恋愛世代のリアルを発信。

話題のディズニー映画最新作。美人姉妹がヒロインの『アナと雪の女王』が、おススメすぎる♡

2014.2.25
【TOKYO今ココ総研】vol.3 文・五位渕のぞみ(no.158) 「今ココがアツい!」と話題の東京スポットを アンアン総研メンバーが訪れる「TOKYO今ココ総研」。今回...

【TOKYO今ココ総研】vol.3 文・五位渕のぞみ(no.158)

「今ココがアツい!」と話題の東京スポットを アンアン総研メンバーが訪れる「TOKYO今ココ総研」。今回は総研メンバーから丸山寛子さん(no.109)とわたくし五位渕のぞみ(no.158)の2人で、3/14(金)2D/3Dロードショー予定の映画『アナと雪の女王』の試写会に行ってきました!

『アナと雪の女王』

話題のディズニー映画最新作。美人姉妹がヒロインの『アナと雪の女王』が、おススメすぎる♡ ディズニー創立90周年記念作品として誕生した、ディズニー初のWヒロインが贈るドラマティック・ミュージカル! 「凍った世界を救うのは――真実の愛。ふたりの⼼はひとつだった。姉エルサが“秘密の⼒”に⽬覚めるまでは…。」という気になるコピー。秘密の力? 真実の愛!? 早くみたい!

試写会会場に潜入!!

話題のディズニー映画最新作。美人姉妹がヒロインの『アナと雪の女王』が、おススメすぎる♡ ディズニー作品の最新作とだけあって、入り口でミッキーが出迎えてくれました♡ 左が丸山寛子さん、右がわたくし五位渕のぞみ。

話題のディズニー映画最新作。美人姉妹がヒロインの『アナと雪の女王』が、おススメすぎる♡ 中にもミッキー・ミニーのぬいぐるみや、ディズニーのフィギュアなどがところどころに飾ってあり、シアター室に入るまでも気分が益々高まりました。

話題のディズニー映画最新作。美人姉妹がヒロインの『アナと雪の女王』が、おススメすぎる♡ 今回の『アナと雪の女王』のフィギュアもありました。

話題のディズニー映画最新作。美人姉妹がヒロインの『アナと雪の女王』が、おススメすぎる♡ 試写会場は「ドルビーサラウンド 7.1」という音響を使用。よりドラマチックな臨場感を体感できる音質で映画を楽しめるそう! ミュージカル映画は”歌声”の迫力もそ魅力のひとつ。音質が良いとのことを上映前に知ることができて、さらにドキドキ…!

短編映画『ミッキーのミニー救出作戦』

同時上映今回の映画は、実は2本立て。本編「アナと雪の女王」の前に『ミッキーとミニ-救出作戦』が上映されました。約6分の映像は、昔なつかしのモノクロムービーから現代風のカラーで立体的なアニメーションが、1本の作品の中で見事に融合していました。ミッキーとミニーの安定のラブラブっぷりが伝わる、かわいい作品です。本編上映前の短編映画は、コース料理の前に美味しい前菜を食べたような、おトクな感覚になりました。笑

映画『アナと雪の女王』(2D日本語吹き替え版)、ここがおもしろかった!

☆映像がキレイ!

タイトルにもある「雪」や氷の映像は、実写と見間違える程の繊細な美しさでした。キャラクターの表情や仕草の一つひとつが細かく丁寧に表現されていて、アニメであることを忘れてしまうほどのクオリティでした。

☆キャラクター設定とテーマ

登場人物もそれぞれ個性的で魅力的。天真爛漫、おでんばガールなアナと、クールビューティだけど実はとっても愛情深いエルサ。対照的な2人のヒロインはどちらも素敵です。映画を一緒に見た人と、「あなたはどっちが好き?」と話したくなります。

『塔の上のラプンツェル』の時も同じ事を感じましたが、王子様を健気に待ち続ける、お姫様ヒロインの時代は終わっていることを感じました。自分の人生を自分で切り開く強い女性がヒロインの今作品は、女性としてもとても共感できる部分がありました。本編のテーマは「真実の愛」。登場人物の葛藤や苦悩、そしてそれを乗り越えて行く姿は観た人たちを感動させてくれます。

☆歌、声、曲がすばらしい!

私たちが今回観たのは日本語吹き替え版でした。個人的にはアナ(神田沙也加さん)の顔と歌声が可愛くて、ドストライク! ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」などにも出演しているだけあって、その歌声はさすがです。 姉のエルサの声を担当したのは、松たか子さん。主題歌「Let It Go」のメロディを歌う、芯のある美声は圧巻でした。音での感動を味わうなら、絶対に映画館で観ることをおすすめします。 (サントラは全米ビルボードチャートで“ビヨンセ”や“エミネム”などを抑えて1位になったとのこと。私も絶対買いたい!!)

☆動物のキャラクターもとってもキュート。

雪だるまのオラフ、トナカイのスヴェン、一見岩にしか見えない谷に住む妖精のトロールたち。見た目はもちろん、動きもキャラクターもホント可愛くて面白くて、本当に最後まで飽きなかったです。ストラップにして持ち帰りたくなりました。

☆北欧の世界観、ファッションがかわいい!

ディズニー長編映画アニメーション初の女性監督ということもあって、アナやエルサの衣装や小道具、ヘアスタイルにまでこだわりを感じました。衣装もメイクもハロウィンにコスプレしたい!!!と既に思うほど可愛かったです。

今回の試写会では2Dで観たのですが2Dでもとても映像が綺麗だったので、映画が公開されたら絶対に3Dで観に行こうと思います。みなさんも、ぜひ観てみてくださいね♪

以上、【TOKYO今ココ総研】vol.3でした〜!

映画情報

『アナと雪の女王』ディズニー初のWヒロインが贈るドラマティック・ミュージカル!
3月14日(金) 2D・3Dロードショー

■監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
■製作ピーター・デル・ベッチョ 
■製作総指揮ジョン・ラセター
■原案クリス・バック 
■原題 Frozen
■配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
■公式サイト  http://www.disney.co.jp/movies/anayuki/
©Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.