アンアンからニュースを配信します!

インドアなandropがCreepy Nutsと新作コラボで「ウェイ!」

2017.9.4
andropのニューシングル『SOS!feat. Creepy Nuts』は注目を集めているCreepy Nutsとのコラボレーションということで、内澤崇仁さん(androp)とR-指定さん(Creepy Nuts)のお二人に話をうかがいました。
MUSIC

彼らと一緒だからこその「やっちゃえ感」が出ました。

今年の夏も各地でフェスやイベントで熱いライブを届けているandrop。ニューシングル『SOS! feat. Creepy Nuts』は、今やヒップホップ界隈のみならず多方面から大きな注目を集めているCreepy Nutsとのコラボレーション。

「僕らがまだアンダーグラウンドな活動をしていた頃にandropの前田(恭介/Bass)くんがフリーライブを観に来てくれて。びっくりしましたけど、すごくラフな感じで接してくれたので、色んな相談に乗ってもらったりしていたのがきっかけです」(R-指定)

「僕もCreepy Nutsの存在は知ってて、怖い人かと思ってたんですけど、物腰柔らかくてちゃんと挨拶してくれて。イメージとのギャップにびっくりしました」(内澤)

「みんなフリースタイルでバトルしてるイメージが強いと思うんですけど、日常生活からあんなだったらヤバい奴ですよ(笑)」(R-指定)

念願叶っての共同作業、楽曲のテーマは“夏”。完成したのは爽快なメロディラインとラップが掛け合うド派手なサマーチューン。これまでのandropのイメージを打ち破るようなハジケっぷりに驚かされる。

「打ち合わせでandropのほうから『バカなことがやりたい』と提案されて。その結果、どちらでもやってなかった世界観の曲ができました」(R-指定)

「今回はCreepy Nutsと一緒だからこそ『やっちゃえ感』が出たんだと思います(笑)」(内澤)

タイトルの「SOS!」は“サウンズ オブ サマー”の略。≪ハッシュタグはウェイ!≫なんてハイテンションなワードが飛び交いつつも、夏を楽しめない人も巻き込む夏ソングに仕上がったのは彼らならでは。

MUSIC

「実は全然、夏が好きじゃないんです(笑)。僕は、浴衣を着て夏祭りデートとかしたいけど行けないから嫌いになったタイプ」(R-指定)

「僕もインドア派(笑)。夏を楽しんでる人も、楽しめない人も、共存してるのが世の中。そこを掘り下げることで物事は自分の心次第で面白くもなるし、つまらなくもなるという普遍的なメッセージに繋がるんじゃないかなと思ったんです」(内澤)

そして楽曲制作以上に大変だったというMVもぜひチェックを。アロハシャツにグラサンではしゃぐandropのメンバーが新鮮だ。

「MVはショウダユキヒロ監督にお願いしたんですけど。打ち合わせは撮影の前日で『何も決まってないので今から自分たちで考えてください』と。焦りましたけど、それこそが監督の狙い。自分たちの殻を壊したいと思ってた僕らが、自分たちでアイデアを出して殻を壊せるようにしてくれました」(内澤)

「大雨の中、朝6時集合。でもandropは自前のウェットスーツや浮輪持参でノリノリでした(笑)。行き当たりばったりなことをやっちゃう豪快さ。ロックバンドの人たちがマジでロックやな、というのと同じ感覚で、この人らマジでヒップホップやなと思いました」(R-指定)

うちさわ・たかひと andropのVocal&Guitar。2009年にアルバム『anew』でデビュー。多種多様な要素を取り入れた音楽性と、緻密なバンドアンサンブルで人気を博す。映像効果にこだわった幻想的かつ完成度の高いライブにも定評がある。

アールしてい DJ松永とヒップホップユニット、Creepy Nutsとして活動中のラッパー。テレビ番組『フリースタイルダンジョン』のMCバトルで圧倒的スキルを披露し注目を集めた。

既にライブでも披露されているカップリングの「Sunrise Sunset」はandrop初のレゲエ・ナンバー。【初回限定盤CD+DVD】¥2,300【通常盤CD】¥1,200(UNIVERSAL MUSIC)

※『anan』2017年8月30日号より。写真・小笠原真紀 文・上野三樹

(by anan編集部)


【人気記事】
「髪のかき上げ」はNG? AV男優が教える”最中の極意”


【生々しくてちょっと…】不倫関係男女の「LINE覗き見」3連発
【経済的でしかも美肌に】「脱毛の悩み」を美容家と街頭インタビュー! – Sponsored
【今始める女がモテる!】痛くない・早い・安い「脱毛サロン」とは?
目の調子が良くない人必見! “軽やか瞳ライフ”をはじめよう
田中圭さん登場!美しい髪になる魔法をかけて!