【2021年後半占い】年末に大幸運期が訪れるのは? 天秤座、蠍座、射手座の運勢

2021.6.10
2021年後半、12星座別の“全体運”を占いました。ここでは、天秤座、蠍座、射手座の結果を発表! G・ダビデ研究所主宰、オフェリア・麗さんの解説をお届けします。

天秤座(9月24日~10月23日)

プライベートの時間が充実するほどに、自分へのリターンもUP。

uranai

運勢予報は曇りのち快晴。夏の初めは気持ちも状況もドンヨリ重く、不快指数の高い毎日ながら、徐々に青空が見えはじめ、やがてまぶしい光の下で人生を存分に謳歌できる…、そんな半年でしょう。要は、出だしが肝心ってこと。課題や雑務をチャッチャとこなし、棚上げした懸案も一気にコンプリートして。胸のつかえや目詰まりが解消され、心置きなく自分ワールドを追いかけられるはず。

秋の気配に包まれる頃からは、プライベートの充実がツキを高めるエッセンスに。行きたいところに行き、やりたいことをやってください。状況がそれを許さない場合は、ネットで情報を集めたり、関連本を読んだりするのでもOK。満ち足りた時間を過ごすほど脳細胞が活性化し、関心やイメージの幅も広がって、公私に良い影響が。

ただ、熱中すると寝食を忘れてのめり込みやすい点はマイナス。大事なときに体調を崩して実力を出しきれない、なんて泣くに泣けません。星のオススメは、夜が更ける前に床に就き、日の出とともに起きる朝型ライフ。心身爽快、肌のハリツヤもハネ上がり、ハッピー&ラッキーがあれこれと!

おしゃれは自己流でよし。流行遅れのデザイン、常識的にはアウトな組み合わせでも、堂々と着こなして。センスやアレンジが評判を呼び、プチブームを巻き起こせそう。奇抜なアイデア、イベント企画も、臆せずシェアして正解。

7月:グズグズモード。気の重い用件、手間のかかることから先に片づけましょう。芽の出ない習い事、惰性の付き合いなども断捨離して、心身スッキリ。神秘や科学の世界には、未知との遭遇体験が。

8月:前半は世の中のため、後半は自分のために、行動を。この切り替えで悪い流れをスッパリ断て、ワクワクやウキウキがいっぱい舞い込むはず。年長者の指摘や説教は金言。胸に刺さる日が必ずや。

9月:立ち居振る舞いが、心証を左右。特に面談、就活は、第一印象や発言内容は◎でも、そこがダメじゃ圏外へ。ビジネスマナー&公共エチケットのチェックも怠りなく。後半のケアレスミスは痛恨。

10月:ツキが本格的に再稼働。なのに、体調不良で出遅れがち。物事が佳境に入っているときこそ休憩を挟み、食事と睡眠もしっかりと。個性的な装いは、サプライズを誘引。遊び&くじ購入は北へ。

11月:運気は中だるみ。部屋の模様替え、髪型チェンジなど、身の回りを美しく整えることが、モチベUPの特効薬に。引っ越しも賛成。少し変わった間取りにいい気が宿りそう。親孝行は「エビ鯛」かも。重要決断は月末が上首尾。

12月:交流の幅が広がり、胸躍る毎日。特に年末イベントにはビッグな福が。身内とのイザコザは尾を引く気配。新春にケチをつけないためにも、キッチリ白黒つけて。

蠍座(10月24日~11月22日)

繁栄と停滞が交互に。年末の大幸運期を前に、ライフプランの計画を。

uranai

幸運を紡ぐ木星は、いま来た道をじりじりと後ずさり、やがて反転して駆け足で猛進。未来と現在を行き来する、タイムトラベラーさながらの半年間といえます。

特に夏場は、年末に訪れる大幸運のプレリリースタイム。存在や才能が高く買われる、栄えある賞にエントリーされるなど、一躍脚光を浴びそう。ただ、輝きも色よい話もいつとはなしに遠ざかり、秋が訪れる頃には、パッとしない現状にジリジリする毎日かも。キラキラだった自分を思い出すたび、惨めになるのはあなた自身。過去を懐かしむより、料理や家事を頑張って、おうちライフを楽しむほうがマシでは? 何をやっても気もそぞろだとしたら、大事なことを忘れているせい。のんびりしていないで、すぐにネジを巻いて。

舞台の幕が上がるまで約5か月。ここをどう過ごすかで、今後の展開や結果に雲泥の差が。なりたい私、理想のライフプランを具体的に思い描き、そこから逆算して課題に取り組みましょう。ダイエットや自分磨き、スキルアップ、トライアル…、何事もかけた時間に比例して効果が上がり、早く目標コンプリート! 最高の状態で、新時代のスタートを切れるはず。

ただし、成長著しい者が矢面に立たされるのは世の習い。特に7・11月は、妬みやマウントの標的にされがち。怒り任せの反撃は、敵の思うツボ。憤まんをグッとこらえ、そのエネルギーを奮起の力に変えて。乳酸菌は、ダメージやストレスに負けない耐性を強化。

7月:活躍期ながら、足を引っ張られてコケる恐れが無きにしも…。ブレず驕らず、目下の課題に全集中しましょう。副業申請、虫歯や歯周病のチェックは万一のため。

8月:運気は年功序列型。実力や熱意が上でも、割り込みは許されません。目上へのお世辞も失礼千万。自分の順番がくるまで我慢&精進を。気分転換には読書が有益。

9月:順風。面倒や番狂わせもなく、穏やかな生活が戻ります。得手に帆をかけるもよし、高速Wi‐Fi導入などネット環境の整備も、暮らしの快適度を高める良法。下旬は、ウイルスやハッカーの魔の手が。対策&ブロックはマスト。

10月:しくじりモード。うっかり落とし穴にハマったり、地雷を踏んだりして、痛い目にあいがち。一寸先は闇。イージーに動かず、安全確保に努めてください。ソルトバス&氏神詣では心身を浄化。

11月:誕生月だというのに、凹む出来事やトラブルが起きそう。それは、星の通過儀礼。苦しみや辛さを乗り越えるうち、古い殻が剥がれ、新しいあなたに生まれ変われるはず。屋外には感動が多々。

12月:幸運のバトンを手渡されるのは時間の問題。諸事万端、準備を抜かりなく。ファスティングや断捨離で身軽になっておくのも、ビッグウェーブに素早く乗る秘訣。

射手座(11月23日~12月21日)

ワクワクの詰まった数か月。情報感度を上げてスピーディに立ち回って。

uranai

出足こそ多少モタつくものの、基本的には軽やかないい運気。幸運キャッチャー・木星の働きかけにより、楽しいイベントやサプライズがたくさん用意されていそう。星のギフトを上手に受け取るコツはズバリ、「空気を読む」「ノリよく動く」の2点。あちこちにアンテナを伸ばし、流れがきたら素早く反応する――それが、ここからの半年間を喜びと収穫で埋め尽くす王道と覚えておいて。

興味や関心を覚えた物事に自ら手を伸ばし、貪欲に吸収することも、実りある行い。そのひとつひとつがあなたの血肉となるばかりか、体験プロセスにおいて様々な気づきや開運ヒントが得られ、まさに一石二鳥の好結果に。投資、マーケティング関連の知識は、生活基盤の強化&底上げにも有効。資格取得を目指して学んでは? 

年の瀬も押し詰まった12月末、幸運のありかを示す木星は天底に沈み、閉塞感が漂い始めます。いわゆる逆境、不遇期へと、流れが傾くわけ。でも、これまで楽しく有意義な時間を過ごしてきたあなたは、嘆くにあたりません。身に備わったプラスの気でマイナー運をはね飛ばせ、むしろ起死回生や限界突破の目が。そのためにも、明るくワクワクする毎日をエンジョイしてください。小旅行も推し。

人生、仕事などの大きな軌道修正は、努力の星・土星と木星が揃って順行に転じる10月がサクセスフル。思い切って大ナタを振るうことで、建設的なルートや生産性の高い方向へスイッチでき、前進にグッと弾みがつくはず。柑橘系の香り&カラーも、モチベを増幅。

7月:トラップ警報。他人事に首を突っ込み、火の粉を浴びがち。余計な情けはかけぬが花。スキャンダルは、あたらずといえども遠からず。ローン利用は後の祭り。

8月:回復傾向。ただし、今はまだ病み上がりでムリは利きません。突然の変更、リスケにも対応できるよう、時間やプランに余裕を持たせて。歯列矯正や虫歯治療は今。

9月:早くも学びの秋到来! 心に刺さった映画やドラマ、本など、手当たり次第にチェックを。新しい作品より、過去の名作に深い感銘&発見が多々。秋刀魚、栗など旬の味覚は、疲れた心身を元気に。

10月:曲がり角。偽りの夢や仮面、なあなあで続けてきた人間関係などを手放した先に、輝きの新章が。ブラックワーク、家からの卒業も英断。勇気を出せば、素敵な居場所が手に入るはず。吉方位は西。

11月:見えない力に守られ、不思議とノートラブルで過ごせそう。夢見や胸騒ぎ、虫の知らせなども、行動の指針にして正解。ターコイズは迷いを晴らし、ツキ招き。

12月:誕生月を迎えて、ツキも最高潮へ。運気の基調が変わる月末まで、遊び、サクセスの仕上げと、フルスロットルでGO! 年末ジャンボやスクラッチ購入も楽しみ。

監修・文…オフェリア・麗さん G・ダビデ研究所主宰。福岡県出身。西洋占星術をはじめ多くの占術を研究、占い界を牽引。的中率の高さで、常に注目が集まる。抜群の言葉センスにも定評あり。

※『anan』2021年6月16日号より。イラスト・シライシユウコ

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。