恋愛世代のリアルを発信。

【男ってマジ○○! 】必読! 修羅場経験者が力説する5つの恋愛教訓!

2015.12.2 — Page 1/2
「凄惨な戦いの場」を意味する修羅場。恋愛においてのそれはずばり、浮気や二股、不倫など “裏切り行為” の決定的証拠を見つけて (その逆も! )、バトルを繰り広げる! こと。20~30代女子はどんな修羅場を潜り抜けてきたのか、総研メンバー200人にアンケートを実施。5つの実例と教訓をご紹介します!

【アンアン総研リサーチ】vol.88 文・伊藤順子

彼氏の裏切り現場を目撃! そのときあなたは?

あたしの目を見て話しなさいよ!
あたしの目を見て話しなさいよ!

「凄惨な戦いの場」を意味する、修羅場。

恋愛においてのそれはずばり、浮気や二股、不倫など “裏切り行為” の決定的証拠を見つけて (その逆も! )、バトルを繰り広げる! ことでしょう。

20~30代女子はどんな修羅場を潜り抜けてきたのか、総研メンバー200人にアンケートを実施しました。5つの実例とともに、そこで得た教訓をご紹介します! 

 

Q.修羅場を経験したことがありますか?

anan総研調べ
anan総研調べ

結果は、約4割が経験あり。その多くは彼の浮気現場を見た、自分の現場を見られたというパターン。場所は自宅が多数を占めています。浮気相手にホテル代など余計な出費はしたくないのかもしれないけれど、本命の彼女、彼氏が突然やってくる可能性は言わずもがな。“自宅で浮気”イコールバレる運命にあるのかも!?

それでは、リアルな経験談にまいりましょう!

彼の家で、見知らぬ女性がお風呂に入っていた!

「なんか怪しい!と感じて彼氏の家にいったら、女性がお風呂に入っていて、私は腰をぬかして本当に立てなくなった。 “なんなの! ” っていうのが精一杯で、その後は近くの公園に連れて行かれて話し合い。いま思うと、女性も交えて話し、証拠写真や慰謝料請求をすればよかった」(35歳・マーケティング)

教訓:オンナの勘は当たる! 怪しいと思ったら即行動!

これぞ、シックスセンス。彼のいつもと違う表情、話し方、空気感など、オンナは些細なことでも敏感に感じ取られるものです。とはいえ、目の当たりにすると人はショックで動けなくなるのですね。二度と経験したくないだろうけれど、今後、万が一の場合は冷静な対応が必要ですね。

もうひとりの彼女と意気投合、結論は「チャラ男だね! 」

「一晩限りと思った彼と付き合うことになった途端、見知らぬ女性からメールが来た。彼の携帯を盗み見て私を見つけたみたい。メールの内容から、どうやら彼は二股をしていたようなので、彼なしでその子と会って飲むことに。“ただのチャラ男だね” という話で盛り上がり、彼とはメールも無視、縁を切りました」(29歳・その他)

教訓:オトコは追うと調子に乗る、追われるオンナにならないと!

モテ男と勘違いした彼が天罰くらったパターン。そんな男性に執着せず、サッと切り捨てる潔さが素敵です。単純で単細胞、良くも悪くもそれがオトコですよね。

彼の乾燥機から、パフスリーブのTシャツを発見!

「彼の家に先に帰り、洗濯物でも畳んであげようと乾燥機から出すと、パフスリーブのTシャツが出てきた。彼の帰宅後、問いただすと自分のだと言い張り、携帯を取り上げようとしたら、携帯が折れた。信頼関係がなくなりました」(34歳・主婦)

教訓:オンナものの服を俺のものと言い張る時点で、ハイ終了!

パフスリーブを自分のだと言い切るオトコ、必死さが漂います。「いま着て外歩いて来い! 」なんて意地悪を言いたくなりますね。恋愛も友情も相手を信じられなくなったら成立しません。そこまで人を傷つけてしまったことを彼は反省してほしいものです。

次は、浮気を許した側と浮気をした側の、2つのストーリー。どんな結末が待ち受けているのでしょうか。