好きなこと、話そ!

田代 わこ

大島美幸「芸人やってて一番うれしかった…」涙を浮かべて語ったこと

2019.8.13
みんな大好きなアニメ番組『ちびまる子ちゃん』の展覧会が松屋銀座のイベントスクエアではじまりました。そのプレス内覧会に、森三中の大島美幸さんが出席。昨年急逝された原作者さくらももこ先生とも親交があった大島さんが語る“ちびまる子ちゃん”の魅力とは?

『アニメ化30周年記念企画 ちびまる子ちゃん展』スタート!

【女子的アートナビ】vol. 157

この展覧会は、2020年に『ちびまる子ちゃん』がアニメ放送開始30周年を迎えることを記念して開催。

1986年に少女マンガ雑誌『りぼん』で連載がはじまり、1990年にアニメ放送がスタートした『ちびまる子ちゃん』は、子どもから大人まで楽しめる番組として今でもみんなに愛され続けています。

会場には、セル画やスケッチ画、絵コンテなどが展示され、とっても賑やか。おなじみのキャラクターたちが揃い、まる子ワールド全開の楽しい空間が広がっています!

さらに、さくら先生の直筆脚本やキャラクター設定資料、プライベート作品なども紹介。350点以上の作品を通して、ちびまる子ちゃんと原作者さくらももこ先生の魅力に迫ります。

鳥肌ものでした!

開幕前に開かれたプレス内覧会には、森三中の大島美幸さんが出席。ひと足早く会場を見た大島さんは、「本当に鳥肌ものでした!」といい、「私39歳なんですが、9歳からの記憶がぶわーっとよみがえってきて、懐かしかった」と興奮気味に話しました。

また、印象に残っている作品について、次のように述べました。

大島さん 先生のご自宅にあった品々が展示されているのですが、これは貴重で、なかなか見られないものなので、じっくり見させていただきました。先生がご自身で箱とかに描いた絵がすごくかわいくて、すぐ商品化できるようなクオリティでした。

出会いのきっかけは…

また、さくら先生とプライベートでも親しくされていた大島さんが、出会いのきっかけについて明かしました。

大島さん 番組で私が本を紹介するという企画があり、そのなかで大好きな先生のエッセイを紹介したところ、後日先生から直筆の手紙が吉本(興業)に届き、そこに「連絡ください」と書いてありました。図々しくも連絡して、仲良くさせていただけるようになりました。

大島さん こちらが先生から速達で来た手紙です。本当にびっくりしました。芸人やっていて一番うれしかったです。字も丸くて、まるちゃんみたいでかわいらしいのです。

大島さん また、ご自宅兼仕事部屋も見せていただいたのですが、仕事部屋にびっくり。二畳ぐらいのところなのです。ここで『ちびまる子ちゃん』が描かれているんだと思ったら、私には三十畳ぐらいに広がりました(笑)。そのときに、先生が描いてくださったのがこの色紙。家宝です!

すごく残念です…

昨年8月に急逝されたさくら先生はお笑いが大好きだったそうで、大島さんが出演したテレビを見ると「おもしろかったよ、笑わせてもらったよ」と先生から親戚のように言葉をかけてもらっていたとのこと。

さくら先生に伝えたいことはあるかと問われると、「本当に30周年で…」といったあと涙ぐみ、言葉を詰まらせながら次のように語りました。

大島さん 日本中、世界中からいろいろな方がこの展覧会に来て下さると思うので、それを先生に見ていただきたかったなと。すごく残念ですけど……、きっと先生は見てくれていると思います。

最後に、「この展覧会は、ちゃんと見ていただきたいですし、ずっと集中して力を抜けるところがないので(笑)、一時間じゃなくて二時間半はみて、お時間に余裕をもってきてください!」とアピールして締めました。

『ちびまる子ちゃん展』は8月26日まで。ぜひ夏休みに家族みんなで訪れてみてくださいね!

Information

会期:~8月26日(月) ※会期中無休
時間:10:00 ~ 20:00 ※12日(振・月)、18日(日)、25日(日)は19時30分閉場、最終日は17時閉場 ※入場は閉場の30分前まで
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
料金:一般 ¥1,000/高校生¥700/小・中学生¥500


※本記事の写真は、プレス内覧会で主催者の許可を得て撮影しています。

©S.P
©S.P/N.A

公式HP:http://chibimaru.tv/news/entry/2019/006208.html


エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

男が触れたくなる?「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法