好きなこと、話そ!

玉絵 ゆきの

お泊りデートにも使いたい…30代の「大人ニキビ肌を防ぐ」薬用メイク

2019.4.1
美容ライター玉絵ゆきのがお届けする連載第54回目は「ニキビがあるときのメイク」について。気をつけていても急に出てくるニクイやつ、ニキビ。慌てずに「薬用コスメ」の力を借りて、ニキビの日でもかわいい自分でいましょう♡

ニキビ肌には「薬用」コスメでメイクを。

【tamaebeauty】vol. 54

日頃ケアしても急にできてしまうニキビ。これ以上ひどくならないためには、いつものメイクアイテムから「薬用」メイクアイテムに切り替えるのがおすすめ。

大人になってからできるニキビは、思春期にできるものと違い、仕事や人間関係によるストレス、食生活の乱れが考えられます。一方、思春期ニキビは、成長期のため皮脂がでやすく毛穴つまりによるものと考えられています。大人ニキビは、生活習慣の乱れやストレスといった内的なものなので、気をつけていてもできてしまうもの。「仕方ない!」と割り切って、上手に付き合いましょう。

大人ニキビができたら見直したいのは、ベースメイク。肌トラブルを隠す、カバー力のある長時間崩れにくいファンデーションは、油分が多く含まれているため、毛穴に詰まりやすい。そのため、ニキビをさらに悪化させてしまう恐れがあります。

崩れにくいということは落ちにくいので、クレンジング剤を肌によくなじませるために摩擦も起こしてしまいます。いっぽう、薬用コスメは肌に低刺激で、つけ心地が軽いものが多く楽に落とせます。

バイバイ、アクネ菌。殺菌効果のあるフェイスパウダー2種

suppin
アクメディカ 薬用 フェイスパウダー(クリア) オープン価格(参考税抜価格 850円) 現在発売中

ベースメイクは、ニキビの元となりアクネ菌の餌となる皮脂を抑えて肌を清潔に保てるものがおすすめ。「アクメディカ 薬用 フェイスパウダー」は、皮脂の吸着に加えて、殺菌効果のあるサリチル酸と抗炎症効果のあるグリチルレチン酸ステアリルを配合。化粧している間でもニキビ予防も可能です。

皮脂は寝ている間にも分泌されているので、ノーカラータイプのクリアでケアすると◎。フェイスパウダーを使用することでスキンケア後のベタつきも抑えられ、サラサラな触り心地になります。ラブラブのお泊り時には、クリアタイプを使ってさらさらふわふわ肌で彼に抱きついちゃいましょう♡

ファンデーションの代わりに、紫外線カット機能付き「薬用」フェイスパウダーを。

kitinto
アクメディカ 薬用 フェイスパウダー ナチュラル SPF50+PA++++ オープン価格(参考税抜価格 ¥850) 現在発売中

ファンデーションの代わりとなる色付きタイプの「アクメディカ 薬用 フェイスパウダー ナチュラル」は、毛穴や凹凸をカバーしつつ殺菌効果、抗炎症効果、美白効果、肌のテカリを防止するアイテム。「SPF50++PA++++」という国内最高値のUVカット機能なので、外出が多い日でも安心です。

寝具もファンデパフもこまめに洗おう!

ニキビができるのを防ぐために、顔に触れるものはなるべく清潔に保ちましょう。見逃しがちなのが、枕や布団カバー。こまめに洗わないと、寝ている間ずっと汚れが肌についたままに。しかも、就寝時はメイクを落とした素肌の状態、汚れや雑菌がダイレクトに素肌につきます。

ファンデーションに使うパフや、アイシャドウチップも定期的に洗うか新しいものに変えてきれいな状態を心がけて!

Information

ナリス化粧品
https://www.narisup.com/

ライター・玉絵のツイッターとインスタグラムもチェックしてくださいね♪

ツイッター
https://twitter.com/YUKINOte_
インスタグラム
https://www.instagram.com/tamae_yukino

美容-記事をもっと読む-_バナー
男が嫌う「NG美容法」をもっとチェック_バナー

大野いとさんも走り始めています! 美しいランナーになるために心がけたいこと。


©nensuria/Gettyimages
©Jupiterimages/Gettyimages