恋愛世代のリアルを発信。

アリスがゆく!最旬スポット!? 鳥取でアクティビティづくしの旅。

2015.12.7 — Page 1/3
旅連載「アリスがゆく!」第6回目の目的地は、注目を集めている鳥取県。前編では鳥取県でいまやっておくべき、見ておくべきレジャーをご紹介します。鳥取砂丘でアリス、万事休す!?

【アリスがゆく!】Vol.12 文・斉藤アリス 

こんにちは! 旅が大好きなモデルの斉藤アリスです。「アリスがゆく!」第6回目の目的地は「鳥取県」。

「スタバはないけどスナバはある」などのおもしろ発言を連発する平井知事がいま何かと話題の鳥取県。いまでは念願のスタバもできて、あらゆる方面で観光に力を注いできた鳥取県は、かつての人気観光地ランキング47位から38位にまで急上昇! いま一番、お・も・て・な・しな県なんです。その人気の秘密を、私、斉藤アリスがリサーチしてきました。

前編では、鳥取県でいまやっておくべき、見ておくべきレジャーをご紹介します。

犯人はこの中にいる!?

羽田空港から飛行機で1時間20分。あっという間に鳥取空港へ到着。

ようこそ、鳥取県へ。
ようこそ、鳥取県へ。

空港に着いてさっそく目に入るのは、アニメのイラストやオブジェの数々。

実は今年の3月、同空港は知事のアイディアで『鳥取空港』から大胆にも『鳥取砂丘コナン空港』に改名しちゃいました。それもそのはず、鳥取県は漫画『名探偵コナン』の作者である青山剛昌氏の出身地なんです。それに合わせて空港の内装もコナン仕様にチェンジ。現在、空港内がコナンファンにはたまらない空間になっているんです。

さらに到着ゲートを出ると……?

左から、斉藤アリス、尾谷萌さん(No.063)、御堂もにかさん(No.151)、五位渕のぞみさん(No.158)。
左から、斉藤アリス、尾谷萌さん(No.063)、御堂もにかさん(No.151)、五位渕のぞみさん(No.158)。

ジャ、ジャーン! 機長のコナンとキャビンアテンダントの蘭ちゃんがお出迎え♡ 扉の向こうには雄大な鳥取砂丘が広がっています。

「アリスがゆく!」に仲間ができた。

あれれ? いつもと何かが違う?

みなさん、お気づきでしょうか? いつもは一人でせっせと巡っている「アリスがゆく!」に今回はなんと仲間が一緒なんです。アンアン総研メンバーから、旅好きの3人が参加してくれることとなりました。今回は私がカメラマンを務めながら3人をナビゲートしちゃいます。

さてさて、コナン好きの尾谷さんを先頭にして私たちは空港内を探検してみることに……。すると?

床に描かれた絵が立体的に見える!?
床に描かれた絵が立体的に見える!?

なんと2階の国際線出発ゲート付近にコナンのモザイクアートを発見! しかもかなりのスケール。床一面に描かれているのは、鳥取砂丘でラクダに乗ったコナンと蘭ちゃん。まるで自分たちもコナンの世界に飛び込んだようなクオリティーの高さに到着していきなりテンションUP!

幸先の良いスタートにご機嫌な4人が向かったのは?

スリル満点、砂のスポーツ!

鳥取といえば、やっぱりこれ。年間130万人以上の人が訪れるという鳥取が誇る観光スポット『鳥取砂丘』。

いまも少しずつ広がっている鳥取砂丘。
いまも少しずつ広がっている鳥取砂丘。

東西16km、南北2.4kmに渡り雄大な起伏が続く日本最大級の海岸砂丘です。何万年にもわたり海と風がつくりあげた巨大な砂の丘は、国の天然記念物に指定されています。

途中で発見した砂のオブジェの前で景気づけに記念撮影!
途中で発見した砂のオブジェの前で景気づけに記念撮影!

行動派のアンアン総研メンバー、もちろんただ砂丘を見るだけでは満足しません。その広大な砂丘を生かしたサンドアクティビティがあると聞いて、さっそく挑戦してみることに。砂丘の入り口の『鳥取砂丘らくだや』で板とヘルメットをレンタルした私たちは、気合い十分で砂丘へと向かいました。(※インストラクターの指定した場所にて行って下さい。)

メンバーのボード経験値は?

まずはイメージトレーニング。
まずはイメージトレーニング。

なんと尾谷さん以外の全員がボード経験ゼロ。初めてのライドに、立つのもやっとの3人。見かねた尾谷さん、まずは3人に滑りのコツを教えることに。スポーツ万能の尾谷さんはスノーボード歴23年というキャリアの持ち主。

尾谷さん「ポイントは重心を下げて内股にすること。身体は進行方向と垂直にし後ろの腕でバランスをとってみて」

写真では分かりづらいですが、実際に砂丘に立つとその斜面の急降下っぷりは半端ない! 斜面を見慣れていない3人はなかなかスタートを切ることができず……。

へっぴり腰の3人をよそに滑走スタート。
へっぴり腰の3人をよそに滑走スタート。

そんななか先陣を切ったのは、やはり尾谷さん。最初は恐る恐るの滑り出しでも、コツを掴むと一気に急降下。

海岸まで一直線。
海岸まで一直線。

一瞬で小さくなっていった尾谷さん。乾いたサラサラの砂の滑りの良さは抜群!

尾谷さん 「気持ちいいー!! 目の前に海が広がっていて、どこまでも滑って行きたくなる爽快感! ウェアに着替えたりせず、そのまま滑れるのも楽ちん!」

その後、メンバーもおのおの滑走に挑戦。ビビリながらも小さな斜面でサンドボードを体験しました。