不倫夫に謝罪されるも募る嫌悪感… 妊娠中に裏切られた妻の「怒りの反撃」【後編】

文・並木まき — 2022.8.10
出産間近の里帰り中に、忘れ物をとりに自宅に戻ったことで夫の不倫現場を目撃してしまった優菜さん(仮名)。その後、無事に出産をしたものの夫への嫌悪感が薄れることはなかったと言います。そんな優菜さんは、子どものことも考えた末に大きな決断をしたのだそう。メンタル心理カウンセラーの並木まきが、その後の展開をご紹介します。

不倫を反省する夫… しかし嫌悪感は拭えず

「不倫発覚後、何度も夫からは連絡がきていましたが、もはや私は夫の顔を見るのも嫌だというくらいに夫への嫌悪感が大きくなっていました。出産も『立ち会いたい』と言ってきた夫を断って一人で産みましたし、病院への面会に来ることも断りました。
出産後も、当初は1か月ほどで自宅に戻るつもりで里帰りをしていましたが、もはや夫と一緒に暮らすことは考えられなくて、そのままずっと実家ですごし続けていました」

夫が優菜さんや子どもに会いに実家に来ても、優菜さんは両親に頼んで追い返してもらっていたのだそう。事情は優菜さんの両親にも話してあったので「そんな夫とは別れたほうが良い」と優菜さんの母親も嫌悪感を露わにしていたとのことです。

「どうせ決断するなら早いほうがいい」離婚を決意した妻

出産から3か月が経ったときに、優菜さんは将来のことについて実母と腹を割って話をしたのだそう。そのとき優菜さんは、すでに「離婚したい」と心のなかでは思っていたそうですが、子どものことを考えて踏みとどまっていたと言います。

そんな優菜さんに対し、実母が「どうせ決断をするなら早いほうがいい。子育てのサポートは私たちも精一杯やるから、心配しないでいいよ」と言ってくれたことで、優菜さんは離婚をする決心がついたとのことでした。

「母親の言葉は、本当にありがたかったです。私の妊娠中に不倫をするだけでも許せないのに、勝手に夫婦の寝室に不倫相手を連れ込んでいた夫には、正直なところ嫌悪感や不快感しかなかったので、さっさと離婚して前を向きたいという思いでした。
子どものことだけが引っかかっていたので、母にそう言ってもらったことで、“離婚してもなんとかなるかな”と思えて、決断することができました」

その後、優菜さんは弁護士に頼み、夫との協議離婚が成立。不倫現場を目撃した日以来、夫と会うことは一度もなく、夫は産まれた子どもにも一度も会うことなく離婚に至ったそうです。

「シングルで育てていくのは大変なこともあると思いますが、裏切り者の夫と生活するのは心情的にもう無理だったので、この決断に後悔はありません。
妊娠中に不倫をするような男性には見えなかったのに、結婚してみないと相手の本性ってわからないこともあるんですね。次に再婚するとしたら、不倫なんて絶対にしない誠実な男性を選びたいです」


優菜さんが目撃した「夫の衝撃的な不倫現場」とは… 前編に続きます



夫の浮気が判明したあとに、夫婦再構築を選ぶ人もいます。しかし夫からの妻への裏切りがひどいものであるほど、妻の嫌悪感や不快感は深まり、修復は困難になる傾向にあるようです。シングルで子育てをしていくことを不安に思ったときに周囲からの強いサポートの申し出があれば、心強いと感じる妻も多いことでしょう。

©Vera Livchak/Iryna Khabliuk/EyeEm/gettyimages