【アレを下げれば快眠♡】入浴時間をチェンジ! 深い眠りを得るコツ|スッキリ寝起き対策 #4

文・小林麻利子 — 2017.5.15
ゴールデンウィークが明け、毎朝起きるのが辛い……という方は多いのではないでしょうか。あなたの寝起きの悪さ、もしかしたら、深い眠りが得られていないことが原因かもしれません。 今回の「スッキリ寝起き対策 」シリーズ(全10回予定)は第4回目! 前回までの記事もチェックいただきながら、今回もナイトケアアドバイザー・小林麻利子が爽快に目覚められるコツをご紹介します。

【小林麻利子の美人の作り方】vol. 91

体温が下がればよく眠れる

質の良い睡眠を朝まで持続させるには、「日中の体温高低差を大きくすること」と「寝る前に体温をしっかり下げること」が大切ですが、今回ご紹介するのは、後者。寝る前に、体温をしっかりと下げる方法をご紹介します。

ここでいう体温とは、内臓や脳などの体の深部の温度のこと。この深部体温を、眠りに適した温度まで下げることで、深い眠りが得られ、朝の寝起きのスッキリに繋がるのです。

お風呂に入って体温を急激に下げる

体温を急激に下げるには、手足や体表面の温度をアップさせる必要があります。寝る前の赤ちゃんのように手足がポカポカしていれば、体の内側の深部体温が外に放散されるため、温度が下がるのです。

ちなみに運動も体温があがりますが、寝る前は心を鎮める副交感神経を優位にしたいので、ハードな運動はNG。体温アップのためには、「お風呂に浸かる」が正解です。

お風呂は40度で15分。汗がじんわり出るまで

冷え性の方ほど、お風呂の温度設定を高めに設定しがちですが、42度以上の高温浴は、交感神経が高くなるため、余計に手足の冷えを引き起こしてしまいます。

目安としては40度ですが、15~20分入ったときに手の甲や額が汗でじんわりしてきたらOK。ちなみに給湯器の温度設定は正確でないことが多いので、水温計を別で用意することをおすすめします。

設定温度と時間でも汗が出にくい方は、洗髪をしてから湯舟に浸かるよう順番を変えたり、発汗作用のある入浴剤を使用するなど工夫してみてください。

就寝1時間前にお風呂から上がる

体温が下がりきったときに寝ついてしまうと、睡眠の持続時間が短くなり、中途覚醒の危険があります。「体温が下がりつつあるとき」にお休みするのが、良い眠りを持続させる秘訣。そのため、お風呂から上がる時間を調整しましょう。

目安として、夏は1-2時間前、冬は30分-1時間前に上がりましょう。今の時期は、地域にもよりますが、就寝1時間前がオススメです。

寝る前に手足が冷たい場合

寝る前、いつも手足が冷たい方は、深部体温が外に放散されず、睡眠に適しません。お風呂の温度設定や時間にミスがなければ、入浴後に靴下やレッグウォーマーを履きましょう。足首には、足を温めるツボがいくつかあるので、夏場でもレッグウォーマーはオススメです。また、靴下は寝る直前まで履いて、寝るときは脱ぐようにしましょう。

睡眠はコツ!ぜひ、みなさんも試してくださいね。

【前回までのスッキリ寝起き対策】

【衝撃! 6年後に…】寝不足がもたらすコワ~い影響5つ【動画】|スッキリ寝起き対策 #1
【夕方寝は肌ボロの元凶!?】眠くなったら覚醒できる動画を公開!|スッキリ寝起き対策 #2
【【スヌーズ機能はダメ!】眠りのプロが教える寝起き爽快のコツ【動画】|スッキリ寝起き対策 #3

お知らせ

生活習慣改善サロン『Flura』(六本木駅3分)では、女性限定でパーソナルボディトレーニングの体験レッスンを実施しています。睡眠・運動・食事・心理など様々な手段で生活習慣を整え、自律神経バランスのよい女性らしい身体を作る指導を行っています。

【体験レッスン】詳細は、こちら(http://fluraf.com/campaign
内容:課題や症状に合わせた、睡眠指導、入浴指導、運動指導、姿勢指導、歩行指導、心理指導、アロマテラピー指導等。
料金と時間:10000円/90分
ご予約:予約フォーム(http://fluraf.com/reservation


【関連リンク】

「小林麻利子の美人の作り方」まとめ


PROFILE

生活習慣改善サロンFlura主催。ナイトケアアドバイザー。睡眠改善インストレクター。最新のデータ、研究を元に、サロンに通う女性の自律神経の改善を行う。睡眠と入浴を中心とした、生活に合った無理のない実践的な指導が人気を呼び、延べ1700名の女性の悩みを解決、サロンは予約半年待ちの人気。
20代の頃に、肥満、生理不順、肌荒れ、過呼吸などに悩まされていたが、睡眠と入浴を中心に生活習慣を見直し8キロの減量に成功、体の不調も消えたことから、自律神経を整えるためのあらゆるメソッドを研究。生活習慣の悪さに悩む、数多くの現代人を救っている。
温泉入浴指導員、ヨガインストラクター、アロマテラピーインストラクター、食生活管理士、上級心理カウンセラー。講演活動やWeb連載のほか、テレビ・雑誌でも活動中。
著書『あきらめていた「体質」が極上の体に変わる』(ダイヤモンド社)、『美人をつくる熟睡スイッチ』(G.B.)

HP: http://fluraf.com/
blog: http://ameblo.jp/mariko-kobayashi/
著書『美人をつくる熟睡スイッチ』:https://goo.gl/UEZ2kx

『あきらめていた「体質」が極上の体に変わる』:https://www.amazon.co.jp/dp/4478105081


(C) DeanDrobot/Gettyimages
(C) Asia Images/Gettyimages
(C) milos-kreckovic/Gettyimages