恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【今さら聞けない】インスタ再入門! 写真を投稿して#ハッシュタグを付けてみよう

文・宍戸沙希 — 2020.4.29
いまや情報の収集や交換のメインツールとなってきた“Instagram”。ほとんどの女子がオシャレや生活情報のために使っていると思います。でも実は、アプリ並に画像加工ができたり、今いるエリアの飲食店を探せたり……便利な機能がたくさんあるんです。そこで、知っているようで知らない“Instagram使い方”をインスタの達人に聞いてみましょう!

「Instagramに写真を投稿してみよう」

Instagramは使っているものの、“見る専用”になっていて自分で投稿をしたことがない、という人も多いのでは? でも、投稿してみると昔の友人と繋がれたり、新しい趣味のコミュニティが広がったり……女子にとってもうれしいことがたくさん!
今回は、インスタグラムのマーケティング方法を企業や個人に指導している堀越大樹さんに、Instagramの初心者向けに写真を投稿する方法について伺いました!

Instagramをはじめる

“Instagram”のアプリをダウンロードしたら、まずはプロフィール写真を設定してみましょう。

画像①

次のように表示されるので、好きな写真をチョイスしてください。

Facebookからインポート→Facebookと連動したら、投稿している写真を取り込める
写真を撮る→リアルタイムで撮影する
ライブラリから選択→カメラロールから選択できる

画像②

写真を設定すると、次のようにアイコンとして表示されます。
(プロフィール写真の選択はスキップすることも可能!)

画像③

これで準備は完了です!

写真を投稿してみよう

次に、写真を投稿してみましょう。
ホーム画面を選択し、下の真ん中にある「+」マークをタップ。

画像④

投稿したい画像を選択します。

画像⑤

複数枚選択したい場合は、写真の右下のボタンをタップ。
(10枚まで選択可能)

画像⑥

写真を選択したら、右上にある「次へ」をタップ。

画像⑦

下の一覧でフィルターを選択します。
(1枚1枚異なるフィルターをかけることができます)
薄くピンクがかるのが特徴の「Mayfair」や、青みをきれいに強調してくれる「Hudson」、ノスタルジックな雰囲気が増す「Valencia」が女性に人気です!

画像⑧

フィルターを選択したら、「次へ」をタップ。
「キャプションを書く」という欄に投稿したい文章を打ち込みます。
文字数は2,200字まで、絵文字を使用することもできちゃいます♪

画像⑨

文章を打ち込んだら、右上の「シェア」ボタンで投稿完了です!

画像⑩

ハッシュタグをつけてみよう

次は検索するときによく使われる「ハッシュタグ」のつけ方を教えます!
ハッシュタグは、言葉の先頭に半角の「#」(ハッシュ)を付けたものです。

投稿に付けられたハッシュタグを読者がタップすると、同じハッシュタグを付けた他の人の投稿も表示されます。
人気のハッシュタグを付ければ、自分のフォロワー以外の人にも投稿を読んでもらうことができます。

1単語入力したら半角開け、続けて複数のハッシュタグをつけることができます。
(1つの記事に対して最大30個まで)

画像⑪

多くの人に投稿を見てもらうには、できる限り多くのハッシュタグをつけるのがおすすめ。
いろんな人が調べそうなワードを考えてつけてみましょう!

また、英語でのハッシュタグは海外からのスパム(迷惑投稿)と誤解されてしまう恐れがあるので、なるべく日本語でつける方がベターです!

他の人の投稿にいいねやコメントをしてみよう

投稿されている記事を開き、ハートマークをタップするといいねがつきます。

画像⑫

コメントをするときは、「吹き出し」ボタンをタップ。

画像⑬

入力欄にコメントを打ち込み、「投稿する」ボタンを押します。

画像⑭

するとコメントが反映されます。
コメントをしたら、相手に通知が届きます。

これで写真を投稿する操作はひと通り完了です♪

注目のハッシュタグ

ここで最近注目のハッシュタグをご紹介!
外出自粛要請が続いている今、「#おうち時間」や「#おうち時間を楽しむ」など、自宅で有意義な時間を過ごし、その生活をシェアしよう! という動きが広まっています。

「#うちで踊ろう」や「#おえかきリレー」など、ひとつの動画をシェアするのも話題!

ハッシュタグだけでなく「おうち時間」や「今日の感謝」と書かれたスタンプをストーリーズに貼り付けて投稿する人もたくさんいるので、みなさんも検索しておうち時間に活用してみてはいかがでしょうか?

Infotmation

堀越大樹/株式会社アンドゼン代表
インスタグラムの運用やコンサルティング、インフルエンサーのマーケティングを展開。「ananweb」のインスタグラムなどを運用している。

©Natee Meepian / Shutterstock