“相性の良さ”だけじゃない! 男性が「運命の相手」だと思う女性の特徴4つ

文・塚田牧夫 — 2021.5.18
付き合いたいと思える相手ができたとき、彼との「相性」が良いのか、確かめたくなりますよね。ただ、なかには相性を確認するまでもなく、一発で「この人は運命の人だ!」と思える相手を見つける人もいます。そこで男性たちに、“運命の相手だと思う女性”がどんなタイプだったのかを聞いてみました。

お互いに弱みを見せ合える

「職場の同僚に、以前から話しやすいと思っていた女性がいるんですね。少し前に、その女性と2人で飲みに行く機会がありました。

そこで、仕事の悩みを告白されたんです。しかも俺に対して、“つい弱みを見せちゃう”と言ってきて……。

また、その感覚を抱いているのは彼女だけではなく、僕もでした。なぜか彼女だけには弱みを見せやすいんですよ。彼女の話自体もすごく共感できたので、“これだけ感覚が一緒なら付き合いたいな”と思っています」ヒカル(仮名)/26歳

できれば、誰しも人に弱みは見せたくないかもしれません。それにも関わらず、弱みを見せられるということは、相手がよっぽど信頼できる人なのでしょう。だからこそ、自分の弱みを抵抗なく見せられる相手には、深いつながりを感じるようです。

浮気のボーダーラインが一緒

「以前付き合っていた元カノと別れたきっかけは、彼女の浮気でした。元カノが男友だちと2人きりで旅行にいったんです。もちろん、“何もしてない”と言っていましたが、旅行している時点でアウトだと思います。

そんな話を、今の彼女としていたら激しく同意されました。いろいろ話をしていくうちに、浮気に対する意識やボーダーラインがほとんど一緒だとわかりました。

“この人となら絶対に付き合いやすいだろうな”と思い、交際を決めました」ヤス(仮名)/30歳

浮気に対する感覚は人それぞれ違うため、ボーダーラインの違いが揉め事に発展してしまうことも。逆に、その感覚が一緒であれば、相手と揉める要因も1つ減るはず。そこに、運命を感じる人もいるんですね。

価値観の捉え方が似ている

「あるとき男女6~7人で、居酒屋で飲んでいたんですね。そこで、男女の話になりました。1人の女友だちが、“価値観が同じ人がいい”と男性の好みを言ったんです。周りはそれに同感していました。

でも、別の女友だちが、“価値観が同じなんてあり得ない”と。“もしそういう相手がいたとしても、面白くない”と言ったんです。ちょっと変な空気になりましたが、僕は同感でした。

同じ意見の女性がいたことに、軽い衝撃を受けましたね」ツヨシ(仮名)/27歳

価値観について、男女の間で話題に上がることも多いのでは? そんなとき、「価値観が同じ人がいい」というのはお決まりのセリフかもしれません。ただ一方で、価値観が同じよりも、価値観に対する捉え方が似ている相手こそが、恋人に相応しいと考える人もいるようです。

好きな料理と得意料理が一緒

「彼女はあまり料理をしないタイプなんですね。ただ、1つだけ得意料理があるんです。それが、“豚の塩角煮”。

実はそれ、僕の大好物なんです。普通の豚の角煮も好きなんですが、絶対に塩派ですね!

それを彼女に聞いたとき、運命を感じましたよ。なぜ彼女が豚の塩角煮が得意かというと、彼女のお父さんが大好きだったそうです。作ると喜んでくれるので、そればっかり作っていたのだそう」カンジ(仮名)/31歳

好きな食べものが同じだったり、味覚が似ていると、共感し合えますよね。この場合は、彼女の得意料理と、彼の好きな料理が一致。滅多にないことだからこそ、彼は彼女に運命を感じたのでしょう。

“男性が運命の相手だと思った女性の特徴”をご紹介しました。

相手に運命を感じることは滅多にないかもしれませんが、ごくまれに起こり得るようです。もしかしたら、あなたの意見や仕草に対して、そう感じている男性もいるかもしれませんよ。そんな瞬間を、見逃さないようにしたいですね。

©LightFieldStudios/gettyimages
©vitapix/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。