アンアンからニュースを配信します!

【恋愛】“ワリカン”で恋が冷める? 男性脳攻略法

2017.3.1
「恋愛は、女性脳が裏で上手に導いていかないとダメ」と脳科学コメンテーターの黒川伊保子さん。

気になる彼ができたら、女性脳をフル稼働させて自分のペースに持ち込むべし。まずは、男性に恋心を芽生えさせるためのアプローチ法をマスターしよう。

恋愛脳

発情力の高い女子と一緒に過ごす。

「“生理がうつる”という経験がある人も多いのでは? これは、身近な同性のホルモンに少なからず影響を受けているから。人間ももともとハーレム型の哺乳動物であるため、こういったことが起こるといわれています。例えばライオンは、子供の生存可能性を上げるために、一斉に発情して生殖し、子を産んで一緒に子育てするんですが、人間にもその名残があるというわけ。だから現代なら、女性ホルモン値が高く“発情力の高い女子”と一緒に過ごしていると、自分の女子力も上がる可能性が大ってこと。惚れっぽい友達とは、積極的にツルんで」

恋がはじまったら間をあけずに会う。

好きな人ができて、相手もまんざらでもなさそうなら、男性から誘ってくるのを待っていてはダメ。

「デートに誘えそうなきっかけがあれば、すぐに成約させることが重要。具体的に日にちと内容まで決めてしまいましょう。明るく当然のように提案すれば、相手もこっちのペースに呑まれていくから、ウザがられるかもなんて心配しないで。男性にとって“付き合う”ということは“習慣”なんです。“気づいたら毎週彼女と美味しいものを食べてるな”と思わせたらこっちのもの。だから、デート中に必ず次のデートを仕込むこと」

ワリカンにしない。

ワリカンが、男の恋愛感情を冷めさせる原因になる可能性も。「恋愛感情が湧く脳の回路と、数字や計算を扱う回路は水と油。ワリカンによって、数字を口にした途端、性欲中枢は一気に冷めますので気をつけて。また、貸し借りが行き来してこそ関係は強化されます。特に異性なら、してもらうことより、やってあげたことの方が実は脳は満足を得られるもの。だから彼に奢ってもらうのがベスト。ただ、自分から誘った初回は、『私が 奢るね。一緒にいてもらって嬉しかったから』と爽やかに。いい男なら『次からは僕が…』となります。そして、奢ってもらったら、もちろんお礼はしっかり言うようにしましょう

黒川伊保子さん 脳科学コメンテーター、「感性リサーチ」代表。人工知能の研究に従事したのち、世界初の語感分析法を開発。『女は覚悟を決めなさい』(ポプラ社)、『恋愛脳』(新潮文庫)など、著書多数。

ブラウス¥16,000※4月入荷(アクアガール/アクアガール丸の内TEL:03・5220・7079) ピアス¥22,000(アガットTEL:0800・300・3314)

※『anan』2017年3月1日号より。写真・倭田宏樹(TRON) スタイリスト・武政 ヘア&メイク・浜田あゆみ(MELANGE) モデル・遠藤新菜 文・板倉ミキコ

(by anan編集部)

【人気記事】
結婚と何が違う? “事実婚”の真実!
坂口健太郎が女子中学生から受けた指摘とは? 意外な事実発見…
“嫌婚”だけど好きな人と一緒にいたい…変わりゆく結婚観