コレは遊び確定…! 男性が「遊びの女に言いがちな」3つのセリフ

文・並木まき — 2020.8.14
「本命」と「遊び相手」を区別する男性は、言葉を巧みに使い分けるタイプも多いようです。そこで今回は、複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男性たちの“遊びの女に言いがちなセリフ”を3つご紹介します。

1:「ごめん寝てた」

本命が別にいたり、本命は存在しなくても遊び相手が複数人いる男性ほどよく使うセリフが「ごめん寝てた」です。連絡がつかない理由として「寝てた」は、自分が音信不通だったことを正当化できる便利なセリフ。

実際に、ひとりで寝ているのではなく誰か別の女性と“寝てた”というオチもありがちで、嘘ではないものの女性からすると許せない事実が隠されているパターンが多いです。

年に数回言われるだけなら信じてもよさそうですが、月に何回も「ごめん寝てた」が出てくる場合には、警戒したほうがいいでしょう。

2:「“遊んでそう”ってよく言われる」

自ら「俺、“遊んでそう”ってよく言われるんだよね」と言う男性ほど、本当に遊び人のパターンも多いです。
見た目がチャラい、雰囲気がチャラいなど「遊んでいそう」と言われやすい男性には共通点がありますが、そんなオーラが出ているのは、やっぱり日頃の生活で「遊んでいるから」でしょう。

自らこんなセリフを口にする真意には、過去に浮気バレや二股バレをして痛い目を見たことを隠したい心理や、外見や雰囲気のせいで遊び相手から「他に女がいるのでは?」と疑われるのを避けたいといった心理が働いています。

一方で本命女性には態度で誠意を示そうとする男性が多く、普段からこのセリフを口にしており疑わしい行動がある場合は、「君は遊び相手だから」という意味で使っているのでしょう。

3:「忙しいから、デートは俺から誘うね」

「忙しいから、デートは俺から誘うよ」という、女性からの誘いを避けるようなセリフは、男性が遊び相手に使う常套句のひとつ。本命が別にいる男性ほど、遊び相手とは自分都合でデートをしたいので、そのために“忙しいから”を先に言っておくパターンが多くみられます。

好きな男性から「忙しい」と言われれば、仕事などの真っ当な理由で忙しいのだろうと思いがちですが、この言葉の真意は「本命とのデートにも忙しいから」という真意が隠されていることも多く、鵜呑みにすると危険!

そして本当にこの言葉のとおり、女性から誘っても「その日はダメなんだよねー」が多い場合は、かなりの確率で本命が別にいるでしょう。

遊び相手と修羅場を迎えることを、極力避けたがる男性も少なくありません。

そのため、トラブルを回避しやすいセリフを口にして、その場しのぎに相手の女性を安心させようとする心理が働きがち。こんなセリフを使う男性には、くれぐれもご注意を!

©fizkes/gettyimages
©Peter Cade/gettyimages