恋愛世代のリアルを発信。

【ヘアアレンジ基本テク】ちゃんとできてる? “くるりんぱ” の正しい手順

文・角侑子 — 2017.8.17
簡単にできるヘアアレンジですら不器用でうまくできない…そんな方のためにヘアメイクアップアーティスト 高松由佳さんが教えてくれる「ヘアアレンジの基本テクニック」をご紹介!今回は、人気のくるりんぱの作り方ついてご紹介します。

改めておさらいしよう! くるりんぱの正しい作り方

0071.

手軽で簡単な人気のくるりんぱ。だけどそのいっぽうで、すぐ崩れてしまったり、雑誌の仕上がりのようにかわいいニュアンスが作れないという悩みも…。今一歩、かわいいアレンジになりきれないのは正しいくるりんぱを知らないからかもしれません。そこで今回もヘアメイクアップアーティストの高松由佳さんに、正しいくるりんぱの作り方を教えてもらいました。

くるりんぱのハウツーテクニック

0068

1: ひとつに結んだ髪の真ん中を二つに割って、輪を作る。

0069.

2:髪の毛束を上から下へと輪っかへ通すように入れる。この時、結び目の根もとを利き手の人差し指で支えながら下から上へ押し込むように入れると毛束がキレイに入ります。


0070.

3:上から下へ入れた髪の毛束を左右に持ってぎゅっと引っ張ると結び目が引き締まり、キレイなくるりんぱに。

0071.

4:最後にねじり部分の髪を指でつまんで立体感をだし、スプレーをかけて完成!


根もとから押し込むように入れてキレイな仕上がりに

0042.

髪の毛束を2つに割る時は、4本指で支えるように髪を持つこと。そして、利き手の人差し指を使い結び目を下から押し上げ入れ込むこと。持ち手の使い方が正しいとよりキレイに仕上がります。

また、下から上へくるりんぱをすることを「ぎゃくりんぱ」と言います。ぎゃくりんぱは、ボリュームが生まれやすくなるので、華やかさを出したい時などにおすすめです。ぜひ、こちらも試してみて下さい。

写真右・ヘアメイクアップアーティスト 高松由佳さん。
ヘアメイクアップアーティスト山本浩未に3年間師事した後、独立。anan本誌を初めとする数々の美容・ファッション誌にて活躍中。

モデル
anan総研 No.332 楠原 菜月さん。


【女子力アップの簡単ヘアアレンジ♪】

【ヘアアレンジ基本テク】実は手間いらず! ロープ編みの作り方
【ヘアアレンジ基本テク】誰でも簡単! 絶対くずれないヘアピンのとめ方
【基礎ヘアアレンジ】基本的な「編み込み」をマスターしたい! #36
【基本の巻き方講座】こなれヘアを作る「波ウェーブ」をマスターしたい! #35


【経済的でしかも美肌に】「脱毛の悩み」を美容家と街頭インタビュー! – Sponsored