好きなこと、話そ!

角 佑宇子

絶対見られてる…! アラサーは気をつけたい「老け見え」ポイント

2019.8.17
年齢よりも若々しく見えることは大歓迎だけれど、実年齢よりも老けて見えるなんて絶対に避けたいですよね。実際に、20代でも30代に見える人と30代でも20代に見える人がいますが、彼女たちはいったい何が違うのでしょうか? そこで今回は、ココがおざなりだと老けて見えると言われる「老け見えポイント」をご紹介します。

とにかく一番は「 肌 」

age1

20代だからまだ大丈夫! と思っていても油断大敵なのがやっぱり肌。とくに肌のキメの荒さやシワ感、ちょっとしたたるみが少し増えるだけで一気に老け見えしてしまうよう。

とくに意識したいパーツが「ほうれい線の濃さ」と「フェイスラインのたるみ」。肌のハリが年々変化していくことは避けられないとしても、できるだけマッサージや根本的な生活習慣を正すことを意識して肌のためになる行ないを意識しておくと良さそうです。

気づきにくい「髪の毛」

age3

次に老け見えするポイントが髪の毛。ブリーチで痛んだパサつき髪だったり、根もとが黒いプリン髪だったりはもってのほかですが、意外と気づきにくいのが髪の毛の乱れや後れ毛による老け感ではないでしょうか。

例えば、普通にひとつ結びをしているのに両サイドから短い髪の毛がピョンとハネていると生活に疲れた人というネガティブな印象を与えます。

短い毛が飛び出す切れ毛・アホ毛はホルモンバランスの変化や、頭皮の血行不良によって髪の毛が育たない環境を生み出していることが原因とも言われています。そのため、切れ毛・アホ毛に対する印象が老け見えを感じさせるのかも。定期的なトリートメントと、ヘアケア習慣も忘れずに!

基本の美しさを身につける

20代だからまだ大丈夫……そうした年齢によってボーダーラインを作っていることはありませんか? でも、美しさや若々しさは全て基本の生活から成り立っているのですよね。日頃、何を考え、何を意識し、何に取り組み、どのような努力をするかでその人の美しさは決まるのではないでしょうか。

ぜひ、まだ大丈夫と思っている方こそ、老け見えポイントを意識してご自身の振り返りをしてみてくださいね。

美容-記事をもっと読む-_バナー
男が嫌う「NG美容法」をもっとチェック_バナー

男が触れたくなる?「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法