元スタバ店員がウルウル感激!…一生忘れられない「スタバ最高の神客」

文・田中亜子 — 2021.3.14
ホスピタリティあふれる接客も人気のスタバですが、スタッフはお客さんからも癒しをいただいているとのこと。元スタバ店員のまゆみさんが「一生忘れられない最高の神客」エピソードを教えてくれました!

元スタバ店員が一生忘れられない、最高の神客とは?

スタバ 神客

スタバといえば、バラエティ豊かなドリンクとフードメニューのほかに、丁寧な接客にも定評がありますよね。いつも笑顔で優しく応対してくれて、嫌なことも忘れそうな心地良い気分になりますが、元スタバ店員のまゆみさんによると、「私たち店員もお客さまから元気をいただいています」とのこと。そこで、まゆみさんが現役時代に出会ったり、現スタッフから聞いたりした「忘れられない最高の神客」エピソードをご紹介します!

「〇〇店にいましたよね?」

まゆみさん 研修時代のことです。働いていた店とは違う店舗で2週間ほど研修していたのですが、それを経て自分のお店に戻ったときに、あるお客さまが、「〇〇店(研修先の店)にいましたよね?」と声をかけてくれたんです。私たちは、何度も通われているお客さまの顔を覚えることは、当然のごとく仕事の一部ですが、お客さまが私を覚えていてくれたとは思いもよりませんでした。覚えてもらえているってこんなに嬉しいことなんだ、と逆に体感した瞬間でしたね。

営業再開時の「待ってました!」

これは、知り合いのスタッフの体験談です。昨春の緊急事態宣言で休業していた店が解除により再開した時に、本当にたくさんのお客さまから「待ってました!」と言われたことが「一生忘れられない」と言います。カップのスリーブ(筒状の段ボールのような断熱材)に書かれた「頑張ってください」というメッセージもいただいたそう。改めて、多くの方々に必要とされているという責任感が芽生え、とても励みになったとのこと。

これはもう仕事冥利につきますよね。この仕事をやっていてよかったと、心底感じるエピソードだと思います。

スタバ 神客

注文時に見せる「ニコッ」

オーダーの時に、笑顔を見せてくれるお客さまに出会うとこちらまで元気になります。些細なことと言ってしまえばそれまでですけど、笑顔ってものすごいパワーをいただけるんですよ。ドリンクをお渡しする時に「ありがとうございます」とわざわざ言ってくださるお客さまも同様です。どちらも本来はこちらがするべき、言うべきことではありますが、やはり私たちも人間ですからかなり癒しをいただいています(笑)。

以上、元スタバ店員まゆみさんによる「一生忘れられない最高の神客エピソード」でした。店員もお客さんも関係なく、すべての人が気持ちよくいられるスタバ時間を過ごしたいですね。笑顔を忘れずにスタバへ行きましょう! 次回もお楽しみに。


文・田中亜子

※混雑時の入店は避け、入店時はソーシャルディスタンスを心がけましょう。


©NurPhoto/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。