好きなこと、話そ!

西田 彩花

【冬もむだ毛はNG】#3 勝負の日のためにキレイ肌をキープ♡ 美容ライター直伝モテ美容&メイク

2016.12.9
美容ライター・西田彩花が、女子力アップで異性ウケを狙えるモテ美容&メイクをご紹介します! 面倒なむだ毛処理…。つい冬になるとサボっていませんか?しかし、勝負の日はいつ来るかわからないもの。今日に限ってむだ毛処理していない! そんなことにならないように、毎日むだ毛処理をしましょう。キレイに仕上がる方法をお伝えします!

美容ライター・西田彩花が、女子力アップで異性ウケを狙えるモテ美容&メイクをご紹介します! 面倒なむだ毛処理…。つい冬になるとサボっていませんか?しかし、勝負の日はいつ来るかわからないもの。今日に限ってむだ毛処理していない! そんなことにならないように、毎日むだ毛処理をしましょう。キレイに仕上がる方法をお伝えします!

冬はむだ毛処理サボっちゃう…。それでは女がすたります!

モテ女は年中むだ毛処理!

【美容ライター直伝モテ美容&メイク】vol. 3

露出が多い夏は毎日していたむだ毛処理。でも、この時期になるとついサボっていませんか?どうせ長袖しか着ないし…。足元はブーツで隠れるし…。そう思っているあなた、女子力低下の合図です!

冬だって、勝負の日はあります。しかもそれは、突然にやってくるもの…。むだ毛処理さえしておけば…。後悔先に立たずです。冬でもむだ毛処理は必須なのです。

しかし、間違った処理方法をしていると、肌がゴワゴワして残念な結果になってしまいがち。そこで、正しいむだ毛処理の方法をお伝えします。これで、いつ勝負の日がきても怖くないですよ♡

むだ毛処理の基本からおさらい!

入浴中はダメ!?

入浴中にむだ毛処理をする方も多いかと思いますが、実はNGなのです。入浴中だと、毛が水分や蒸気を吸っているので、確かに処理しやすくなります。しかし、お風呂場には雑菌がたくさんいて危険。そして、ふやけた肌で行うと、角質が傷ついてしまう可能性があるのです。お風呂場から出て、体を拭いた後に行うのがベストだと言えるでしょう。

また、寝不足や疲れているとき、生理前や生理中などの肌が敏感な時期は避けてくださいね。炎症を起こしやすくなってしまいます。そして、胸やビキニラインなどデリケートな部分は眉バサミでカットしましょう。剃ったり抜いたりすると危ないのです。

年中使える!正しいむだ毛処理の方法

キレイに仕上げなきゃ意味がない!

用意するのは2枚刃のカミソリとシェービングクリーム。カミソリの刃は、最低でも週に1度は取り替えましょう。切れ味が悪くなってしまうと、角質を削って肌を傷めてしまう可能性があるからです。2枚刃では心配な方は、3枚刃でもOK。シェービングクリームは、脱毛用シェービングクリームかコールドクリームを使ってください。石鹸の泡は刺激が強いので避けましょう。

処理するときのコツは、毛の流れに沿ってカミソリを動かすこと。脛だったら膝から足先へ、腕だったら内側から外側へ、といった具合です。難しい脇は、中心から外側に向かって剃っていきましょう。逆剃りは、仕上げに1、2回する程度にとどめてください。また、同じ部分を何度も剃ってしまうと炎症を起こしたりブツブツになってしまったりするので避けてくださいね。

むだ毛処理が終わったら、アフターシェービングローション、またはクリームでしっかりと保湿してみてください。普通の化粧水は刺激が強いので3避けましょう。傷やブツブツができてしまっている状態のときは、傷薬を塗ってください。

処理後は、角質が削られていて敏感になっています。紫外線が当たるとシミができやすいので、しっかりとUV対策をしましょう。

これでいつ勝負の日がきても大丈夫♡

突然の勝負の日だって安心♡

むだ毛処理をサボりがちな冬ですが、この季節だからこそ力を入れておくと周囲の女性に差をつけられます。見えないところのケアは、自信にもつながるからです。

突然のお誘いにも戸惑わないモテ女に。むだ毛処理は、冬でもしっかりと行ってくださいね。

この記事を書いた人

西田 彩花
記事数:23 Posts

美容ライターです。 なんでも試す!がモットー。 あなたのキレイの元をお届けします♡