恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

え、呪いの呪文…!? 「実は深い意味があった」彼からのLINE3選

文・塚田牧夫 — 2017.12.7
LINEはあまりに日常に溶け込んでいて、対面での会話と同じように捉えるようになっています。でも、何気な~いやり取りの中に、実は深い意味が隠されていることもある。見逃すと後悔することになるかも……? 今回は、“実は深い意味があった彼からのLINE”というテーマで、女性たちに話を聞きました。

実は“浮気”のサインだった

「あるとき、突然彼がLINEで“ごめん、言ってなかったけど借金がある”と送ってきたんです。

それで、“もしかしたら催促の電話があるかもしれないから、出ないで欲しい”と言われました。

私はもう、彼に借金があったことがショックでした。いくらなんだろう……と不安で仕方なかった。そして実際に、二回ほど知らない番号から着信がありました。

それ以来、連絡もなく、彼からもそこまでの額じゃないから大丈夫だと言われ、とりあえずは一件落着。

しかしその後、彼に二股が発覚。そこで私は理解しました。借金の電話は、二股相手からだったんだと。あのとき、あんなに彼のことを心配した自分が馬鹿らしくて、泣けてきました」マコ(仮名)/28歳

実は“結婚”のサインだった

「私は実家暮らしで、過保護に育てられていました。門限なんかもあって、かなり厳しかったんです。

そんなある日、彼からLINEが入りました。“一緒に海外旅行に行かない?”と。“どうしても一緒に行きたい場所がある”と。

私は考えた末に、“親が厳しいから無理”と素っ気なく答えてしまったんです。彼からは“そっかぁ”と返事が来ました。それがやけに寂しく感じました。

しばらくして、彼の海外転勤が決まり、同時に別れを告げられました。そのとき、かつてのLINEの意味を理解しました。私は別れを拒みましたが、彼の決意は固かった……。

旅行に誘われたとき、行けないまでも、もう少し親と掛け合ってみるとか、そんな対応ができたら状況は変わっていたかもしれません」メグミ(仮名)/30歳

実は“呪いの呪文”だった

「三年付き合った彼がいました。しょっちゅうケンカしては仲直りして、みたいな関係が続いていました。

ところが、ある日ちょっと大きなケンカをしちゃったんです。会うと揉めるので、LINEでやり取りしていたんですが、それでもなかなか収まらずでした。

すると彼から“アバダ・ケダブラ”なる言葉が送られてきたんです。私は意味が分からず、無視していました。

結局はそのケンカが原因で別れることになったのですが、そこから私の生活が芳しくなくなってきたんです。体調を崩したり、身内に不幸があったり、一年間ぐらいそんな状態が続きました。

しばらくしてまた新たな彼ができ、その彼とDVDを借りて見ていたときでした。それは某有名な魔法を題材にした映画。するとなんとそこにあの言葉が……。

“アバダ・ケダブラ”。意味は、“死の呪い”。おいおいっ! 私の不幸はあいつのせいだったのか?なんて思えてきて、ムカついてきましたよね(笑)」アオイ(仮名)/29歳

彼からの実は深い意味があったLINEをご紹介しました。

何気ないやり取りの中に、深い意味が隠されている場合があります。ちょっとでも気にかかったら、相手に確認した方がいいですよ。後々後悔しないように。


【気になる!その他の人気記事♡】
男が欲情してる時に…「女友達に送りがちな」LINE4選
【一切、体には触れず…】男が「帰り際に見せる」脈なしサイン3選
他の男に売られた…「女を食いものにする男」からの野獣LINE3つ
【もう末期だね…】別れ間際カップルの「冷めたLINE」2選

【驚愕!意外とみられてた!】知っておきたい「脱毛サロン」の選び方4つ – PR

(C) WilmaVdZ / Shutterstock
(C) Ververidis Vasilis / Shutterstock
(C) Sanchos303 / Shutterstock