ストレス社会で需要急増中!? 「メンタル心理ヘルスカウンセラー」の重要性とおすすめの資格取得方法

文・塚田牧夫 PR・新生技術開発研究所 — 2021.7.28〔PR〕
もし近くに思い悩んでいる人がいたのなら、少しでも楽になって欲しいと声をかけたくなると思います。しかし、その悩みが深刻であればあるほど、相談にのるときにも専門的な知識が求められるでしょう。特にストレスを抱えやすい現代社会においては、こういった状況に出くわす機会も増えています。そんなときにきちんと相手に寄り添うことができるのが、「心理カウンセラー」です。適切な方法で相手のストレスを軽減し、メンタルをケアすることができるからです。そこで今回は、現代社会に欠かせない存在である「心理カウンセラー」について、資格の取得方法なども含め詳しくご紹介していきます。

Contents
● 需要が高まる「心理カウンセラー」
● 「メンタル心理ヘルスカウンセラー」は現代社会に必要な存在
● 在宅で取得が可能
● 女性へのサポートの厚い「SARAスクール」
● 「SARAスクール」を選ぶメリット
● 実際の評判はどう?
● 資格を仕事で活かすために

需要が高まる「心理カウンセラー」

人がストレスを感じる原因はさまざま。仕事や恋愛、人間関係や金銭問題などが主にあげられるでしょう。人によってストレスを受ける程度も変わってきます。なかには心を病んでしまい、不眠症に悩まされたり、うつ状態に陥ったりする人もいます。

そういった人たちを楽にしてあげたいと思っても、デリケートな問題なだけにどのように接すればいいのかわからないという人も少なくありません。そうなると、役に立ちたくても何もできずにもどかしさを抱えることとなるでしょう。

そこで重要な役割を担うのが、「心理カウンセラー」です。ストレスを抱え、うつ病をはじめとする精神疾患を持つ人たちに対して、適切なアドバイスをすることでメンタルケアを行うことができます。

また、現代社会においてはストレスの要因も多様化してきているため、ますます心理カウンセラーによるメンタルケアの需要が高まっていくと考えられます。

「メンタル心理ヘルスカウンセラー」は現代社会に必要な存在

心理カウンセラーになりたいと思っても、「自称・心理カウンセラー」では困りますよね。もし自分が相談をする立場なら、そんな怪しい相手に任せたくないでしょう。だからこそ、心理カウンセラーを正式に名乗るためには、資格を取得した方が良いのです。

ちなみに、心理カウンセラーにはいくつか種類があり、「メンタル心理ヘルスカウンセラー」はそのうちの1つ。心理カウンセラーの資格のなかには取得するために大学や大学院で学ぶ必要のあるものもありますが、「メンタル心理ヘルスカウンセラー」は通信講座の受講と試験のみで資格取得が可能となっています。

そのため、仕事や家事、子育てなどで忙しい方も、隙間時間を活用して勉強を進めることが可能。そういった背景もあり、心理カウンセラーの資格の中でも特に「メンタル心理ヘルスカウンセラー」への人気が高まっているんです。


メンタル心理ヘルスカウンセラーについて詳しく見る!



在宅で取得が可能

近くに悩んだり苦しんだりしている人がいるのに、手を差し伸べてあげられないのは心苦しいことです。しかし、「メンタル心理ヘルスカウンセラー」の資格があれば、専門的なアドバイスも可能になるうえに、それを仕事につなげることもできます。

「メンタル心理ヘルスカウンセラー」は、「日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)」が主催している資格であり、試験は随時おこなわれています。在宅受験となるので、会場に行く手間も省け、リラックスした状態で受けることができます。

試験内容は「心理的ストレスによる症状、心理的ストレスが招く特徴的症状、心理的ストレスの主な原因」「回復するための治療法、治療に関して知っておくこと、外部的治療法、内部的治療法」などになります。

70%以上の得点があれば合格となるので、それほど困難な道のりではないでしょう。しかし、それでも「時間がない」「試験が苦手」という人もいるはず。実はそういう方に適した、試験が免除されるのに「メンタル心理ヘルスカウンセラー」の資格を取得できる方法もあるのです!

女性へのサポートの厚い「SARAスクール」

心理カウンセラーの資格としては、大学や大学院を卒業しなくては取得できない「臨床心理士」や「公認心理士」といったものもありますが、民間の学会が認定している資格もあり、「メンタル心理ヘルスカウンセラー」はそのなかの1つになります。

このメンタル心理ヘルスカウンセラーの資格取得において、高い実績を誇るのが『SARAスクール』です。心理カウンセラーになるためのコースが設けられていて、通信教育講座を受講することで資格を取得することができます。

SARAスクールの評価が高い理由の1つに、「女性に特化している」ことが挙げられます。「女性のための通信講座」を掲げており、さまざまなコースを用意して手厚いサポートをおこなっています。


SARAスクールの詳細はコチラをチェック!



「SARAスクール」を選ぶメリット

illust_mental_top_05

心理カウンセラーになるための資格取得を目指して『SARAスクール』での通信教育講座を選んだ場合、「基本コース」と「プラチナコース」の2種類のルートがあります。「基本コース」は、講座を受講したのち、各種資格協会へ自分で試験を申し込み、試験に臨むコース。資格取得までは最短で3か月程度。初期投資が安くすむので、気軽にチャレンジしやすいコースと言えるでしょう。

一方でプラチナコースは、講座を受講し、出された課題を提出すると試験が免除となるんです! 家にいながら「メンタル心理ヘルスカウンセラー資格」の取得が可能となります。資格取得までの期間も、最短1か月と非常に短いのです。

そして、プラチナコースの何よりも大きなメリットが、「メンタル心理ヘルスカウンセラー資格」だけでなく、「メンタル心理インストラクター資格」まで取れてしまうこと。メンタル心理インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が認定する資格。心理学やカウンセリングに関する専門知識に加え、さまざまな医療知識も身に付けていると認定されます。2つの資格が在宅で同時に取得できるのは、とても魅力的ですよね。


メンタル心理インストラクター資について詳しく見る!



その他、SARAスクールでは、心理カウンセラーの講座以外にもさまざまな講座が存在します。「女性のための通信講座」を掲げているだけに、食や健康、美容やファッションなど女性人気の高い講座が多いです。

資格を取得することは、自分の自信にもつながります。それは内面的な美しさにもつながるでしょう。心理カウンセラーの資格取得を機に、いろんな資格の取得を目指していくのもありかもしれませんね。


「基本コース」と「プラチナコース」の詳細はコチラをチェック!



実際の評判はどう?

さて、SARAスクールは受講者の方々のニーズにしっかりと応えられているのでしょうか? 実際にホームページに投稿された口コミをいくつか紹介します。

「認知症の両親やメンタルを患った家族を理解するために、数々の簡単なスピリチュアルの講座を受けてみたりしていましたが、やはり、資格も得たいと思い受講しました。分かりやすいテキストで楽しく受講できました。更に別の講座も受講して、自宅でメンタルのカウンセラーとして働けるといいなと思っています」

「1歳の息子を育てながらでしたが、勉強をはじめてから2週間と少しで取れました。勉強は得意な方ではありませんでしたが、ポンポンと進められました。私自身、HSPでSNSのカウンセラーに助けられたことがあるので私も誰かの助けになれればと思い受講しました。ゆくゆくは自宅で起業したいと考えております」

「テキストを見た時、すごくわかりやすくてびっくりしました。勉強が今まで苦手だった私でも進んで勉強しようと思いました。家事や育児の合間にテキストを読んだりしました。勉強していくうちに自分の気持ちの切り替えがうまくできるようになり、家族の相談もうまく話が聞けるようになりましたよ」

「教師をしており、子どものいじめなどの問題がニュースでも取り上げられることが多く、悲しい気持ちになっていました。今回勉強したことを生かして、子どもたちの心の支えになって守っていってあげられるよう努めていきたいと思います」

その他にも、家事や育児のあいだに取り組めることを利点としてあげている受講者が多くいました。また、家族のために学んだ知識を役立てようとする人や、起業などの新たな挑戦の糧として資格を取得した人など、様々な目的を持っている人がSARAスクールで「メンタル心理ヘルスカウンセラー」の資格を取得しているようです。

資格を仕事で活かすために

illust_mental_top_02

資格を取ったからには、学んだことを活かしたいですよね。できればそれを仕事の場で活かしていきたいと考える方も多いはず。

現代では、メンタルケアを必要とする人が増え続けています。教育現場などでは、家庭や進路の問題、いじめなどに悩んでいても、相談できる家族や友だちがいないため困っている子どもも多くいます。

また、悩みも複雑化しているので、教師がすべて面倒を見るのはなかなか困難でしょう。そんなときにメンタルケアについて学んだことを活かし、悩んでいる生徒の話をじっくり聞いて適切な対応をとれれば、生徒のストレスを取り除いてあげることができるでしょう。

医療関係の仕事をしている方は、患者さんから病状やそれ以外の悩みに関する相談を受けることも多いでしょう。病状に伴い、悩みがかなり深刻化しているケースもあります。そこでメンタルケアについての知識があれば、デリケートな部分に触れつつも信頼関係を築き、心に癒しを与えることも可能でしょう。

接客業に就いている方も、大事なのはやはりお客さんとの信頼関係。学んだことを活かすことができれば短時間のコミュニケーションであったとしても、信頼のおける人物であると認識させることができ商談もはかどるでしょう。

カウンセリングのスキルが必要な場面は、仕事においても日常においてもかなり多く存在します。その状況に出くわしたとき、ふと資格取得の際に学んだことが活かされていると感じるのでしょう。


心理カウンセラーの資格を仕事に活かす方法はコチラをチェック!



ストレスを抱えやすい現代社会において、心理カウンセラーの存在は非常に重要であり、需要が高いことが分かりました。

資格を取得して仕事につなげることを目的とするのもいいですが、近くにいる悩みを抱えた人の心に寄り添うためにメンタル心理ヘルスカウンセラーの資格取得を目指すのもいいかもしれませんね。

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。