恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

既婚者のくせに…不倫男が彼女に送る「理不尽束縛LINE」3つ

文・並木まき — 2019.4.20
不倫関係にありながら、浮気相手の女性を束縛したがる男性は少なくありません。そんな男性たちから届く謎のLINEを、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきがご紹介します。

1:「そんなに俺以外からもモテたいの?」

「直属の上司と不倫していたとき、彼の嫉妬深い性格のせいで仕事に支障が出ていました。

彼が見ているところで他の男性と会話をしていると、たとえそれが業務上の会話でも、『他の男と話すなよな』と文句のLINEが届きました。

『お前、そんなに俺以外からもモテたいの?』といったLINEが届くこともありました。

嫉妬されること自体は悪い気はしませんでしたが、仕事に悪影響なのはイヤでしたね……」(28歳女性/デザイン)

業務上の会話も制限されるとなると、仕事も進めにくい。迷惑ですよね。「俺の女」という意識が強い男性ほど、束縛が激しくなるのかもしれません。

2:「お金あげるから、服買って着替えて」

「ひとまわり年上の、職場の社長と不倫をしていたころは、会社に着ていく服を選ぶのもひと苦労でした。

膝が見える丈のスカートで出社すると、すぐに彼からLINEで『今日のスカート、短すぎる』『お金あげるから、服買って着替えて』というLINEが届いていましたね。

その嫉妬心を利用して、金欠のときには、わざと彼が嫉妬するような恰好をして、お小遣いをもらっていました。

不倫関係を清算し、その後会社はやめたのですが、あの社長どうしてるかなぁ~とたまに思い出します」(31歳女性/不動産)

好きな女性の服装が気になる男性は多いもの。ただ、お金を渡してまで着替えさせるとは、並みの嫉妬心ではありません。

3:「彼氏は僕だけだからね」

「40代の既婚先輩と不倫をしていましたが、自分は結婚しているくせにやたら嫉妬深くて大変でした。

彼は子どもが小さいから離婚はできないと言いつつ、私に彼氏ができるのを極端に恐れていて、いつも『彼氏は僕だけだからね』『飲み会には行かないで、僕だけを見ててね』『週末も出かけないでね』といった、重めのLINEを頻繁に送ってきていました。

最初のうちは彼の言うことをきいていましたが、だんだんと馬鹿らしくなり、結局、彼氏を作って先輩とは別れました」(32歳女性/研究機関)

既婚であることを棚に上げ、嫉妬心を露わにしてくる男性も。最初は嬉しくても、だんだんと鬱陶しく感じる女性が多いでしょう。

結婚しているにもかかわらず、まるでシングル同士の恋愛かのように、嫉妬してくる男性もいるようです。家庭のある身でこんなLINEをするなんて、一体どんな神経をしているのでしょうか……。

「不倫の実態」をもっと覗き見!_バナー

電気代が安くなる…今ドキ女子が気軽にやってる「節約エコ術」9選

© WilmaVdZ / shutterstock
© fizkes / shutterstock
© tommaso79 / shutterstock