アンアンからニュースを配信します!

太って見える(泣) “巨乳の悩み”に専門家がアドバイス!

2018.9.15
胸に関して、4人の悩める乙女たちが徹底討論! そして、悩みへのアドバイスを専門家からいただきました。参考にしてみて。

太って見える。

悩み

A子:これって胸が大きい人あるあるだと思うんだけど、ニットとかピタッとした服を着ると、太って見えるんだよね。

C香:えーそうなんだ! 今はそんなふうには見えないけど…。

A子:胸の周りがふわっとしている服を選んで、太って見えないように工夫しているから。

D世:巨乳にも私たちにはわからない苦労がいろいろあるのね。

A子:私、受付の仕事をしていて勤務中は制服なんだけど、それがけっこう体にフィットしているうえ、上半身しか見えないから、初めて全身を見た人には、「意外と細かったんだね」って言われることが多いんだよ(泣)。

B美:確かに。手足は細いもんね。

A子:巨乳の残念なパターン。

両サイドを抑えるべし。

「バストが大きいから太って見えるのではなく、体の幅より胸が横にはみ出てると太って見えてしまうんです。大きい人は、フルカップのブラで正面に高さを出し、サイドが体の幅に収まるようにすると、見た目がすっきり」(美乳アドバイザー・谷垣綾子さん)

悩み

胸が大きい人は、フルカップで、サイドをしっかりガードするタイプのブラを選ぶこと。3/4カップなど面積の小さいブラだと、横に広がって太って見えてしまう。

運動時、揺れて痛い。

28

A子:また私のお悩み言っていいですか…?

C香:もちろん!

A子:マラソンが趣味なんだけど、胸が揺れて痛くて。

B美:それ、私もだよ。だから運動する時は、スポーツブラをするようにしているの。

A子:そうなんだ。つけると楽?

D世:私も運動の時にはスポブラ派だけど、楽っていうより、胸が動かないようにガチガチに抑えるから、けっこうキツいよね。

B美:そうそう。でも、普通のブラと違って、揺れないぶん、痛さがないのはいいと思う。

C香:揺れると胸を支えるクーパーじん帯が切れるっていうしね。

A子:気をつけないと(汗)。私もスポブラ導入してみようかな!

スポーツブラの着用がおすすめ。

「運動の時にスポーツブラをするのは、大正解です! クーパーじん帯は揺れることで切れてしまい、一度切れたり伸びたりしたら元に戻らないので、胸は揺らさないこと。しっかりサポートしてくれるものがおすすめ」

悩み

独自に開発した、5方向サポートでバストの揺れを軽減してくれる。サイズバリエーションも豊富。ワコール スポーツブラ¥5,300(ワコール TEL:0120・307・056)

乳首の色が濃い。

悩み

D世:みんな、乳首の色ってどんな感じ?

C香:私は濃い茶色。

B美:茶色かぁ。私は最近、黒ずんできた気がするの…。ピンク色の乳首に憧れるー!

A子:とくに男の人は、ピンクが好きだよね。色が濃いと、遊んでいるとか、なんとか言われたり。

C香:そんなのただのモテない男のたわ言だよね。ピンク色の乳首なんて、そんなにいないっつーの。

D世:ほんと。でも、友達は乳首の色を薄くしたいって、クリニックでピーリングをしているよ。

B美:そんなのあるんだ! ちょっと興味あるかも…。

A子:痛そうじゃない?

D世:確かに。もう少しライトな方法があれば、試してみたいかも。

顔用の美白美容液でケアをしてみて。

「乳首の色は人それぞれなので、気にしすぎることはありません。また、デリケートな場所なので、刺激的なケアはトラブルが出てしまう可能性も。色が気になるなら、マイルド処方の美白美容液を使う程度が、安心です」

悩み

乳首の茶色い色素はメラニンなので、シミと同様に捉えてOK。デリケートな部位ゆえ、美容液は顔用かつ、有効成分がマイルドなタイプのものがベター。

谷垣綾子さん バストアップ専門サロン『M.M.M銀座Premiumサロン』ゼネラルマネージャー。美容業界歴20年以上。体質や育乳環境を整え、思春期の発育状態へと導くプロフェショナル。

A子(34歳) 胸が大きいのがお悩み。巨乳なんて一般的には羨ましいような気がするけど、手足は細いのに太って見えたり、ちょっと揺れるだけでも痛かったりと、実は苦労が多いよう。

B美(31歳) 胸のサイズはCカップで不満なし。ただ、年齢を重ねるにつれて垂れてきたのが気になるそう。さらに最近は、乳首の色が黒ずんできたかも…という疑念もふつふつと。

C香(32歳) バストが小さいうえに、ブラをつけると脇に肉がはみ出てみっともない! ということで理想の胸の達成度は0%とキビシめ。小さいからか、触感がカタいのも不満要素。

D世(32歳) 貧乳で、学生時代に男子にからかわれた過去が(泣)。しかも、胸が離れているため谷間が作れず、とくに水着を着る時は悲しい気持ちに…。盛り方が知りたい! と切実。

※『anan』2018年9月19日号より。イラスト・サヲリブラウン 取材、文・保手濱奈美

(by anan編集部)


#悩み記事をさらにチェック!
#美容の記事を覗いてみる!
大人のお小遣い稼ぎ! 生活リズムを崩さずできる資産運用のススメ