一緒に居ると落ち着く… 男性が「相性がいい」と感じる女性の特徴4つ

山田周平 — 2021.6.26
相性の良さを感じると、相手のことを「運命の人かもしれない」と思うこともありますよね。では、男性は女性に対してどういったときに「相性がいい」と感じるのでしょうか。そこで今回は、男性が「相性がいい」と感じる女性の特徴をご紹介します。

「居心地」がいい

「一緒にいて安らげる女性は、本当に大切な存在ですね。

そういう女性が彼女だったら、ずっといいお付き合いをしていける気がします」(30代・男性・税理士)

いくら好意を抱いていても、いつまでも緊張感が解けない関係性が続いたらどこか居心地の悪さを感じてしまうもの。逆に、一緒にいると落ち着くことができたり、自然体でいられたりすると、居心地の良さを感じて心を許せるようになっていくでしょう。

気配りをすることは大切ですが、相手を気遣いすぎるとなかなか打ち解けることができなくなることも。そういったときは、あなたのほうから自然体で接していくと距離を縮めやすいでしょう。

いつまでも「会話」が続く

「ダラダラといつまでも話をしていられる女性とは、なんとなく気が合う感じがしますね。

長時間ずっと話せる相手って、そんなにたくさんいませんから」(20代・男性・インストラクター)

時間が経つのも忘れてしまうほど、いつまでも話をしていられる相手にはなんとなくウマが合う感覚を覚えるのでしょう。

しかも、それが特に大事な話などではなく、どうでもいい内容のものであっても会話が続くのであれば相性の良さを感じずにはいられないようです。

なにかと「タイミング」が合う

「タイミングが合うかどうかは、今後関係を続けていくうえで重要な気がします。

たとえば、会いたいと思うタイミングなどが合うと、相性の良さをすごく感じますね」(30代・男性・飲食)

相性の良さをはかるうえで、“タイミング”はとても重要なポイントかもしれません。

連絡をしたくなるタイミングや、出かけたくなるタイミング、食事をしたくなるタイミング、切り上げたくなるタイミングなど、こういったものが同じだったり似ていると一緒に行動をするときにお互いが楽なはず。

そのため、「また会いたい」とか「また遊びたい」と相手に思わせることができるのでしょう。

言いたいことを「言い合える」

「お互いに思っていることを言い合えると、ほかの女性とは違う存在として捉えますね。

ちゃんと理解し合えている感じがありますから」(20代・男性・システムエンジニア)

言いたいことをお互いに言い合える相手とは、信頼関係を築きやすいのでしょう。我慢ばかりをしてストレスを溜め込むようなことがないので、変なわだかまりを生むようなこともないはず。

最低限の思いやりは持つべきですが、相手に合わせるだけではなく自分の意見や考えも主張したほうがよりお互いをわかり合え、相性の良さも感じてもらえるかもしれませんよ。

上記でご紹介した男性たちの意見をまとめると、自然体の自分でいられる女性に対して「相性がいい」と思うようです。

ときには取り繕った姿ばかりではなく素の自分も見せるようにすると、相手もあなたに心を開いてくれるはずですよ。

©Oana Szekely/gettyimages
©Erik Reis / EyeEm/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。