恋愛世代のリアルを発信。

【要注意!】浮気目的で近づく不誠実男の口説きパターン

文・椎名恵麻 — 2016.7.21 — Page 1/2
いよいよ夏本番!アバンチュール狙いに男たちが目を光らせ始めています。彼女持ちでさえも、浮足立っている世の中に合わせて、つい浮気という悪ノリをしてしまうのです。彼らの罠にハマらないために、不誠実男の口説きセリフを集めました! 今年は本気の恋をゲット!

【アンアン総研リサーチ】vol. 152

アタシって浮気相手だったの?

心がイタい……。
心がイタい……。

浮気相手になった経験はありますか? 自分が本命だと思っていたのに、結局浮気相手で終わってしまった女性は数知れず……。また男性の誘いに乗って関係を持ったものの、一晩限りでその後まったく音沙汰ナシ!ということもあるでしょう。そこで、甘い言葉に騙されて、イタイ思いをしないように、不誠実オトコがどのような言葉で女性を口説いているのかを知っておきましょう。

まずは、自分が浮気相手になったことがあるかを、20~30代の女子が集まるanan総研メンバー200人に質問!

Q. 浮気相手(または不倫相手)になったことはありますか?

anan総研調べ
anan総研調べ

浮気相手になった経験がある女性は、48%という結果に! そこで、どのような言葉で誘われたのか、騙されたのかを聞いてみました。すると、大きく2パターンにわかれるようです。

浮気目当てで近づく男の王道セリフ

信じた私がバカなわけ?
信じた私がバカなわけ?

その1:彼女とはうまくいっていないと口説く

「『彼女と別れる』とか『上手くいってない』とか色々言われた」(21歳・学生)
「『はじめて心から好きになれる相手が見つかった』『ずっと別れ話をしていたから』『別れるのは君のせいじゃないよ』等、ありがちな甘い言葉に引っかかりました。(笑)」(30歳・営業職)

彼女や妻の存在は明かしつつも、別れる予定、またはすでに別れ話をしているなどと言ってくる王道のパターン。その言葉に「もうすぐ一緒になれる」なんて期待を抱くものの、それが叶うことは少ないはず。待てど暮らせど、別れたという報告は聞けないでしょう。また以下のように、同情を引きつつ口説くケースも見られました。

「本気で好きだと言われた。でも、彼女にも情があるしまだ好きだから別れるべきか悩んでいると」(30歳・その他)
「家庭が上手くいってなくて、逃げ場がもう無い、とても辛い、と言われ同情してしまった…」(28歳・事務職)

彼女や奥さんとは別れられないとアピールするも「僕だってつらいんだ」「君といたいけどどうしようもできない」などと、かわいそうな自分を演出して同情を引く男性たちがいます。このようなセリフを言われると、彼を支えてあげたい!なんて思ってしまう女性もいるでしょう。また「子どもに悲しい思いをさせたくないから、冷めているけど離婚できない」なんて言われれば、「別れてほしい」とは言いにくいものです。しかしそんな彼に同情して体を許しても、ただの都合のいい女になるだけなので、要注意です!