ソレ聞いてどうするの?…男性が困惑しやすい「彼女からのLINE」

文・牧ぐりこ — 2020.11.23
仕事で疲れた日も、恋人からのLINEがきっかけで気持ちが上向くものですよね。そんな楽しいカップルの連絡ですが、タイミングや内容によっては「面倒くさいな…」と思われることがあるみたい。そこで今回は、男性がつい「面倒だな」と感じてしまうLINEについて聞いてきました! すれ違いを回避する方法と合わせてお届けします。

今日はうちにいる?

LINE 面倒くさい すれ違い 彼

「彼女からの、あいまいなLINEが苦手です。例えば『今日はうちにいる?』とか。『いるよ』とだけ返事すると、冷たいって怒られるんですよね。『いるよ、来る?』と、彼女の気持ちを察して返事をするのが、少しだけストレスです。男同士なら、そういう気は遣わないので。
LINEの連絡は、やりたいことをストレートに言ってくれたほうが嬉しいですね。『うちにいる? 遊びに行っていい?』『暇なら一緒にごはん食べようよ!』など具体的だと、こちらも気持ちよく返事をできます」(32歳・エンジニア)

女性同士のやりとりでは丁寧な印象になる、あいまいな連絡。ですが、男性には「はっきりしなくて面倒くさい」と思われることがあるみたい。さらに男性は、用件を正面から受け取って返事をしがちです。お願いごとのジャブでした質問にそっけない返事が届いて、気持ちが挫けたことが誰しもあるのではないでしょうか。

そんなディスコミュニケーションを減らすためにも、お願いごとはストレートに伝えるのが吉です。また、LINEの返事が冷たいな…と悲しく感じたときは、デートで「このとき怒ってた?」と確認するのもおすすめ。たいていの場合、彼は何も思っていません! 「言葉が少ないとそっけなく感じる」「どんな聞き方をしたら答えやすい?」など、顔を見て話せるときに擦り合わせるとよいでしょう。

今日はなに食べたの?

LINE 面倒くさい すれ違い 彼

「忙しいときに中身のない連絡がくると、つい『面倒だなぁ』と思ってしまいます。『今日のランチ、なに食べたの?』なんかがその筆頭ですね。『もうお腹の中ですけど! 聞いてどうするの!?』という気分です。細かくコミュニケーションを取りたい気持ちもわかりますが、そういうのは落ち着いている夜の時間にしてほしいな…」(28歳・営業)

こればっかりは、お互いの相性の問題もありそうですが……。マルチタスクが得意と言われている女性に比べて、男性は頭の切り替えが苦手なもの。ビジネスタイムはあくまで「仕事モード」でいたいんだとか。

文字での連絡があまり得意ではない彼には、オフタイムを狙って連絡するのが良さそうです。

すぐに浮気を疑う

LINE 面倒くさい すれ違い 彼

「LINEの返事が遅いからって、すぐに浮気を疑うのだけはやめてほしいです。『本当は誰かと会ってたの?』『もしかして電話してた?』など、憶測で疑われると興ざめしてしまいます。携帯を見ずに、ゆっくり過ごす時間もほしいものです」(31歳・公務員)

連絡の頻度が落ちると、つい不安になってしまうことがありますよね。ですが、そこで正面から彼を疑ってかかるのは逆効果です。まずは「返事が返ってこないと不安になるよ」と、自分の気持ちを伝えてみましょう。そのうえで「どんなに忙しくても24時間以内に返事をする」「連絡が滞りそうなときは『〇〇日までは忙しいから、また今度ね!』とひとこと入れてもらう」などの約束してみてはどうでしょうか。

いかがでしたか。男性が「面倒だな」と感じるLINEと、そんなすれ違いを起こさないための方法をご紹介しました。付き合う前はマメに連絡をくれた男性が、実は連絡不精だった…など、LINEのコミュニケーションは付き合い始めてからが難しいもの。

おはようからおやすみまで連絡を取りたいタイプと、LINEはあくまで事務連絡に使うタイプがカップルになると、特にすれ違いやすいですよね。お互いの気持ちを伝えあって、折り合いをつけてみてください!


©damircudic/Gettyimages
©kupicoo/Gettyimages
©gpointstudio/Gettyimages