恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

男心を掴むイイ女…!傷心中の男を救った「励ましLINE」3つ

文・塚田牧夫 — 2018.3.10
誰であろうと、傷付くことはあります。そんなとき、優しくして欲しいし励まして欲しいと思うでしょう。それは男女ともに言えること。でも、直接伝えるよりも、文章のほうが心に深く突き刺さる場合があります。そこで男性たちに、“傷心中に救われたと感じた女子からのLINE”というテーマでいろいろ聞いてみたのでご紹介します!

「けっぱれ!」と地元の言葉で

shutterstock_781509568

「ずっと北海道に住んでいたのですが、一年前に仕事の関係で離れることになりました。彼女がいたんですが、距離もあるし、仕事が成功するかどうかも分からないので、別れてしまったんです。

でも、正直キツいことばかりで、あるとき彼女に連絡してしまったんです。“帰ろうかな……”と泣き言をLINEで送ってしまいました。どこかで、喜んでくれるかもしれない……という気持ちもありました。

すると、返信が来ました。“けっぱれ!”とひと言だけ。“けっぱれ”というのは、“頑張れ”という意味です。実際、日常会話ではほとんど使われない言葉なんですが、なんかジンときたんですよね。

彼女の悲しみとか決意とか、色んな気持ちが詰まっているような気がして……。甘えてたなと……反省し、気を引き締め直しました」ライト(仮名)/27歳

「一年待ちの店なんだからね」と食事の誘い

「昨年、五年間勤めていた会社を辞めました。理由は色々ありますが、本当は辞めたくなんてなかった。しかし、辞めざるを得なかった……。

正直、めちゃくちゃ悔しかったんです。そんな愚痴を周りにこぼしていたら、ある女友だちからLINEが来ました。“食事に行こう”と言うんです。

励まそうとしているのは嬉しかったんですが、そのときは素直になれなかったんですよね。一回断っちゃったんです。そうしたら“一年待ちの店なんだからね”と。

なんでも超人気店らしく、一年前に予約を取っていたんだそう。もともとは彼氏と行く予定だったけど、最近別れてしまった。キャンセルするのももったいないので、相手を探していたと。

別れたばっかりでその子もつらかったろうに……。なのに俺のことを気に掛けてくれて……感謝です!」タツム(仮名)/29歳

「空を見て」と送ってくれた写真に…

「三年付き合った彼女と別れたときです。まあ、僕がフラれたんですけど……。それで、友だちが慰め会を開いてくれたんですよね。

飲んで騒いで、いったん悲しみは収まるんだけど、終わってみんないなくなるとやっぱり寂しくなる。すると、そこに参加してた女の子からLINEが来たんです。

“空を見て”というメッセージと一緒に、写真が送られてきました。これはきっと、“大きな空に比べれば、自分の悲しみなんてちっぽけなもの”というふうに解釈すべきものだと思いました。

しかし、違った。“拡大してよく見て”と送られてきました。確かに、綺麗な青い空の中央あたりに、小さな白い物体のようなものが浮かんでるんです。明らかに雲ではない……。

続いて“UFO?”と。拡大してみると、そう見えなくもない。思わず笑っちゃいましたよ。幾分か心も楽になりました」ケンゴ(仮名)/30歳

“傷心中の男を救った女子からの励ましLINE”をご紹介しました。

傷付いたり、落ち込んだりしている人に言葉をかけるのはなかなか難しい。相手を思ってひねり出した言葉が、まったく響かない場合もあります。

なのでこういったLINEを参考に、軽く励ましてあげましょう。救われた……と思われたら儲けもの! こっちもそのぐらいの軽い気持ちでいいかもしれません。

#恋愛 記事、
#LINE 記事を、もっとみる。

#ちょっとエッチな記事 もチェック……!?

男子幻滅…! 「乾燥かぴかぴ肌」を「もちぷる肌」にする方法 – PR

(C) silverkblackstock / Shutterstock
(C) RossHelen / Shutterstock
(C) sek_suwat / Shutterstock