観たい作品をいつでも。Amazon Prime Videoで年末年始は映画三昧。

写真・小笠原真紀 スタイリスト・丸本達彦(UNFORM/松下さん) 持田洋輔(白洲さん) プロップスタイリスト・荻野玲子 ヘア&メイク・眞弓秀明(松下さん) 茂手山貴子(白洲さん) 取材、文・望月リサ PR・アマゾンジャパン — 2020.12.25〔PR〕
楽しみにしていた旅行もイベントも、なかなか行きづらいこの年末年始。でも、Amazon Prime Videoがあれば、おうち時間も極上のエンタメ空間に。俳優の松下洸平さん、白洲迅さんのおふたりに、Amazon Prime Videoで観られるおすすめ作品をご紹介いただきました。
Amazon Prime Video とは
豊富な映画やバラエティ、ドラマが楽しめる動画配信サービス。Amazonプライム会員に登録すると、いつでもどこでも数千本を超える会員特典対象作品が見放題です。(月間プラン/月500円、年間プラン/年4900円*共に税込み)

Amazon Prime Videohttps://www.amazon.co.jp/primevideo


(左)白洲 迅さん(右)松下洸平さん

(左から)
白洲 迅さん しらす・じん 1992年11月1日生まれ。東京都出身。主な出演作にドラマ『僕らは恋がヘタすぎる』『6 from HiGH&LOW THE WORST』など。現在、出演映画『10万分の1』が公開中。
松下洸平さん まつした・こうへい 1987年3月6日生まれ。東京都出身。2021年4月開演予定の舞台『カメレオンズ・リップ』、1月期の木曜22時〜のドラマ『知ってるワイフ』(CX系)に出演。

(白洲さん)トップス¥27,000(トローヴ☎03・3476・0787) インナー¥11,000(イロコイ☎03・3791・5033) パンツ¥10,800(レアセル/アドナスト ミュージアム☎03・5428・2458) その他はスタイリスト私物
(松下さん)シャツ¥46,000(MASU☎03・6419・7028) カットソー¥12,800 パンツ¥19,800(共にNEPLA./TEENY RANCH☎03・6812・9341)


家で過ごす時間が増えていろんな作品に出合えた。

松下 定額制動画配信サービスって、この1年でぐっと身近になったよね。僕はもともと映画をよく観ていたのと、お笑いも好きで、最近は出かける準備しながら、芸人さんの番組を流したりしてる。
白洲 僕も、以前から利用してはいたんです。ただ、今年は家にいる時間が多かったんで、お笑いとかアニメも観るようになりました。外に出られない代わり、いろんな作品に出合えた年でもあります。
松下 そうだね。こんなのもって驚くような作品もラインナップされていたりするから。そのなかでも、音楽映画として、ものすごいクオリティで再現されていたのが『ボヘミアン・ラプソディ』。映画館でも観たんだけど、家のテレビで観てもすごい迫力だったよ。
『ボヘミアン・ラプソディ』
松下洸平さん RECOMMEND
『ボヘミアン・ラプソディ』

数々の名曲を生んだバンド〈クイーン〉。そのボーカル、フレディ・マーキュリーの人生を軸に、バンドの結成から伝説的に語り継がれるライブエイドまでを描く。Ⓒ 2020 20th Century Studios.

白洲 クイーンの音楽は聴いたことあるんだけど…。
松下 ぜひ観て! 野外ライブのシーンがあるんだけど、フレディ・マーキュリー役の俳優さん、実際のライブ映像を観て研究したらしく、動きからマイクの持ち方から顔の角度まで完全再現だし。
白洲 泣けるんですか?
松下 オイオイ泣く。フレディは絶対に曲げられない部分を持っていて、突っ走るがゆえに周りの人を傷つけたりもするんだよね。それでも前に進もうとする、その姿から学ぶこともあるし、クイーンを知らなくても楽しめると思う。
白洲 僕のおすすめは『ホリデイ』です。これ、ちょうどいまの時期くらいのお話なんですよね。失恋した女性ふたりが、お互いの家を交換して、そこで起こるラブロマンスなんですけど…。
『ホリデイ』
白洲 迅さん RECOMMEND
『ホリデイ』

LAで映画の予告編製作会社を経営するアマンダと、ロンドンの新聞社に勤めるアイリスが、互いの家を交換し休暇を過ごすことから起こるラブストーリー。Ⓒ 2006 columbia Pictures Industries, Inc. and GH One LLc. All Rights Reserved.

松下 前に観たことある。人生をリセットしたくて家を交換するって設定がダイナミックだよね。
白洲 それは僕も思った。でも、ふたりの女性たちに起こることは誰しもが経験するようなことだし、感情移入しやすいと思うんですよ。
松下 男の僕らから見ると、身につまされる部分もあるけどね…。
白洲 (笑)。この映画は、新しい愛だけじゃなく、色あせたり失ってしまった愛とか、いろんな愛が描かれるんです。観る人の年齢や経験によって刺さる場所も感じることも変わると思う。僕は、キャメロン・ディアス演じるアマンダがジュード・ロウ扮するグレアムと彼の娘たちと4人で、子供部屋のテントに寝っ転がるシーンが好き。心があったまるというか…。
松下 もし迅が人生をリセットしたくなったら一応俺に言ってみて。ティッシュはトイレの上の棚に、ウェットのフロアワイパーは玄関のところにあるからね。
白洲 わかりました(笑)。

観る人の年齢や経験で
感じ方も変わると思う。
(白洲 迅さん)

白洲 迅さん

手軽に観られるのが、定額動画サービスの魅力。

松下 『検察側の罪人』は、『燃えよ剣』という映画で原田眞人監督とご一緒させていただくことになって、撮影の前に観たんだけど、いい意味で容赦ないなって思った。木村拓哉さんと二宮和也さんが、ものすっごくリアルな芝居合戦を繰り広げてるんだけど、これがすごい迫力でさ。後々、監督と、この映画の話をしたら、なんと二宮さんが容疑者の男を責め立てるシーンが、ほぼふたりのアドリブだったと聞いて衝撃的で。でもおかげで、『燃えよ剣』では自分から率先して前に出ていけたんだよね。あと、木村拓哉さんがカッコいいのよ。俳優としてもだけど、男としても勉強になる。
『検察側の罪人』
松下洸平さん RECOMMEND
『検察側の罪人』

都内で起きた犯人不明の殺人事件。その容疑者のひとりをめぐり、東京地検刑事部のエリート検事の最上と、駆け出し検事の沖野が、互いの正義を戦わせる。Ⓒ2018 TOHO/Jstorm

白洲 “カッコよさ”を見せるのって、じつは難しいですもんね。
松下 この映画には大きな嘘があって、それがいろんな人を巻き込んでいくのね。自分の中の正義のために嘘をついていて、そのうちにだんだん嘘をついてる実感がなくなっていく。そこがすごく生々しいんだけど、木村さんが演じるとカッコよくって。そして何より、ラストのどんでん返しね。気付けば手汗でビショビショだから。
白洲 手に汗握るといったら僕の『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』も。主役のふたりが犬猿の仲なのにタッグを組んで戦うことになるんです。アクションももちろんだけど、ふたりの舌戦が…。
松下 言葉なんだ。

容赦ない芝居合戦に
衝撃を受けました。
(松下洸平さん)

an2231-amazon-3

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』
白洲 迅さん RECOMMEND
『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

現在、第8作まで製作の大人気シリーズのスピンオフ。元DSSのホブスと元MI6のデッカード、史上最強に仲の悪いふたりが任務のためにタッグを組むが…。Ⓒ2019 UNIVERSAL CITY STUDIOS PRODUCTIONS LLLP. ALL RIGHTS RESERVED.

白洲 そのふたりの、まあ息の合うこと。ビルから飛び降りながら小競り合いしながら敵と戦うって。
松下 どっちかにしてほしい(笑)。
白洲 ドウェイン・ジョンソンは、すごいガタイがいいのに、劇中でウィンクするのがキュートだし、ジェイソン・ステイサムは、色気がすごいし、ちょっとした芝居も表情が豊かなんですよね。あと、アクションだけじゃなく、彼らの家族の話も入ってきて、いままでのワイスピとはひと味違います。
松下 そうなんだ。こうやって話してて興味を惹かれたら、手軽に観てみようってなれるのが定額制動画配信サービスの便利なところだよね。いま昭和の映画にも挑戦したくて。
白洲 僕は、次にバラエティに出させていただく時の勉強の意味でも、芸人さんの番組を観たいかな。


その他のおすすめ作品

『君は月夜に光り輝く』

『君は月夜に光り輝く』
Ⓒ2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会

大切な人と一緒に観たい清々しいラブストーリー。

高校生の卓也(北村匠海)は、クラスの寄せ書きを届けに行った病院で、入院中の同級生・まみず(永野芽郁)と出会う。細胞異常による不治の病で病院から出ることを許されない彼女から“叶えられない願い”を代わりに実行する代行体験を依頼された卓也。その代行体験を重ねるうちに、ふたりは惹かれ合っていく。最初はただの同級生でしかなかったまみずのために必死になる卓也の優しさと、自らの命が長くないことを知りながらも明るさを忘れないまみず。そんなふたりの姿が切なくも心温まる。号泣必至のラブストーリー。
an2231-amazon-f

原作は、電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜さんの同名小説。映画『君の膵臓をたべたい』などで知られ、美しく儚い青春と恋を繊細な映像表現で魅せる月川翔さんが監督を務めた。限られた人生の時間を、誰とどんなふうに過ごすのか。大切な人と観たい一作。


プレゼントキャンペーン開催中

Amazon Prime Video公式アカウント(@PrimeVideo_JP)をフォローし、「#年末年始に観るべき推し作品」をつけて、おすすめしたい作品を投稿すると、参加者のなかから抽選で100名様にAmazon ギフト券1000円分をプレゼント。キャンペーン期間は2021年1月11日まで。詳しくは公式ツイッターアカウントにて!

@PrimeVideo_JP


問い合わせ先・アマゾンジャパン合同会社
https://www.amazon.co.jp/contact-us
Amazon、Prime Video およびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。


※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。