :1/2~1本
レモン汁         :1/4個分
オリーブ油        :大さじ1/2

(仕上げ用)
レモン          :適量

まず、下準備を始めます。~その1:野菜を切ります。

ebi04_gobouchacom

ズッキーニは輪切りにします。
ショウガとニンニクはすりおろします。
青唐辛子はみじん切りにします。

まず、下準備を始めます。~その2:海老は殻と背ワタを除きます。

ebi05_gobouchacom

海老は尾を残し、殻を取り除きます。
背に切り込みを入れ背ワタを除きます。

では、作ります! スパイスを混ぜ合わせます。

ebi08_gobouchacom

小さめのボウルにスパイス用調味料(ターメリック、チリパウダー、塩、ニンニク、ショウガ、青唐辛子、レモン果汁、オリーブ油)を全て入れ、混ぜ合わせます。

海老の背の部分に合わせたスパイス調味料を塗ります。

ebi06_gobouchacom

海老の背の部分に合わせたスパイス調味料を塗ります。

フライパンに油を熱し、海老を焼きます。

ebi07_gobouchacom

フライパンに油を熱し、海老を両面焼きます。
一緒にズッキーニも焼きます。

両面しっかりと焼き、火が通ったら器に盛り付けます。

ebi02_gobouchacom

両面しっかりと焼き火が通ったら器に盛り付け、レモンを添えます。

おいしさのアレンジポイント♪

海老だけでなく、ホタテや白身魚、お野菜などにスパイスを合わせて焼いても美味しくいただけます。
ターメリックとチリパウダーの代わりにカレー粉でも美味しく仕上がりますよ♪

Information

料理教室『ごぼう茶.com』♪
http://goboucha.com/

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。