好きなこと、話そ!

角 佑宇子

あれ、太った…?今年のダウンジャケット「着膨れするNGコーデ」

2018.12.30
今冬、アパレル業界でもっとも勢いを見せている「ダウンジャケット」。街中でも、さっそくオシャレでかわいいダウンジャケットがたくさん登場していますよね。これまでは寒さをしのぐためだけのオシャレとは程遠い存在でしたが、今季はとくにファッショナブルなダウンが目白押しです。そこで今回は、例年とは違った今年らしいダウンコーデのオシャレポイントと、着膨れ必至なNGダウンコーデをご紹介します。

注目は「ダウンジャケット」

ダウンジャケット1

デザイン性の高いダウンジャケットが今年はとくに注目アイテムとなっており、オシャレさんは積極的に取り入れているようです。ポイントとしてはダウンコートではなく、ダウンジャケットで取り入れているということ。防寒を考えるなら断然、ロングのダウンコートなのですが、やはりファッション性という観点からショート丈のダウンジャケットを取り入れている方がほとんどです。

個人的にもっとも多いと感じるシルエットは、裾広がりのAラインダウンジャケット。とくシーム(縫い目)が少ないものといった印象があります。ショート丈なので、ボリュームは思い切りあってもOK。代わりにボトムはコンパクトにまとめて着こなすのが今季らしい着こなしです。

やりがちな、ダウンのNGコーデ

ダウンジャケット2

私たちがダウンコートでやってしまいがちなのが、全身を防寒させる100%抜け感ナシのコーデ。オシャレを度外視した完全防備という点であれば、むしろOKコーデなのですが、ダウンを使ったオシャレなコーディネイトにしたいという点であれば、足もとに抜け感を足した着こなしをオススメします。

例えばロングのダウンジャケットのインナーは必ずアンクル丈のスキニーパンツにするなど。ウエストマークをさせてボトムにカラースカートを合わせた着こなしもバランスが良く見えるので完全防備にプラスアルファのオシャレを足したいときはボトムの組み合わせに工夫をすると良いでしょう。

今年らしいダウンジャケットのOKコーデ

ダウンジャケット3

より今年らしいオシャレさを取り入れたいという方は、冒頭でもお伝えしたようにショート丈のダウンジャケットをオススメします。ややオーバーサイズかつボリューミィなダウンジャケットをさっと羽織り、フロントボタンは気合いで全開しましょう。

とはいえ、ダウンそのものが暖かいので前を開けていてもそこまで厳しい寒さを感じることはないかと思います。バスト小さめさんなら、インナーはボディラインにフィットしたハイネックセーター。バスト大きめさんはシルエットを適度にカバーしてくれるざっくりハイネックニットがオススメ。

ボトムはできればスキニーパンツが良いですが、苦手な方はロングのペンシルスカートでIラインシルエットを強調すると良いでしょう。顔まわりもスッキリさせたほうがバランスが良いので、ロングヘアの方はまとめ髪で対応を。

目的に合わせてダウンコーデを楽しむ

ちょっと残念なことに、オシャレなダウンというものの、オシャレに見せるために多少の我慢は必要な着こなしになっています。防寒対策がしっかりできるとは言い難いですが、それでも今年はダウンコーデ=トレンドのオシャレという風潮があるので、ぜひこれを機にダウンジャケットコーデにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

オシャレを優先させたい時のダウンコーデ、寒さをカバーしたい時のダウンコーデ、どちらもあって良いものだと思います。TPOに合ったコーディネイトをその都度楽しんでみてはいかがでしょうか。

ファッション-記事をもっと読む-_バナー
セックス-記事も読む-_バナー

あなたは大丈夫...?男が吸い付きたくなる「モチぷる肌」♡