いきなり服の中に…!? 男性が「本命に絶対しない」タッチ4つ

文・塚田牧夫 — 2021.5.10
相手との距離を縮めたり、愛を伝えたりするのに有効なのが“ボディタッチ”です。ただ、男性のボディタッチの中には注意すべきものもあります。そこで今回は、男性たちの体験談をもとに“本命女性には絶対しないボディタッチ”をご紹介します。

心がこもっていない

「昔、よく遊んでいた女性の家に行ったときです。その子はかなり甘えてくるタイプで、すぐにベタベタくっついて面倒臭いなと思いながらも、テレビを見ながら彼女に手を添えていました。

しかし、ふと横を見たら、僕が触っていたのは肌触りのいいクッションでした……。そんなことにも気付かないような適当なボディタッチをしていたようです」エイジ(仮名)/30歳

とりあえず触っておけばいいだろうという、心のこもっていないタッチをする男性も……。何を触っているのかさえ認識していない場合もあるようです。

スリルばかり求める

「遊びで付き合っていた女性の家に行ったときのこと。そこは彼女の実家だったんですが、親は終日不在ということでした。

いつもと違った雰囲気でちょっと興奮してしまい、リビングでイチャイチャしちゃいました。

でも、本命の女性が相手ならとてもできませんね。彼女の親に見つかって関係を台無しにしたくないので……」ヨシ(仮名)/31歳

実家ということで、イチャイチャひとつとってもスリルがあったのでしょう。ただ、彼女の親との関係を考えると、本命の女性相手にできる行動ではなさそうですね。

いきなり服に手を入れて

Couple arguing on sofa

「昔の僕は、とにかく酷かったですね。彼女のカラダに触りたくなったら、すぐ服のなかに手を突っ込んでいました。自分の欲だけを考えていたタッチでした。反省しています」トオル(仮名)/33歳

愛も優しさもないボディタッチです。相手を大事にしているのなら、自分の欲求だけを満たそうとするタッチはしないでしょう。くれぐれもお気を付けて!

“男性が本命女子には絶対しないボディタッチ”をご紹介しました。

本命であれば、たとえ彼に強く求められたとしても、そこに優しさや気遣いが感じられるはず。ボディタッチの仕方から、相手の気持ちをしっかり読み取ることも必要ですね。

©courtneyk/gettyimages
©Image Source/Zero Creatives/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。