恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

女の幸せに、男ウケはいらない!?

2015.11.2 — Page 1/2
結婚の費用対効果とか少子化だとか、いろいろ世間は騒がしいけれど、相変わらず未婚率は高いし、いったいアラサー女子はどこを目指しているのだろう。もはや死語になりつつある男ウケだが、私たちが幸せになるには、何を目指せばいいんだろう?

anan_bana 仕事に美容に恋愛に、女の人生ってけっこー大変! 私はこのままでいいのかな? 幸せになれるかな? そんなモヤっとした悩みを浄化し、毎日がもっと楽しくなる痛快エッセイを、毎週土曜日お届けします。

結婚の費用対効果とか少子化だとか、いろいろ世間は騒がしいけれど、相変わらず未婚率は高いし、いったいアラサー女子はどこを目指しているのだろう。もはや死語になりつつある男ウケだが、私たちが幸せになるには、何を目指せばいいんだろう?


【恋愛はしたいけれど1mmも傷つかずに生きたい】vol.15

なんだかハロウィンをみていると、年々ものすごいヘンな盛り上がり方に進化しているなぁと思ったりする。イチャモンをつけたいわけじゃない。大人のハロウィンコスプレは、普段それぞれが外に出せない自分らしさや変身願望が、お祭りを口実に弾けているなと感じるからだ。ハメを外すタイミングをみんなうかがってるんじゃなかろうか。

冷静に考えて、アラサーのコスプレ姿なんて、キメキメにしたって誇れるものじゃありません。きっとやってる本人たちだってSNSにアップこそすれど、その自覚はあるのではないか。自分のためにやって、自分のためにハジけた思い出を記録して、友達と共有しあってテンションを上げる。ましてやここに男ウケや、モテの要素なんて、もしあったらラッキー程度にしか考えてないんじゃないだろうか。

最近もっぱらオシャレも遊びも、男ウケより自分ウケが大事な時代になりつつある。その代表選手は、やっぱりネイルアートだと思う。

昔は男ウケネイルがどーとかこーとか言っていたけど、サロン料金が安価になるにしたがって、デザインは凝り、爪は自己主張のキャンパスに変わり、できあがったものはいかにふとした瞬間、自分のテンションを上げてくれるかが最重要ミッションとなった。

an15 (1)

ネイルアートは禁断症状を招く。

例に漏れず、私もこのネイルアートの魔力に犯されたことがある。結構な方が体感済みかもしれないが、ネイルサロンに通っていると、最初は爪がツヤツヤになっただけで心が満たされていたハズが、回を重ねるごとにツヤツヤな爪に目が慣れてくる。

数回デザインを変えようものなら、ツヤだけじゃふとした瞬間のテンションはほとんど上がらなくなる。これがネイルアートの恐ろしいところ。ネイリストさんから、

「このデザイン、そろそろ飽きたんじゃないですか?」なんてアオリが入り、
「このブラウンなんか、秋っぽくて今人気です」なんて提案を受けると、
「わぁ〜、チョコレートみたいで美味しそう!」と、こちらも俄然その気になっちゃう。

「なんかやったことないデザインにしようかなー」と、新しさを求めれば、どんどん派手で個性的になることもしばしば。季節を漂わせたって意味ないのはわかっちゃいるけど、なによりこの自分のときめきを誰の目も気にせず発揮できる瞬間は、たまらなく楽しく幸せなのだ!

ただ怖いのは、ジェルネイルをやればやるほど自爪が薄くなり(オフするときに削れているのだ)、ハッと気づくと、ジェル無し生活が厳しくなる。まさにこれ美の禁断症状みたいじゃありませんか…