好きなこと、話そ!

harako

イチャイチャを自撮りして…浮気がバレた男の「意外な結末」 #14

2018.5.13
ライター&コラムニストharakoが、実際に既婚女性100人にインタビューをし、結婚までのプロセスや心境の変化をお伝えする連載です。第14回目は、浮気をされて1回別れた彼と結婚したMさんのお話です。

携帯から出てきた浮気現場を見て……。

2ef8db7671fc638ea7a4d902859897b2

【実録♡ 結婚プロセス100人インタビュー 】vol. 14

20代前半のときに地元で開かれた、誕生日パーティ。ダンサーをしていたことがある私は、夜クラブを貸し切ってノリノリで踊りながら友だち同士で騒いでいました。友だちがまた友だちを呼んで。誰が誰だかわからないくらい、ぐっちゃぐちゃに揉まれながら、爆音BGMに体を揺らしているのが最高だった記憶……。

その時に友人が連れてきた、ちょっと派手めで遊んでそうな男子と一緒に踊ったんです。見た目は完全に、チャラ男!(笑)という私もけっこう遊び歩いていたし、その場のノリで踊って楽しく一夜は過ぎていきました。

解散前に連絡先は交換したけれど、お互いほろ酔いであんまり覚えていない。そんな彼から一週間後、「よかったら今度ご飯行かない?」とLINEが来たんです。

正直、あの夜の印象は「チャラ男」のみ(笑)。でも、仕事場がすごく近かったので、軽いノリで待ち合わせ場所へ向かいました。

意外なギャップを見て惚れ♡

私は、エステサロンのリーダーを任されていたんですが、彼はなんとアパレルショップの店長をしているというのです。将来は自分のお店が欲しい、独立したい、自分のブランドを立ち上げたい、後輩にはこんな指導方法を取り入れている、と語ってくれて……。

「ええええ? 全然印象が違う……!」と心の中で、ギャップ萌えでしたね。あの酔っ払って踊り明かした夜からは想像ができないくらい、ちょー真面目で仕事に熱意な一面が見えて。彼も私も、リーダー的な立場だったため、すっかり仕事の話で意気投合。彼の尊敬できる部分も見えて、応援もしたい。そんな気持ちになっていきました。

デートの帰りに「俺、もう待てないわ」と俺さま告白を受け、ギャップ萌えしていた私は迷わず彼女になりましたね(笑)。お互い仕事を頑張るのは良いけれど、とにかく時間がなくて、もっと深く知るには週末のデートだけでは少ないという不満から、同棲をスタート。トキメキ&ワクワクいっぱいで、新生活が始まったのです。

あれ? なにこのオンナ……。

そして、彼がついに “念願のお店をオープン” することが決まった、ある日のこと。付き合い始めの時から話していた、将来の夢に一歩一歩近づいている彼へのお祝いをかねて「今日は、ごちそうをつくろー♡」と、張り切って家の掃除や食事の用意をしていたんですが……。

ベッドの枕もとに置いてあった携帯に異変を感じたんです。半分開けっ放しだし、女の勘?が察知したのか、その不自然さに中身を見てしまったんです。あ〜あ、なにこれ……? 嫌な予感は、見事的中。始めはエッチな動画でも保存しているのかと思ったら、なんと知らない女と自撮りしたイチャイチャ動画でした。

マジで最悪っ! と怒りが頂点に達した私は、SDカードに証拠のデータを移して、彼の携帯はベッキベキにしましたよ(笑)。せっかくこっちは、お祝いのディナーを支度しようとしていたのに! 本当に信じらんない!と、置き手紙を書いて、彼が帰ってくる前に家から出ていきました。

怒りを自分磨きに変えて5キロ減量

着信拒否までして、一切彼と連絡を絶った私は、落ち込むどころか怒りを自分磨きにぶつけていました。始めはチャラいと思ったけど、仕事の考え方に惚れて彼女になったのに。信用して損した!と毎日プリプリモード。次はもっと良い男GETしてやる!と、ダイエットしたり、スキンケアを入念にしたり。

美容院でトリートメントをしてもらって、サラサラのツヤ髪にしてもらって。ストイックに自分磨きをしてストレス発散をして忘れようとしていた数か月後……。仕事場が近いと言うこともあり、帰り道にバッタリ出くわしてしまったんです。

着信拒否までしていた私は、元彼を見てゾッとしましたよ(笑)。置き手紙の後のことは、なにも知らなかったので。どうやら、あの後すごい後悔して連絡しまくったけど、私と連絡が取れなかったことで撃沈していたらしく……。案の定、平謝り。私のご機嫌を取ろうと、あの手この手で誘ってきました。

「ケーキ食べる?」「カラオケでも行こうか?」「今度ランチ行こう」「〇〇の新しいDVD買ってきた」など、私の好きなアーティストグッズや、好きなご飯屋さんの話題でグイグイ攻撃してきたんです。加えて「なんかキレイになった?」って。実は、ストイックにダイエットしていた私は気づけば、5キロ減量に成功していました。しめしめと見返してやりましたよ(笑)……。

名誉挽回は、やっぱり本気の姿勢だった

それでも、まだ信用できない。だって、あのイチャイチャ動画の衝撃はめっちゃ強かったのですから……!プライドを捨ててすがりつく元彼を冷静に見つめながら、私はすぐにはよりを戻しませんでした。「わかった、もっと良い男になって帰ってくるわ」と一度引き下がった元彼は、半年後に思いがけない言葉をかけてきたんです。

「俺、二店舗目を出すからスタッフとして入ってくれない? 信頼できる人にお願いしたいし。結婚前提でよりを戻したい」と。

あれれ、仕事場に私を入れるってけっこう本気……? 結婚前提ってマジじゃん? 元彼のことを好きになったきっかけは、仕事に対するまじめな姿勢でした。今まではプライベートの彼の姿しか知らなかったけれど、まさか一緒のお店で働こうって言うなんて。その誘いをきっかけによりを戻し、また同棲を始めることにしました。

公私共々、一緒に過ごす日々

彼は、周りのスタッフや仕事関係者に私をスタッフでもあり「彼女」でもあると紹介してくれました。中途半端に隠したりせず、関係をオープンにしてくれたのも浮気再発防止としては安心要素のひとつです。

プライベートも仕事も同じになった私たちは、ほぼ24時間一緒。彼の仕事に対する姿勢や後輩への指導方法などを目の当たりにしていくうちに、だんだん「あー、やっぱりかっこいい」と惚れ直していったことを覚えています。

今では “彼” ではなく “旦那” に変わりましたが、相変わらず仕事に精をだして売り上げを伸ばしていく姿を尊敬しています。もう、浮気しちゃダメだよ!

お話を聞いて……。

「一緒に働いてほしい」と言われなかったら、本気度は伝わらなかったと言うMさん。Mさんも仕事が好きだからこそ、自分の経営するお店で一緒に働く選択に、彼の覚悟を感じたそうです。

浮気で信用を無くした後の名誉挽回はなかなかハードルが高いですが、乗り越えたお二人に幸せあれ♡

#恋愛 記事を、もっとチェック♡
#離婚 記事も読んでみる!

#ちょっとエッチな記事 もチェック……!?

絶対やめるべき! 結婚を遠ざける「夜のNG生活習慣」5つ


©Predrag Vuckovic/Gettyimages
©silverkblack/Gettyimages
©PeopleImages/Gettyimages
©boggy22/Gettyimages
©svetikd/Gettyimages