恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

LINEの画像加工が便利すぎる! もう加工アプリは要らない!?

写真・大内香織 文・宍戸沙希 — 2020.2.21
“LINE”アプリでは、トークや通話機能をメインに使っていますよね? でも実は写真加工機能がとても充実しているのです! そこでLINEの社員であるりょかちさんに、知っておくと超便利な写真加工機能について3回に分けて教えてもらいます。

【LINE連載】 vol.8

「LINEの写真加工機能を知りたい!」

pixta_22554995_M

「SNSにアップしたい画像があるのですが、拡大すると人の顔が写ってしまっていて……これって、加工でぼかすことができますか?」(カナ/30歳)

画像に落書きをしたり、トリミングをするときは、画像加工アプリを使っている人が多いでしょう。実は、LINEだけでも加工は簡単にできちゃうんです! LINEで加工すると、すぐにトークに送れて超便利。今回はりょかちさんに、その方法をレクチャーしてもらいます。

写真に落書きをする

まずは、写真に落書きをしてみましょう!
トーク画面を開いて、一番下の「カメラロール」または「カメラ」(そのときに撮影する場合)をタップ。

画像①

加工したい画像を選択します。

落書きをする場合は、上の「ペン」のマークをタップ。

画像②

左端中央でペンの太さを選択、一番下で色を選択、左下を長押しでペンの種類(下が通常の1色ペン、上がネオンカラー)を選択できます。

画像③

カナさんにオススメしたいのが、ペン機能のなかにあるモザイクで写真をぼかす機能。
写真上部中央にある囲み部分をタップ。

画像④

モザイクを2種類から選択し、隠したいところを塗りつぶします。
(ペンと同じように、左端で太さを選ぶこともできます)

画像⑤

これで、ぼかした写真に加工することができます!

「ペン」、「モザイク」以外に、写真上部中央の右端にある「四角」マークは、囲みなどをつけることができます。

画像⑥

左下の「四角」ボタンを長押しすると、このようにマークが4種類出現。

上から順に、矢印、傍線、丸、四角にマークできるので、こちらも使ってみてください!

画像⑦

画像をトリミングする

画像の落書きやモザイクをかける方法がわかったら、次に、画像を好きな位置で切り取ることができる「トリミング」の方法を教えます!

トーク画面からトリミングしたい画像を開いたら、画像上部の囲み部分をタップ。

画像⑧

手動でトリミングをしたい場合は、四隅にある白いマークをトリミングしたい位置に動かすと、好きな範囲で画像を切り取ることができます。

画像⑨

画像を小さくトリミングすることもできます!

image

トリミングしたい位置が決まったら、右上の「完了」ボタンをタップ。

また、手動でトリミングする以外にも、「回転」したり、「縦横比」を選択したりすることもできます。

画像⑩

トリミングを選択したら、右下の「送信」ボタンでトーク画面に送ることができ、左下の「↓」ボタンで保存することができます。

画像⑪

保存しないと加工済みの画像は破棄されて、加工前の写真に戻ってしまうので注意が必要です!

りょかちが教える、画像自動保存の裏技

●DSC_3429

LINEで送られてきた画像は、開いて確認するもののついつい保存するのを忘れがち。
vol.6でお話した「ノート」に投稿するのも手ですが、送られてきた画像を自動で保存する方法もあるんです♪

とっても便利! 「ノート」の使い方はこちらをチェック!

まずはLINEのホーム画面を開き、左上の「歯車」(設定)ボタンをタップ。

画像⑫

「設定」の中の、「写真と動画」マークをタップ。

画像⑬

「写真を自動ダウンロード」をオン。

画像⑭

すると、送られてきた画像が自動的にカメラロールに保存されます。
ただし、Wi-Fi接続のない場所でも自動的に保存されてしまうので、データ通信量などには注意してください!

Information

りょかちプロフィール

りょかち/ウェブプランナー
1992年生まれ。LINEで働くかたわら、“自撮ラー”としてSNSで注目を浴び、webメディア等でも活躍中。若者とインターネット文化の関係についてなど、多く寄稿している。近著に『インカメ越しのネットの世界』(幻冬舎plus)がある。

LINEみんなの使い方ガイド

「LINEみんなの使い方ガイド」では、LINEの基本操作から便利な活用術を紹介中。
https://guide.line.me/ja/

※この記事で紹介するやり方は2020年2月21日時点の方法です。
※この連載で紹介するやり方はiPhoneの場合です。Androidはやり方が異なる場合があります。

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

美は競争ではない #NOCOMPETITION 参加しなくていい競争とは?-PR

©Fast&Slow/PIXTA(ピクスタ)